ホーミングバット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホーミングバット」の項目を執筆しています。
ホーミングバット

ホーミングバット(自動追尾式炸裂回転打棒)とは、

ピッチャーの投げたボールならどんなクソボールでも絶対にジャストミート。打球は凄い勢いでバックスクリーンへと吸い込まれていく。 今なら一本につき、一万…ちょっと待った!今ならそこにヘルメットを二つ、グラブを二つ、更にボールを五つお付けいたしまして、 お値段変わらず19800円! 19800円と大変お買い得となっております!!   お電話は今すぐ、チョメチョメまで!! おまちし~て~いま~す~!

…ではなく、ナガモンこと長門有希が、自らが所属するスポーツ他多目的サークル・SOS団どっかの野球チームとの対戦時、あまりにも大人気ない相手チームに憤慨したあまり作ってみた所謂チートアイテムである。

概要[編集]

但しこのアイテムにはちゃんとした由来がある。その昔、長門の地元西宮に存在していたプロ野球チーム「阪急ブレーブス」の剛速球投手であった山口高志が、西宮球場の然るべき場所に封印していた魔法「マグヌス効果の増大と応用による衝突回避魔法ヤマグチ1975改(正式登録名称)」がそれ。しかし山口本人は1978年に故障して以降使うことが出来なくなった。

この魔法を最初に打撃に応用したのは南海ホークスに在籍していた柏原純一である。彼はひそかに西宮球場に通いつめ、数年をかけて解析し逆利用することに成功した。そして日本ハムファイターズに移籍後の1981年7月19日、平和台球場での対西武ライオンズ戦にて実際に使用、敬遠球をレフトスタンドに叩き込んでいる。しかし、それ以降の柏原による使用は確認されていない。

しかし近年、柏原以前にホーミングバットの使用が疑われる選手が浮上した。西鉄ライオンズの「怪童」中西太である。彼のWikipediaにある「打撃にまつわる伝説」には、

  • 「(取れるライナーかと思って)ジャンプした。そうしたらグングン伸びて、バックスクリーンのはるか上を越えていった」(1953年8月29日、対大映戦(平和台野球場)のホームランについて、林義一投手の証言)
  • 「投手の肩口を抜けたライナーが伸びに伸びて平和台のバックスクリーンを超えていった」(青田昇外野手の証言)

など、高精度のホーミングバットを使用したとしか考えられない証言が存在する。また、この証言に現れる平和台野球場は、奇しくも柏原がホーミングバットを使用した球場でもあることから、その件についても今後の調査が待たれる。

ともかく、長門はこの魔法を一から逆アセンブルで解析し逆利用した。柏原が練習や試合の合間に独学で酒を飲みながら行った解析よりもはるかに精度が高いために、使用者の力をほとんど必要としない(前述の中西、柏原ともに高度な打撃技術をもっていた)上、打球は全てバックスクリーンへ飛び込むという大幅な性能向上を実現している。

但し日本魔法使い協会が定めるこの魔法の正式な伝承者はあの藤川球児である。

上のジャ○ネットではないが、バイオハザードの「構え」をはるかに凌駕するホーミング性能を持ち、尚且つ打球は必ずバックスクリーンへ飛び込むというなんとも厄介な性質を持つ(阪神の三連発はこのバットにより達成された)バットである。当然ながらケンカに用いてはならない。

某野球ゲームでもミートカーソルロックオンという表記でホーミング機能を再現している。

使用者の感想[編集]

「すごい飛んでる!!」
ホーミングバット について、キョン
「なぁっはっはっはっは!www」
ホーミングバット について、鶴屋さん

関連項目[編集]

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。