ホテル・カリフォルニア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ホテルカリフォルニア
秀逸な記事
Featured.png この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

ホテル・カリフォルニアとは、かつてアメリカ合衆国の西部、カリフォルニア州に存在したホテル。特殊な構造をしており、経営当時は繁盛していた。キャッチコピーは素敵な場所、素敵な笑顔!ようこそホテル・カリフォルニア!

概要

株式会社イーグルスが一発逆転を狙い経営したホテル。砂漠に横たわる高速道路沿いに存在し、周囲にはコリタスの花が咲き乱れ、幻想的な雰囲気に包まれていた。

ホテル内の構造

ホテル入り口から受付にたどり着くまでの距離が長く経路も複雑であるが、これは「地獄(長い道のり)を過ぎた先に天国(ホテル)がある」といった意味の演出であり、入り口で礼拝の鐘が鳴る、受付までの案内も案内人ろうそくを灯し先導する等非常に凝っていた。

どんな宿泊客の要望にも応えらるよう、非常に多くの宿泊室を備えていた。中庭には大き目のステージホールがあり、毎夜宿泊客が集まりダンスパーティが開催される。特にのダンスパーティーは参加者全員が開放的になっており、まるでマリファナでも吸ってトリップしたかのように踊り狂う。

また定期的に支配人室で食事会が開催され、料理やお酒が振舞われるほか、支配人による解体ショーが行われる。

問題

ホテルカリフォルニアは宣伝やサクラを用いて多くの宿泊客を獲得し、短期的な視点で見れば成功したと言えなくも無いが、当時経営に苦しんでいたイーグルスサービスホテルマンの育成に注力できず、結果として多くのクレームを集めてしまうこととなった。

従業員の質
従業員の応接態度や質が非常に悪かったことで知られている。あるクレームによると、
Quote1.png 私が「ワインはあるか?」と聞いたところ、「このホテルには1969年以降、スピリット(蒸留酒の一種)は置いていません」と答えた。しかし別の客にはピンクのシャンパンを提供していた。それもでキンキンに冷やしてだ! Quote2.png

とあった。ホテルの開業は1976年から(親元であるイーグルスでさえ1971年)であること、ワイン(醸造酒)とスピリットの区別が付かない、客を選り好みする等、従業員の接客に対する意識の低さがわかる。

また、支配人室で行われる解体ショーも、生きた野獣をその場で解体しようというものであった。口に運ばれる予定のものを目の前で殺すという無神経さ、しかしその上でその野獣を殺すことが出来ず結局厨房で調理したものを出すなど、企画自体に無理があった。
脱出不可能
演出により入り口から受付までの経路が複雑に入り組んでいて明かりも薄暗くなっている為、宿泊時に案内されてきただけの宿泊客は一人では帰ることが出来ない。受付でチェックアウトし清算するも、帰りの案内はされず迷ってうろうろすることになる。運よく夜警を発見しても受付にしか案内せず、やむなく受付に帰ってきたところ、受付嬢は中庭でを浴びるように飲み、かわいい男の子男の娘を侍らしており会話にならない。間を置いて受付業務が再開し、再度帰りたい旨手続きしても同じ事の繰り返しであり、日が暮れてしまうため仕方なくもう一泊することになる。
これはイーグルスホテルカリフォルニアの宿泊客に連泊させるための策略であり、社員同士の会話には「好きなときにチェックアウトさせてやるが、二度と帰らせない」といった旨の発言がよく出ていた。

上記問題等により、悪評が広まりホテルは閉鎖、イーグルス悪い意味でその名が知られるようになるも、その後の企業展開の成果も芳しくなく、次第に社会から忘れ去られるように自然消滅した。

関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ホテル・カリフォルニア」の項目を執筆しています。