ホームシック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホームシック」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ノスタルジア」の項目も執筆されていますが、内容はほとんどホームシックについてです。どうやらこの記事そのものがホームシックを患っているようです
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

ホームシック (英:homesickness) とは、「に帰りたい」「故郷に帰りたい」といった強迫観念にとらわれる精神疾患の一種である。

自宅や故郷に帰らない限り、これらの強迫観念が取り除かれることは稀である。医学的な名称は「帰巣中毒 (Homing Dependence)」。

懐郷病またはノスタルジアと表記されることもある。

概要[編集]

ホームシックは出張・転勤・引越や旅行といった、主に空間的な移動を行ったのち一定期間で発症するとされる。

他の精神疾患・精神障害精神病と同じく、(2018年現在)根本的な原因は不明である。移動元の場所に帰れば症状は快方に向かうが、などによる治療法はいまだ発見されていない。

また軽度のホームシックは倦怠感やうつ症状を併発する。重度のものになると、衝動的な帰宅・帰郷行為がみられるようになり、それらが行えない状況下において自殺を行ったケースも存在する[要出典]

動物などにおいても同様の症状が報告されており、帰巣本能と呼ばれている。また、ヒトにも性質としての帰巣本能が存在するかについては研究者によって意見が異なるようである。

歴史[編集]

ホームシックは定住文化移動文化が共に定着している文化圏において流行すると考えられている。

1人が発症すると周りの人間も発症していく傾向があることから、かつて西洋医学においてはウイルス性の感染症として扱われていたが、現在の学説においては否定されている。

日本において初めてホームシックの存在が認知されたのは、参勤交代によって人々が長旅を行うようになった江戸時代頃であると考えられている。参勤交代において藩主はに乗って移動していたが、これは外の景色などを見せないことによってホームシックの罹患を防ぐ目的があったと考えられている。

また現代においてはラジオテレビの存在によって、外出先においても自宅の雰囲気を感じ取ることが可能になったが、放送局の違いによってホームシックを発症してしまう場合や、自分の置かれている状況と放送内容などの乖離によってもホームシックを発症してしまう恐れがあり、一概に効果的であるとはいえないのが現状である。

病理・薬理[編集]

ホームシックの具体的な原因は不明であるが、おそらく化学物質などの物理的な原因を伴わずに、何らかの精神的な要因によって副交感神経が刺激され、ホームシックを引き起こしているという説が一般的である。

また2018年現在、薬などによる治療法も確立されていない。重篤な場合は臨床実験としてカウンセリングや投薬などが行われる場合もあるが、いずれも効能が認められていない。

なお厚生労働省は、一時的に効果が現れる可能性があるものとして、故郷の特産品・地酒おふくろの味といった飲食物、流行歌・家族の声・FMラジオといった音楽、風景、匂いなどを治療法としてあげている。

かつ、治療に関する指標として、その人によって効果が高い治療法が異なるため、いくつかの方法を試して、効果が高かったものをできる限り常備することが奨励されている。

帰宅行為[編集]

なお、ほとんどの場合、帰宅を行うことによりホームシックの症状は急速に改善される。そのため、上記の方法は長期間、帰宅が行えない状況下における代替的な方法であることに留意する必要があり、可及的速やかに帰宅を行うことが、ホームシックに対するもっとも重要な対策である。

関連項目[編集]


やめられない、止まらない この記事「ホームシック」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)