ポカリスエット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ポカリスエット」の項目を執筆しています。

ポカリスエット(POCARI SWEAT)とはとっても美味しい飲み物である。このポカリスエットの美味しさはあの調度良いくらいの酸味と甘味が混ざっているからである。みんなからはポカリと呼ばれている。余談だが英語でSWEAT=汗という意味があり英語圏では気持ち悪いと言われ苦戦中とのこと。

概要[編集]

大塚製薬の説明によると、ポカリスエットのポカリに特別な意味はないとされているが、真意については公表を憚られているだけであり、本当は頭をポカリと叩くという意味で名付けられた。誰の頭を叩くかというと「日本コカ・コーラ社」である。

日本コカ・コーラ社は、二番煎じの商品をつくるのが得意で、たとえば大塚製薬が開発宣伝に多大な費用を投じたオロナミンCに対して「リアルゴールド」という二番煎じ商品を売り出している。国内における自動販売機設置数でトップに立つ日本コカ・コーラ社は労せずして売上がトップになるために、大塚製薬に限らず日本コカ・コーラ社を憎々しく思っているメーカーは多い。(お茶にお金を払うという風習がなかった日本において、タブーを破って最初に缶入りのお茶を売り出したのは伊東園であるが、売れると見るや日本コカ・コーラ社も追随し、一気に売り上げトップとなる)

そこで大塚製薬はコカコーラの頭を叩いてやろうという意味で「ポカリ」と命名したのである。しかしながら、ポカリスエットも二番煎じ商品としてアクエリアスが日本コカ・コーラ社から発売されたとは笑える話である。コカコーラはロスチャイルド系の企業であるが、ロスチャイルド系の企業はいずれも日本に巣食う吸血鬼のような企業ばかりである。

ポカリスエットは、古代ローマ時代に、人々を熱狂させたデスマッチの主役たる剣闘士たちが、恐怖を払い、精神を高揚させるために、自分たちのにコカの葉の粉末を混ぜて飲んだことに始まる、その飲み物を彼らの間で通称として「」という意味の「スエット」と呼んでいたことから、現在の商品名もこれにちなんでいる。

名前からの想像通り、原材料は汗である。思春期の頃の特有の汗と12種類のスパイスを調合し、甘みの後に塩気とわずかな辛みが来るように工夫されている、なお、発売当初はコカの葉を入れて興奮作用があるようになっていたが、ある病院で点滴のかわりに使用したところ患者の心拍数が異常に上昇し、その後心臓がストライキを起こして患者が死亡する事故が発生したために、コカの葉は原材料名の欄から消え、現在のポカリスエットの成分はますます人間のに近づいた、また、成分だけでなく臭いまで汗に近づいたのではないかとの噂もあるが、比較用サンプルがコカ・コーラボトリング株式会社にも無いため、個人宅の押し入れの奥からサンプルが発見されぬ限り検証不可能である。

アクエリアスは永遠のライバルであり、昔は激しいリピーター獲得の戦いを続けていた。現在は表面上和解していると思われていたが、ポカリ側が、アクエリアスは単に1の粉2の粉を混ぜてでといただけの飲み物だというデマをネット上に流していることが判明、裏では現在もなお激しい攻防が続いているようだ。

CM出演者[編集]

最近のポカリスエットでは女性では綾瀬はるか、男性ではSMAPの香取慎吾が有名である。

しかし、同時に「呪いのCM」と呼ばれ、出演して近いうちに出演者の身内に不幸が起こると噂されている。

それゆえに最近はあまり著名な人物は出演を断ることが多いため、駆け出しのアイドルなどをCMに起用している。

関連商品[編集]

宣伝文句[編集]

ポカリスエットはイオンの速さで体に何かが起きるらしい。以下はその宣伝文句である

  • 「イオンがあるからアクションできる。Actionポカリスエット」(ラジオ)
  • 「あえて厳しい道を行け、Actionポカリスエット」(ラジオ)
  • 「リボディ、イオンの速さで生まれ変わる。ポカリスエット」(ラジオ)
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]