ボランティア活動

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ボランティア活動とは、開催者から不当な扱いを受けて働く事である。

語源[編集]

フランスの哲学者「ボラン・ティウス」が、全人類の睡眠時間が不足していることから「全人類で何もかも忘れて寝よう」という活動である。 ボランティアは「ボラン・ティウス」からきている。[要出典]

また、ボランティアは和訳すると、奉仕となる。これは「目上の者に対して、務める」という意味があり、ボランティア主催者がよく掲げる「地域に貢献するための活動」とは反するものである。[要出典]

活動内容[編集]

ボランティア活動は、活動者が危険に曝されていようと、数時間の作業が要される大変過酷な活動である。例として以下のようなものが挙げられる。

参加対象[編集]

開催者は基本的に年配やよくわからん団体のトップである。彼らは体力が乏しいことや権力を振るって参加者を募る。以下は主な参加対象。

小学生
町内会や親が参加してるというしがらみなどから半強制的にさせられる。立派な児童労働である。
母親
熱心なママ友の毒牙に掛かってしまった哀れな被害者。だからと言って、そのママ友を責めてはいけない。その人も被害者なのだから。
父親
父親だからといって町内会の圧力が避けられるわけではない。若手や年配の力は乏しいと言葉巧みに誘導させられ、良心に付け込まれる。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「ボランティア活動」は何故か「ボランティア」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


この項目「ボランティア活動」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)