ポイズンクッキング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ポイズンクッキングとは、毒蠍ビアンキが開祖の料理に刺激を求め、があるからこそ作れる、絶品料理の事である。

概要[編集]

「愛を持って全てを制す」…これがポイズンクッキングの心得であり、愛がない事にポイズンクッキングは始まらないのである。

開祖ビアンキは、この自身が作った料理を、敵対者に食べさせる事で、ラブ&ピース、平和を訴えており、彼女の料理を口にした者は、その愛情の深さに泣き倒れるという。

調理の特徴[編集]

ポイズンクッキングには、何も特別な材料は必要としない。愛情を持って、愛と心の赴くままに、食材を調理するだけである。食べる人の事を思い、調味料にこだわりを持つのもポイズンクッキング会得者の特徴だが、その場合は亜種とされる。

現代の女子たちは、モテたい、見栄を張りたいという願望で料理をするので、その内ポイズンクッキングが作れなくなってしまう。なので、現在ポイズンクッキングを作れるものは二次元にしかいないとされる。

完成品の特徴[編集]

ポイズンクッキングで作られた料理は、その有り余る愛情により、通常の食品を超越した物質となっている。この料理を食べた者は、一瞬で倒れるが、それは調理者の深い愛情と、作品の味わいに酔いしれているからである。

前述の調味料にこだわって作った料理は、調味料に頼る分通常のポイズンクッキングとは違い普通の食品と同等の外見だが、味に差異はなく一口食べただけで、その者の満腹感を満たし、食べた者はお腹が満たされたことにより睡魔に襲われ、ゆっくりと眠りに付く。その満腹感から、仙豆もポイズンクッキングだとする説もあるが、あれは加工品かどうか不明なので何とも言えない。 →

ポイズンクッキング会得者一覧[編集]

開祖[編集]

  • ビアンキ

弟子[編集]

派生一門[編集]

関連項目[編集]


甘くてクリーミィ 私のおじいさんがくれた初めての「ポイズンクッキング」。それはヴェルタース オリジナルで、私は4歳でした。その記事は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいポイズンクッキングをもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんポイズンクッキング。なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。 (Portal:スタブ)