ベアトリーチェ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「その暴論や心地よし!このゲームくれてやるわ!.....ぐあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!...いてぇよ~バトラー」
ベアトリーチェ について、本人

ベアトリーチェは、平たく言えば称号であり、代々受け継がれている。

ベアト様の多彩な顔芸の数々です。

名前[編集]

彼女自身の本来の名前は不明。けど本名もそうなのかもね。

人物[編集]

黄金の魔女を自称する。無限の魔女とも呼ばれているが、その正体は詐欺師である。プレイヤーからの通称は『顔芸』だったが最終的には『顔面崩壊』にまで進歩した。

尊大な口調で話すが、それは演技であり、実際は男言葉で話す。何故この話し方なのかというと、Sを装うためである。本当はとんでもないドMであり、屈服願望がある。

幼少時におねしょをしてそのとき壮大な世界地図を作り、それがロノウェにばれて以来、魔女としての能力を身につけることになった。

能無しバトラァァァーに好意を抱いているが、素直になれない性格も災いし、嫌われている。

しかし最近になって戦人がおっぱいマイスターである事を知り、毎晩戦人を思ってアーン♥♥で胸を大きくしようとしている。そのかいあって、戦人好みの大きさになった。

戦人に近づく女には一切の容赦がない、特に妹属性で迫る相手には格闘戦に持ち込む程である。ツンデレの素質があると思ったら、ヤンデレの素質もあるようだ。

戦人のためなら、ギャルゲーやBLゲーも嬉々としてやってるのでオタクの片鱗もあるかもしれない。

作中[編集]

戦人とイチャイチャするために、六軒島で殺人事件を起こすが結局失敗ばかり、その後お茶会という推理合戦とは名ばかりのイチャイチャをするが、実は彼女は適当にのらりくらりとかわしているだけで真相を知らない。

とりおり見せる表情の面白さがプレイヤーの印象に残る....どころか夢に出てくる。最近は本人もそれに気づいているのか日々鏡とにらめっこして新技を開発中である。

魔女なのに崖から転落して死んだりしている。その際の「間違いなく死んでおる」は名言である。が!、せんとくんにぶたれた事により真の愛に目覚め、しおらしい女にな.......「こら!ロノウエ、笑うでない!!」。ツンデレヤンデレ、オトメ、ひょっとしてきむs、うわ!!ぎゃぁぁぁぁぁ!!。

お茶会でドクダミ茶を飲みすぎたため「わかったよ」「どうして我は戦人にこうも嫌われるのか」とソフトSM合戦に鞍替えしたが....戦人に追い出されるとバラ庭園でバラの棘が刺さって泣く........ますます漫才化が進行しつつある...と思ったがやっぱり詐欺かい!!Ep3全てを無駄遣いした「北風と太陽」型ツンデレご苦労さまでした。でもマヂツンデレじゃ.......、縁寿登場の「お兄ちゃん争奪戦」の超絶格闘戦で六軒島は地図から消滅した。

Ep4のラストで巨大なに突き抜かれて「いてぇーよ!バァトラァー!!」はまたも迷言。魔女だから死ねないのも不便なもんである。なおこの時の昇天で魂が抜けてEp5では「抜け殻」になってしまった.....Ep8にて復活し作者の髪の毛を最も多く毟りとった.....もう完全に芸人だよ。

ちなみに中のさぁやも毎晩ベッドの上で旦那に.....おや、こんな時間に.....笑いながら「何?」はやめて!いや!やめてくださいよ!もうあなたの上司の役はしませんから!

関連項目[編集]

両親の離婚のトラウマを持った少女がを使って敵を殺していくゲーム。
ベアトリーチェの詐欺仲間も登場している。
黄金の魔女を名乗る詐欺師が、一目惚れした青年とイチャイチャするために頑張るゲーム。


Nhbgq.jpg うおおおおおおお書けよォオオオォ!! この項目「ベアトリーチェ」に足りない部分を補いたいヤツから前へ出ろよォオオオオ、うをおおおおおおおおおおオオオォオオオォオッ!!! (Portal:スタブ)