ボーナス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ボーナス(棒茄子)とは、毎年夏と冬に企業などが労働者に渡す特殊な茄子である。

この茄子は正社員など正規雇用されたものにしか渡されない。日本語だと賞与ともいう。

概要[編集]

まずこの茄子は形状が特殊である。色は茄子そのものであるが、名称にある通り形は棒状である。状の茄子。略してボーナスなのである。これは、日々ちゃんと仕事をやっている労働者を労う目的で特別に作られたものである。働かざる者食うべからずである。

茄子は「一富士、二鷹、三茄子」とうたわれるほどの縁起物である。この内、富士山は贈り物に適さないため、茄子が選ばれることとなった。しかも、贈られるのは棒状の茄子なのだから、珍しいものである。さぞかし素晴らしい縁を呼んでくれるはずだ。

ボーナスが渡される季節は夏と冬である。これは、美味しい初物の茄子と秋茄子がとれる季節と重なる。縁起がよく、しかも美味しい茄子なのだから、労働者のねぎらいには十分であるといえる。

労働者に渡される場合には日々の給与の1~2ヶ月分の長さの棒状の茄子が渡される。

ボーナスの確保は会社の業績や経済環境の状態に左右されるため、景気が良い時はそれはそれは大層長いボーナスを貰える。しかし、景気が悪いと薄く切った茄子の漬物のような厚さであったり、最悪の場合貰えない事もある。そんなことになってしまったら、せっかくボーナス一括払いにしたのに支払いもできなくなってしまうのである。ああ恐ろしい。

使用方法[編集]

ボーナスはとても美味しい茄子であるため、食用に適している。ボーナスだけで数ヶ月の食事に困ることはない。また、食べることで運がアップする効果も期待できるとされている。

また、茄子が苦手なので食べたくないという者は、ボーナスを縁起物として活用することができる。

ボーナスは持っているだけで縁を呼び寄せてくれる。あなたの欲しい欲しくないに関わらず、様々な品物を買う機会が「ボーナス商戦」としてやってくる。立派なボーナスを貰えた際には、などのセールスマンが来ることもある。また、ボーナスを銀行に預けておくと、縁起物効果でお金を呼び寄せてくれる。

ボーナスはそこら辺の茄子とは違い、高価なものである。ボーナスを支給される立場にいるということは、社会的な地位が固まっていることの証明にも繋がる。そのため、ボーナスと交換する約束をすることで、お金を払わずに物を手に入れることができる。これは現代に残る物々交換の一つといえる。

どこでどのように栽培されているのか?[編集]

ボーナスは特殊な茄子であるが故、栽培されている場所も少し変わっている。栽培場所としては主に企業や公官庁の中で栽培されている。基本的には光合成が行える環境であれば特に問題はない

この茄子は、大変に周囲の環境に敏感で、会社の経営状態が悪かったり、景気が悪いと、いくら化学肥料を使ったとしても全く成長しないし、味もおいしくないものしか収穫できない。

しかし、経営状態や経済情勢が良好であると、何もせずともどんどん成長し、味もよいものが収穫できる。こういう状態の時は、企業の判断により有機栽培を行ったり、水さえ与えなくても成長する場合もある。

具体例[編集]

ではここで、ある企業の正社員Aさんを例にとって実際どのように支給されるのかを見てみよう。

  • Aさんのスペック
    • 月給39万円
    • この企業の1回あたりの支給量
      2か月分
    • ボーナス支給月
      6月、12月

このAさん場合1回のボーナスで78cmが支給される。

つまり1年間に合計156cmものボーナスが支給されるのである。

計算式は(月給)×(1回あたりの支給量)[cm]なので、皆さんもぜひ計算をして頂きたいものである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボーナス」の項目を執筆しています。