ベストメンバー規定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ベストメンバー規定」の項目を執筆しています。

ベストメンバー規定 (- きてい) とは、AKB48のプロデューサーである秋元康が制定した、AKB48の公演や握手会に関する規定である。

概要[編集]

ベストメンバー規定は、おもに下のような規則からなる。

  • AKB48はチームA・K・Bからなり、それ以外のチームをAKB48とは認めない。
  • メンバーの入れ替えはやむを得ない場合を除き、毎年4月以外には行わない。
  • チームとして参加する公演などには、すべてのメンバーが参加する。
  • 研修生による公演などの場合、観客にその旨を確実に伝えたうえでチケットを購入してもらう。

このほかに、上記の項目に関連する細かい規則がいくつか存在する。


経緯[編集]

AKB48は「地域密着」「会いに行けるアイドル」などの売り文句を掲げるアイドルグループである。初めはぱっとしなかったが、メンバーの地道な活動とプロデューサーである秋元康の力によって徐々にメディアでの露出を増やし、日本の広告や芸能界にはなくてはならない存在にまで成長した。人気があるメンバーはAKB48としての活動以外に、ドラマや映画、CMなどに出演するようになった。

こうして人気が高まるにつれ、全国各地から公演や握手会を行ってほしいという依頼が殺到した。これに応えるべく、AKB48はチームA・K・Bの3チームに別れて全国を回ったが、それでも間に合わないほど依頼が舞い込んでいた。なので、どのチームも本拠地である秋葉原での公演に加えて地方公演と握手会を抱え、毎日のようにどこかで仕事をしていた。人気があるメンバーはこれにドラマやCMの仕事が加わり、そのスケジュールは殺人的なものになった。睡眠時間は移動時間のみということも珍しくなく、あるメンバーは働きすぎで数年間の記憶がないと語っている。しかし運営としては、この一番盛り上がっている時期に売り込みの勢いを落とすと失速する恐れがあったため、仕事を減らすことはできなかった。

そこで運営は、忙しいメンバーに変わり研修生(AKB48を目指している練習生)を入れて興行を行うことにした。これによりメンバーのスケジュールを合わせやすくなり、より多くの興行をこなせるようになった。さらにそれに加え、研修生の中で人気や実力のある生徒で「チーム4」「チーム8」といったグループを作り、これを「AKB48認定チーム」として活動させた。最盛期にはレギュラーに加えこれらの「認定チーム」を3チームも作り、それでようやく各地からの要望にほぼ応えることができるようになった。

ファンは「AKB48」を地元で見ることができる。チームメンバーはようやく休みが取れるようになる。研修生はプロとして働くことで貴重な経験を得ることができる。そして運営は多くの興行ができ、研修生のファンという新たなファンを作り出せる。そして二軍で金が稼げる。このシステムでいろいろな人が満足していた。

しかし、やはり本来の「AKB48」が来ていないことに変わりはなく、徐々に不満が出るようになった。特に多かったのが、詳細な情報を調べずにただ「AKB48」が来るというだけでチケットを買い、行ってみたら目的の人がいなかったといって騒ぐ人たちであった。このような人たちは、公式のホームページやブログには出演するメンバーやグループの情報が載っているというのに、それを無視してチケットを買い、文句を言うのだからどうしようもなかった。一方で、宣伝やチケットを売る際にちゃんと情報を伝えず、ただ「AKB48」が来ることを売りにする地方の興行主も問題になった。

AKB48に関する不満や批判が高まると、これを聞きつけたマスコミがこぞってこのシステムを批判的に報道した。さらに、これを地方の政治や経済の問題と絡める評論家もどきまで現れ、1アイドルグループの興行方法が社会問題にまで発展してしまう事態となった。

こうした騒動の広がりを受け、プロデューサーの秋元は会見の席を設け、AKB48の興行方法に不備があったことを認めて謝罪した。さらにその後上記のような「ベストメンバー規定」を発表し、興行の質を維持することを約束した。

影響[編集]

この規定により、AKB48の公演で研修生が出ることがなくなったため、不注意な人が出演するメンバーを調べずにチケットを買っても、チームさえ間違えなければ目当ての人がいないということはなくなった。また、地方にも人気のメンバーが来るようになったことから、人気のあるメンバーを見たいファンからはこの規定は好評である。

一方でメンバーは、また殺人的なスケジュールに戻ってしまったことにあちこちで不満を述べている。よほど不満なのか、この規定が発表されて以降、AKB48のメンバーが公の場で不適切な発言をしたり、合コンしてるのを週刊誌に撮られたり、路上で下着を丸出しにしたり、男とラブホに消えていくところを目撃されたり、夜の公園で検閲により削除したりするなど、アイドルらしからぬ行動をすることが増えている。

さらに、地方での興行回数が減り、研修生が地方に行くこともなくなったため、そこまで人気がないメンバーのファンや研修生ファンが落胆することになった。

他の団体における同様の規定[編集]

AKB48でこの規定が制定された後、姉妹グループであるSKE48NMB48などでも同じような規定が作られた。しかし、姉妹グループはまだどこもAKB48ほど忙しくないため、まだこの規則が意味を持つ場面はない。

またこの言葉の広がりにより、JリーグVリーグ(日本の実業団バレーボールリーグ)の試合に臨むメンバーについての規則も「ベストメンバー規定」と呼ばれるようになった(公式試合にはその時点における最強のメンバーで臨まなくてはならないという決まりがある)。こちらの規定も、「ベストメンバーの判断をするのは誰なのか」「すべての試合をベストメンバーで戦う必要があるのか」などといった点が問題となっている。


関連項目[編集]