ホワイトハウス実習生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホワイトハウス実習生」の項目を執筆しています。

ホワイトハウス実習生( - じっしゅうせい)とはアメリカ合衆国大統領の公費愛人である。

概要[編集]

春夏秋と年三回の募集が行われ100人が選ばれ、この中から1人が大統領の愛人となる。

クリントン大統領を初め歴代大統領の何人かは別れ話のこじれから愛人問題が暴露して政治生命の危機に陥っている。

実際には女性のみではなく、男性の実習生も多数居るがこれは大統領たる者、男女平等論者(バイセクシャル)でなければならないというアメリカの平等主義によるモノと思われる。

ただ、メディアに取り上げられるのは圧倒的に女性が多いのは事実である。男性でも取り上げられるように大統領側が配慮すべきだとの意見が多い。解決策としては、女性大統領の就任を待つか、大統領がホモであればよい。

ホワイトハウス実習生の応募資格は18歳以上であるため、ロリコンの大統領は認められない。

歴代大統領の著名な実習生[編集]

  • モニカ・ルインスキー:ビル・クリントン大統領の愛人、じゃなかったホワイトハウス実習生。世界中のマスコミに注目されたが、その後芸能界入りなどの活動は行っていない。彼女のおかげでクリントンは弾劾裁判開始の危機にまで陥った。そのため、ギネス・ブックでは、「世界一有名な美人局」に認定している。
  • コンドリーザ・ライスジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領の愛人。ホワイトハウス実習生だと世間からバッシングを受けるという前任者の反省を踏まえ、名目上は国務長官(一説では国防長官)に就任させた。
  • 次代:ヒラリー・クリントンの就任も予想されているが、そうなった場合には初の女性大統領として男性実習生にも脚光を浴びるチャンスが生まれるものと期待されている。しかしジョン・マケインが大統領になってしまうと、彼は真面目な性格ゆえ愛人を持たないと予想されるため、伝統が途切れる危険がある。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モニカ・ルインスキー」の項目を執筆しています。