ボッシュート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ボッシュート.jpg

ボッシュート(botshoot)とは草野仁の得意技のひとつ。一般的に没シュートとも呼ばれる。

概要[編集]

格闘家としても知られる草野氏が生み出したプロレス技であり、その腕力によりリングの床を落とし、相手を奈落の底に消し去る技である。同氏は非常にこの技を好み、毎週土曜日に定期的に繰り出しているという。草野氏が修行中伊賀で戦った忍者が使った畳返しや、忍者屋敷の落とし穴、干ししいたけ等からヒントを得て編み出したとされる説、黒柳徹子氏が受け継ぐ超古代武術の型からヒントを得たとする説などが混在するが、真相は不明である。

基本フォームは、直立状態から右半身を若干前に出し、右肘を直角に曲げ、二の腕は地面と水平にする。拳はリンゴを握りつぶす程度に軽く握る。その状態から「ボッシュート」と言いながら腕でチョップする。このときの衝撃波により、対象物が立っている床を抜くのである。 ちなみに、6体程度の的であったら同時に落とすことが出来る。

関係者の間では、相手の命を「没収」することと、「シュート」をもじったものではないかという噂が流れたが、デマである。正しくはヒトシ・ボッシュート・クサノ(H・B・K)という、自らのリングネームから取ったものである。

非常に強力な技のため、鍛え抜かれた肉体を持つものしか使うことの出来ない技である。また、高度で特殊な技術を要するため、現在では唯一草野氏しか使えないという。 近年後継者育成を考え始めた同氏は、女子アナの高い身体能力・世渡り能力に着目し、技の伝承を始めているが、いまだ使いこなせた者はいない。

類似の技として、児玉清氏のアタックチャンス柳生博氏のハンターチャンスが有名だが、残念ながら互いに闘った事は無かった。

関連[編集]


Syazai kaikenp.jpg この項目「ボッシュート」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)