ポア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはもっと改善が必要です。 こちらのページと以下のコメントを参考に何とかしてください。
期限までに改善できないと削除されます。これを勝手に外すとブロックされる可能性があります。
貼付人:誰か 2018年7月12日 (木) 21:32 (JST)から7日以内に内容をより良くしてください。
誰かこの記事に救いの手を! 要約:全体的にユーモアや風刺が欠けている。推敲しよう。
  • 退屈なネタを使っている限り、いくら加筆しても面白い記事にはならない。
  • 「マングースは紀元前1378年にオプラにより発明された」 のような支離滅裂な記述は一掃しよう
  • 秀逸な記事の単純な二番煎じや、仲間内でしか通用しない内輪ネタは歓迎されていない。
  • 何を書けばよいのか分からない時は、馬鹿にならずにバカバカしくやる方法を読んでみよう。
Bouncywikilogo small.gif
アンサイクロペディアンたちが不甲斐ないばかりに、ユーモア不足のはずのウィキペディアの専門家気取りたちに「ポア」の項目を先に執筆されてしまいました!

ポアとは、ぽっくり麻原(ポックリ アサハアラ)の略である。つまりは、麻原が死刑によってぽっくり死んじゃった、ということである。

ポアの歴史[編集]

革命に失敗し、ポアの判決を受け、満面の笑みを浮かべ麻原彰晃。

ポアが初めて登場したのは、チベット周辺である。麻原が訪れた際、「ポアとはなんと素晴らしく、響きよく、美しい言葉なのだろう!!!」と感激し、オウム真理教に取り入れられた。

オウム真理教に取り入れらたのは、1990年代前半である。主にオウムの法則に基づいて、サリンをまき散らす時に使用する言葉である。また、サリンを撒き散らす以外に、オウム真理教が起こす殺害事件という意味でも用いられた。しかし、麻原逮捕後、死刑が確定した際から、ぽっくり麻原の意味になった。

ちなみに、麻原がぽっくり逝ったのは2018年7月である。死刑執行により、ぽっくり麻原の意味で使えなくなったので、今後どのように使用されるかは不明である。

ポアが用いられた放電[編集]

1989/2
信者殺害事件
1989/11/4
坂本弁護士一家殺害事件
1994/1
元信者殺害事件
1994/5/9
滝本弁護士殺害未遂事件
1994/6/27
松本サリン事件
1994/7/10
元信者殺害事件
1994/12/2
駐車場経営者殺人事件(VX)
1994/12/12
サラリーマン殺害事件(VX)
1995/1/4
被害者の会会長殺害事件(VX)
1995/2/28
公証役場事務長監禁殺害事件
1995/3/28
地下鉄サリン事件

ページ 「ポア」について[編集]

この、「ポア」は、すでに3回ポアされている。このページが「NRV」とかいう指名手配札を貼り付けられ、ポアされるのも時間の問題だろう。

関連項目[編集]