ボクシング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情2頭の牛が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボクシング」の項目を執筆しています。

ボクシングとは、古来の泣き男に由来する儀式である。ついでに云えば格闘技でもある。

概要[編集]

泣き男の風習[編集]

Realknockout2.gif

ボクシングの語源は一説によると、すなわちを意味する。

古代、葬儀の際棺の前で大声をあげて泣くことで悪魔を追い払うことができると信じられた。そのため、葬儀のたびに大勢の泣き男達が雇われたという。やがて、二人で殴りあった方が、より多く泣け、そのためにより良い葬儀になると信じられた。このときに、泣き男たちが殴りあうようになってしまった。後に、この儀式による死者が多発するようになると、これは危険な風習だとして時の政府により禁止令が出た。そして、摘発された泣き男は一生発電所電気石を殴りつづけることになったという。こうして泣き男の風習は公式には終わりを告げた。

現在の形になるまで[編集]

このとき、石で骨を割らないために使われたのがグローブである。やがて、時の政府による禁止令は過酷になり、男は人前で泣くだけで逮捕されるようになった。しかし、殴られることが快感になってしまったかつての泣き男達は、葬儀のときではなく、死者の魂の宿るとされる聖なる円の中で、公然と殴りあうようになった。この頃、発電所から逃げ出したかつての仲間のつけていたグローブが彼らの象徴となった。 やがて、発電所のシステム更新とともに、政府も彼らの存在を無視できなくなり、円を四角にするという条件で彼らの出張を認めるようになった。彼らの儀式の場をリング」というのは、その名残である。なお、レスリングの試合場が円形なのは、ボクシングが四角になったときに、それに反発した一派が「殴り合わない格闘技」を創設したからである。 以上、強力な仮説の一種である。 歴史上ボクシングが登場するのは古代ギリシアなど凄い昔なので多分、石器時代から人間は素手で絡まりながら殴り合っていたのであろう。 古代ギリシア時代、既に手に革製のグローブを装着する形式のボクシング競技が誕生していた。ただし現在のものはと大きく安全性では劣っており、ボクサーは目や鼻が欠けるなど独特の風貌をしており、ギリシア文化を継承した(と勝手に自負していた)古代ローマ帝国では、エンジョイ&エキサイティング精神に拍車が掛かってしまい、本来安全性を考慮したものであったグローブに杭や刃物を仕込むという残虐非道のものになっていき遂には「獣対人間」「武器遣いVSボクサー」というリアル虎の穴状態となった。

ローマ帝国崩壊後の暗黒時代。中世ヨーロッパでは結婚式にはお互い来場者、参加者が殴りあうという儀式がしばしば行われた。これは写真などの映像媒体がない時代に思い出を記憶に留めようと「痛みを以て記録とする」風習であった。(いや本当) このように殴りあうという風習そのものが消滅したワケでは当然なく、レスリングなどと共に人間の闘争本能を擽る「ハハハ・・・こやつめ」な状態で残ったのである。 近代ボクシングへ続く。

最近はアホヤンキー達がかっこいいから、というしょーもない理由ボクシングを始めるが、長くは続かない。

有名な選手[編集]

有名選手として幻のバナナや、13回防衛の驚異的記録を残すパンチパーマの野郎であるちょっちゅねーや蛙飛びアッパーマン、渡嘉敷君がいる。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「ボクシング」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)