ポケモン☆サンデー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ひよこ陛下
秀逸になる気が無い記事
この記事は秀逸な記事になる気がありません。書いた本人がそう思っています。外見も中身も悲惨なこの記事に救いの手を差し伸べて下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ポケモン☆サンデー」の項目を執筆しています。
ポケモンサンデー株式会社
Pokemon Sandey CO.,LTD
種類 株式会社

略称 = ポケサン

本社所在地 東京都某所

設立 = 2005年4月

業種 探偵調査、機械製造
事業内容 探偵調査、くだらない機械の製造など
外部リンク [[1]]

ポケモン☆サンデーとはテレビ東京が作ったポケモンを前面に打ち立てた由緒ある調査会社である。通称はポケサンで、会社名も「ポケサンカンパニー」と名乗っている。


会社沿革[編集]

  • 2004年秋 資本金数千万円にてポケモンサンデー株式会社を設立。当時の通称は「ポケモンリサーチ」。
  • 2005年春 ポケパークに支所を設立。プレハブ小屋一つの質素なものだったが名古屋駅から徒歩数分とアクセスは良かった。
  • 2005年秋 ポケパーク支所閉鎖。
  • 2006年  通称をポケサンカンパニーへ変更。これにより、秘書をクビにし、情報部と開発部、調査部を設立。
  • 2007年  ニューヨーク支部設立。イベント事業部、スポーツ振興部を設立する。
  • 2010年秋  ポケモンエンタープライズに会社名を変更。
  • 2013年秋  テレビ放送局「ポケモンゲット☆TV」を設立。それに伴い、情報部長である中川翔子以外の役員がクビとなった。

社訓[編集]

  • 子供達のために全力を尽くす
  • 所長の言う事は絶対
  • 所長のいう事は変態(過去の秋山のボケ)
  • サービスカーはトヨタ車に限る。

探偵事業[編集]

主に調査部と呼ばれる自称スーパーエージェントことロバートが行う。一時期はCM番組において視聴者から質問を得ていたが今はゴルゴの思い付きである。業績はとても悪く、赤字事業のひとつでもあるが同社の看板事業として今でもやっている。

主な事業は以下の通りである。

ロバートが小学生相手に負けるところを見せ、ロバートしっかりしろよと言う、とてもロバートが可愛そうな事業である。ちなみに勝った小学生のガキ共には賞状が渡される。

  • ポケモンバトル

ポケットモンスターダイヤモンド・パールを使い、やってきたガキ共とポケモンバトル。最近はWiiのポケモンバトルレボーリューションを使って大迫力の画面で行っている。ちなみにポケサンメンバーが負けるとポケモンがチャレンジャーの下へと渡る。

これにより伝説となったポケモンもいるので紹介する。

気合の鉢巻を標準装備。これにより窮地からの軌跡のバトルを繰り広げるが先日何もかもが微妙なチャレンジャーによって微妙な勝負の末、そのチャレンジャーに貰われた微妙なポケモンである。

ポケモンセンターで複製品の配信も行っていた。また、Lv65以上のオクタンを見せるとなんかもらえるキャンペーンもやっていたが上にあるとおり、微妙だった。

このバトルが始まってから最初の方に盗られたポケモン。映画で馬場がドダイトスを演じる事となった要因。一度取り返しバトルを行い勝ってドダイトスが戻ってくると思われたが馬場が諦め(というか見捨て)て、今に至る。

扱いはオクタンよりも悪かった

機械製造事業[編集]

開発部と呼ばれるアホ博士が作るヘンテコ機械がほとんど。外注して作ったポケモンカー(ベース車はトヨタ・ラクテイスポルテだけが成功とされている。しかしこのポケモンカーも「日産・マーチの方が良いんじゃね?」と言われているが何故マーチにしなかったかというとそれはポケサンカンパニーの社訓に「サービスカーはトヨタ車に限る」と書かれているからである。

なお、このポケモンカーはサービスカーとして採用。このほかにもトヨタ・ヴィッツを使ったピカチュウカーも企画されていたがネッツ店と大喧嘩し取り止めになった。

役員[編集]

主にこの人物がやっているが真相は不明である。社員の多くはクビまたは逃亡など過酷な職場である。

事実上の社長である。

コイツが代表のおかげでろくなものが出来ない。

他にも調査部はいると思われるがこの3人が主な社員。役立たずだがまあまあがんばっている。山本は影が薄いがこの中では一番カッコイイ。

偉大なる情報部長。腕力もありポケモンの知識もあり、ロバートよりも役に立つ。スーパーロボット大戦では宣伝部長も勤めた仕事人。かなりやかましい。

過去の社員[編集]

  • ベッキー(~2006年9月)
    →秘書。痴漢でっち上げ疑惑が浮上しクビになった。
  • 横峯良郎(2006年10月~2007年3月25日)
    →横峯部長(スポーツ事業部) スポーツ事業部の営業不振によりクビになった。

不定期[編集]

ポケモン[編集]

全員着ぐるみ。中の人が大変だ。全員ユーモア欠落症患者である。

  • ソーナンス(~2006年9月)
    →ニューヨーク支部長だが実際は左遷である。しかし以外にも稼ぎはよくニューヨークでバカンスしているそうだ。ユーモア欠落症患者である。

波動が使えない役立たず。スケッチブックでお話をするので話が面白くなく、ユーモア欠落症患者になってしまった。

  • ゴンベ(2006年10月~2007年10月14日)
    →(元・情報部)
    ※28代続く家業のふとん屋を継ぐためと言われたが実際はしょこたんにアーン♥♥したため、クビ。
  • ヒコザル(2007年10月14日~)
    →情報部。しょこたんのパシリである。しょこたんとは異なり、料理も出来る。やはり、ユーモア欠落症患者になってしまっている。

サトシのヒコザルとは全く面識が無い。というかあっちもユーモア欠落症患者なのであったらさらに酷くなるだろう。

番組としてのポケサン[編集]

ポケサンはそもそもただのCMである。しかしCMのスポンサーというのがあり、そのスポンサーもまたCMを流し、一応「お笑い番組」としている。

番組は2部構成であり、ポケモンアニメの再放送(予算の削減)とポケサンの会社案内(事業報告)である。アニメには何も加工がされておらず、おまけにジム戦とコンテストはぶっ飛ばすので視聴者から不評がられている(トウカジム戦は見たかった)。また、「今週の注目ポケモン」はハッキリ言ってどーでもいいポケモンだったりするので注意。どうでもいい場合の注目ポケモンは黄色い金喰いねずみである。

会社案内(事業報告)は主に調査部のものであるがまれにイベント事業部(ほとんどポケモンカード)も行う。内容は実にくだらないものであるがココに出てくる社員は当然分かっているので適当にやっていると思われる。また、ゲスト出演者も出てくるがこれも適当に呼んでいるだけである。

ちなみに放送時間帯が日曜朝7:30なのだが、テレビ朝日のスーパーヒーロータイム(あれあれ)と重なっているためにガキと一部のお兄さんたちはどっちを見ようかとか、どっちも見たいとかで悩んでいる。

ポケモンだいすきクラブとの癒着[編集]

ポケサンは株式会社ポケモンの子会社であるポケモンだいすきクラブと提携を取り、さまざまな株主優待とともに業務提携をとっている。これを円滑に進めるのがポケモンだいすきクラブの宇都宮(自称)の仕事である。また。ポケサンにはここからポケモン好きと称するリッチーとアカネがやってくるがこいつらはポケモンというよりはサモンナイトのキャラクターである。

関連項目[編集]


この項目「ポケモン☆サンデー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)