ボールペン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ボールペン(Bowl Ben)とは、

  1. 小学校などで使用されるボールを使用した筆記具。オフィスや学校、さまざまなところで使用されている。無重力空間で使用する場合、非常に使いにくいことから多数のジョークや格言などが生まれた。
  2. 15世紀末頃、従三位朱雀宮敏麻呂によって考案され、皇室の食事中に用いられた礼儀作法。

概要[編集]

古来よりさまざまな筆記具が考案されてきたが、どれも実用的で面白くないものばかりだった。それを面白くないと感じていたアメリカかどこかの発明家が手元にあったバスケットボールを筆記具に使うことを思いついた。そして開発されたものはバスケットボールの中にインクを詰め、針で穴を開けて転がして使うというものであった。発売すると一部の変わり者がこぞって買ったために三日ですべて売り切れたという逸話もあるそうである。現在では広く一般に普及しており、コンビニ書店でも売られていることもある。

ボールペンジョーク[編集]

ボールペンジョークとは以下のようなものである。

「1960年代、アメリカとソ連は宇宙に有人飛行船を打ち上げた。搭乗者たちは飛行船内でメモを取るときにボールペンを使用しようとした。しかし、無重力空間であるため、ボールに針であけた穴からしみだしてきたインクが四方八方に飛び散りメモを取れなかった。アメリカの搭乗者たちはこれをすぐにNASAに報告した。NASAは当時の金額で数十億ドル程度の費用をかけて無重力空間でもインクが飛び散らないペンを開発した。ソ連の搭乗者たちはボールペンを使う代わりに鉛筆を使った。」

礼儀作法の概要[編集]

古来の「頂きます」「ご馳走様でした」といった礼に始まり礼に終わる日本伝統の儀礼を捨て、新たな風雲を皇室に巻き起こしたことで広く知られている。京都市三条荒川通りに存在する小武酉家が、現在までその正確な作法を伝承し続ける名家として有名である。代表的な特徴として、食事全体を取り仕切る、目我羅歯阿(メガラバ)と呼ばれる役割が存在する事が上げられる。主な役割は、冷凍みかんで気に食わないアイツを撲殺すること、ライスシャワーの単勝馬券500万円分を父親の会社の運営資金で購入すること、食後に胃袋を破裂させて自爆すること、の3つである。

この役割はボールペンの中でも特に難しいものとされ、現代までこの作法を正しく伝える家系は数少ない。ボールペン式の食事において中核を成す役割であり、目我羅歯阿無くしてはボールペンは成立しないといっても過言ではない。他方、食事にかける時間が従来のそれと比べて格段に短くなっている事が挙げられる。朝食は平均3秒、昼食は平均2秒、夕食は平均4秒であったと言われており、そのあまりの短さ故にダイナマイトを器官に詰まらせ爆死する者が多数出たと伝えられている。これらの行程を平均4秒程の時間で行っていた。ボールペンの大まかな流れは以下のようになっている。

  1. 刺ックスセンス:隣人の顔にフォークを突き刺す。「頂きます」にあたる。
  2. 池谷:テーブルの上でムーンサルトを披露する。同席するメンバーによって「大トロ」「中トロ」「うつぼ」の評価が与えられる。
  3. デストロイ:隣人の耳にしらたきを詰める。「ご馳走様」にあたる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボールペン」の項目を執筆しています。
この項目「ボールペン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)