ホンダ・SPADA

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「SPADA」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「SPADA」の項目を執筆しています。

ホンダ・SPADA(-すぱーだ)とは、ホンダが発売していたミニバン。 CB-1やBROSなどと並んで三大不人気車種と呼ばれる。

登場直後のスパーダ。この頃はまだ純粋なオートバイである。なお、トランスフォーム機能が追加されたのは、セナの死亡事故の後であった。

登場まで[編集]

もともとVT250Fなど、ホンダのV型エンジンを搭載する車種は、燃費と出力・快適性のバランスがよくとれており、高い実用性から大人気となっていた。

SPADAでは、さらなる経済性と快適性を求めて、車体の大型化がはかられることになった。この流れは、次世代車であるXEVIOUSではさらに拡大され、空を飛ぶ程度の能力さえ付与されることとなる。

構造[編集]

比較的小排気量のVツインエンジンにステップワゴンの巨大な車体を乗せたオートバイであり、このため軽量化が最大の課題となった。

開発段階では、鋳造アルミフレームを用いた軽量構造のフレームに車体をそのまま載せる予定であったが、これでは到底車体の重量が大きすぎて走行が困難とわかり、乾燥車重1hydeを目指した努力が続けられた。

窓はポリカーボネート製、ボディは自動二輪車として史上初の全アルミ製とされ、エンジンの性能アップもありなんとか当初予定の性能に達し商品化がなされた。

エンジン[編集]

やはり全アルミ製のスポーツクーペである、ホンダ・MSXの技術を応用し、様々なパワーアップ化がはかられた。MC15EスーパーターボR800スペシャルリビジョンと名付けられ、800ccにまでボアアップされたエンジンは、最大出力256馬力を発生する。

事故[編集]

ミニバンの巨大な車体で、二輪車が安定して走行するには無理があったか、無謀運転による街の仲間たちへの衝突・横転が特に冬季に続出し、深刻な社会問題となった。

類似車種[編集]

V型エンジンを装備した快適性重視の車両としては、ハーレー・ダヴィッドソンのソフテイルシリーズが有名であるが、テンプラナンバーまで駆使しところかまわず爆音をまきちらすカスタムが流行ったなど大人の事情から、現在はくそまじめな百科事典からは永久追放されている。