ボツワナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ボツワナ(没罠)とは、ボツにされそうな罠が一杯仕掛けられているアフリカ南部の国である。

砂漠とは思えぬ青の国旗

イメージ[編集]

ボツワナという国は南アフリカ共和国の北に位置する国である。西でナミビア、東でジンバブエ、北でザンビアと接している。一見すると、カラハリ砂漠が国土の大半を占める何もない貧困国に見える。

だが、これはワナだ。この国はダイヤモンドで大儲けするアフリカの中での先進国なのだ。カラハリ砂漠も大半は純粋な砂漠ではなく、サバンナといえるほど緑があるのだ。ただし、国旗のごとく青い水が沸いているわけではないが。

「ボツワナ=最貧国」イメージの罠にかかる者は金融業界に多く存在する。「日本国債がボツワナ以下のボツ債権になってしまった!」と嘆くのだ。しかし、ボツワナは最貧国でなく、先進国ともいえるほどの経済水準にある国である。この格付けに恥辱を感じた政治家集団は、ボツワナの国力を知らぬまま、アフリカへの無知をさらけ出し、罠に嵌まり込んだのだった。

歴史[編集]

ボツワナ領内にはツォディロ・ヒルズという場所に原始人が描いた岩絵がある。ユネスコはこの岩絵をボツとせず、世界遺産に登録している。ただ、無文字社会に記される歴史は少ないので、近代までの歴史はボツとする。

その後白人農民が南アフリカにやってきたが、ボツワナは没な土地とみなされ、なかなか入植が進まず、現地人の天下が続いた。19世紀までにバクワケツェバクウェナバタワナバングワトゥの五大首長国が誕生した。その中でキリスト教徒に取り入り、英国のビクトリア女王に気に入られつつ植民地の王となったのは最後のバングワトゥ国である。宣教師リヴィングストンの義父がアフリカの言語で初めての聖書を訳した。今日のボツワナ人はこれを「ロバート・モファットと生者の石」として大いに誇っているが、真意は良く分からない。ボツワナ人が最もボツな存在だったから、宣教師に憐れまれただけなのかもしれない。

やがて、時代はアフリカ黒人独立の時代となった。欧州の白人たちはジンバブエの前身たるローデシアでは勝手に共和国まで建国して無駄ベに抵抗していた訳だが、このペチュワナランドについては、「このペチュの地はどうデシア?」「こんな土地わな」とロクな経済価値を認めていなかったので、英人女性と結婚して王子の座を失っていたセレッツェ・カーマらは分離独立戦争することなく、1966年割と穏健に独立させてもらえた。南アフリカのアパルトヘイト体制もナミビアで並々ならぬ事態を巻き起こしていたわけだが、ボツワナを占領する気はそれほどなかったらしく、軍隊をボツにするばかりだった。

独立後にダイヤモンドジュワネングオラパの地で採掘された。政府は早速デビアス社と協調して経済開発に乗り出した。ローデシアの白人たちは、「こんなのすぐボツになるわ」と嘲っていたが、鉱山がその後も発見され、やがて国は大いに富んだ。やがてローデシアで敗北した白人たちは新たな首都で歯をポロンと落として、「闘争するならこちらでやるべきだった」と悔しがった。

ボツワナでは、他のアフリカ諸国でつきものの内乱は一切発生していない。しかし、歴史を知らない一部の西洋人たちは「どうせボツワナでも内乱が起きたんだろ」等と言ってシエラレオネと同一視し、自慢のダイヤに対して呪わしき「血のダイヤモンド[1]」というクレームをつけ、ボツにするよう訴えてくる。ボツワナ政府は反論するが、こればかりは他国が仕掛けた罠に巻き込まれてしまったようだ。

名物[編集]

スイカ
スイカはカラハリ砂漠が原産である。緑のダイヤモンドという愛称もある。しかし、そこから緑色の大きな丸いモノを想像すると、小さな野生スイカの実の前で甘くない罠に嵌まり込むことになる。また、小さいから楽々と引き抜けると思って油断すると、なかなか抜けずにまた罠にはまってしまう。実が小さいため、ボツワナでは、大きなスイカを目隠しで割ろうとして罠にはまる遊びはボツとされている。
ベッシー・ヘッド
南アフリカ共和国出身の女性作家。母親が「お前、よくも黒人と結婚しやがったな!」とベシーと頭を叩かれる中で生まれた。そして、教師兼ジャーナリストになったが、アパルトヘイト強化で亡命した。反アパルトヘイト活動家がボツにしていた女性問題を広く取り上げた作品を発表し、一定の知名度を確立した。自国発の文学が国際舞台からボツにされてばかりだったボツワナ政府はやむなく、ベッシー・ヘッドの頭脳を借りることになり、古都セロウェ王宮で各種の記録を残してもらった。
モパネムシ
モパネの葉を食べて成長する芋虫である。専門店ができるほどの人気食品である。決して何かの罠にはまった者が罰ゲームで食べるのではない。ただし、素手で採ろうとすると、体表の棘に刺されてしまう。しかし、素手でないと採りにくいので、罠と知りつつ採る者が多い。輸出商品でもある。
コンビ
乗り合いバスである。2台でコンビを組んでいる訳ではない。
ゼブラーズ
国章シマウマを冠するサッカー代表チーム。サッカーが国技である。ただ、国際舞台では予選段階でボツにされてばかりいる。シマウマだけに、白黒はっきりしないプレイスタイルが問題視されているようだ。

民族[編集]

ここまで読むと、ボツ・ワナと区切るのが正しいように思えてくるがこれはワナだ。正しい切れ目はボ・ツワナツワナ人の国)である。ツワナ語が英語と共に公用語に指定されている。

他にはカランガ人等がいる。ここから先はとりあえずボツにしておこう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボツワナ」の項目を執筆しています。


太陽は沈まない。
アンティグア・バーブーダ | イギリス | インド | ウガンダ | オーストラリア | ガイアナ | ガーナ | カナダ | カメルーン | ガンビア | キプロス | キリバス | グレナダ | ケニア | サモア | ザンビア | シエラレオネ | ジャマイカ | シンガポール | スリランカ | スワジランド | セーシェル | セントクリストファー・ネイビス | セントビンセント・グレナディーン | セントルシア | ソロモン諸島 | タンザニア | ツバル | ドミニカ国 | トリニダード・トバゴ | トンガ | ナイジェリア | ナウル | ナミビア | ニュージーランド | パキスタン | バヌアツ | バハマ | パプアニューギニア | バルバドス | バングラデシュ | フィジー | ブルネイ | ベリーズ | ボツワナ | マラウイ | マルタ | マレーシア | 南アフリカ共和国 | モザンビーク | モーリシャス | モルディブ | レソト