ペンキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『"ペンキ"考察』
ペンキ Pentica Chinaensis
河南省の崖に自生するペンキ
分類
植物界
コケ植物門 Bryophyta
擬似苔綱 Peteniscia
シナゴケ目 Sinatensis
生息
中国中部北部、北朝鮮

ペンキ(学名:Pentica Chinaensis 中国語:篇基)とは、中華人民共和国に叢生する植物(コケ類)の名前である。

歴史[編集]

文献の中にペンキの名前が出てきたのは宋代の百科辞書の中の「有明緑苔於江 云之篇基」という記述が最初で、それによると当時は現在より生息地域が狭かったらしい。

また18世紀の「清国薬草誌」には、肺炎や胃もたれなどの薬として服用していたという記述がある。

それから数百年ほどたった20世紀後半には、アメリカの研究チームにより、ペンキの面積あたりの光合成量が他の植物に比べ異常に高いことが判明し、それからというもの中国各地の芝生や崖などに植えられることとなり、今に至る。

また、数々の文学作品にも描かれ、朝日新聞はこのペンキを「大陸的おおらかさの象徴」と賞賛した。

利用[編集]

薬用[編集]

前の項目に、昔薬用としていたと記したが、最新の研究では人間の器官に良い効能を示す成分は今のところ見つかっておらず、効能の真偽のほどは未だ定かではない。

しかし、最近の研究によると、生物の体の器官を増やす働きがあることが分かり、自然のペンキを食べたために、中国には着実に四本足の鳥や六本足の牛が増えているといわれている。

これは人口増加による食糧不足に悩む共産党政府にとって大変な朗報であった。その為、政府はこのコケの研究に莫大な資金を注ぎ込んでおり、現在では胴の長さが通常の5倍ある豚や、Pカップのホルスタインなどが生まれている。

塗料[編集]

このコケから取れる葉緑素(クロロフィル)は普通のものよりH原子が2個、S原子・N原子が1個づつ多い「アルクロロフィル」という物質が含まれているため、普通の植物よりも鮮やかな緑色となる。

そのため塗料として世界各地で使われている。身近なところでは蛍光ペンなどに使われている。

尚、塗料という意味での「ペンキ」はこのペンキ(篇基)から着ている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ペンキ」の項目を執筆しています。
この項目「ペンキ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)