ベリサイン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

ベリサイン(VeriSign)とは、ホームセキュリティで世界トップシェアを誇る会社である。最近では、法人向けサービスも展開されている。

概要[編集]

ベリサインのホームセキュリティは、秘密鍵公開鍵を利用した世界初の技術を用いている。玄関のドアの鍵を閉める際は、公開されている鍵を使い、ドアを開ける際は、その家の十人しか持っていない秘密鍵を使うというシステムである。

検証シール[編集]

ベリサインのホームセキュリティに加入すると、検証シールがもらえる。これをドアなどに貼っておくと、泥棒や日本押売組合などの無断侵入を防げることがある。ただし、この機能はどの会社の検証シールにもあるが、以下、ベリサイン独自の検証シールの機能について説明する。

検証機能[編集]

シールには、「ノックして検証」という文字列が記されており、ノックすると、さまざまな情報が得られる。

実際にその家があるかどうかの証明と、その家を誰が管理しているかの証明。
その家のカギ穴が、暗号化されているかどうかの証明。

デザイン[編集]

ワインレッドを基調とした、高級感あふれる落ち着いた配色。泥棒や強盗もこれを見ただけで気分癒され、犯行をあきらめることもしばしば。大きく書かれたチェックには、その威厳さや自身に何人も恐れ参ってしまうのである。

注意点[編集]

  • 価格
1年単位の契約だが、数万円から数十万円かかる。
  • 何かあったら
カギが壊された場合のみ10万円まで補償してくれるが、たとえ家にだれかが侵入しても、誰も来やしない。警報機もない。

ライバル企業[編集]

外部リンク[編集]


ベリサインの仕様は、まだ策定途中です。いま書き加えればディファクトが取れるかも知れません。がんばってください。 (Portal:スタブ)