ヘリコプター弦楽四重奏曲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ヘリコプター弦楽四重奏曲(へりこぷたーげんがくしじゅうそうきょく)とは、ドイツ空軍の軍歌である。

概要[編集]

ヘリコプター弦楽四重奏曲とは、元々吹奏楽にヘリコプターを利用するという画期的な発想から生まれた歌であり、第二次世界大戦時にドイツ空軍に弾かれていたスツーカ吹奏楽の現代版アレンジでもある。この曲はヘリコプターの音に消されそうになっても必死に音を奏でる吹奏楽器のコントラストを楽しもうと作曲された。

しかし、現在ヘリコプターとともに音を奏でる役割は弦楽器に取られている。理由としてはスツーカはヘリコプターに比べるとうるさく、ヘリコプターとトランペットでは、スツーカのように爆音でトランペットが聞こえないという悲劇が発生しないからである。そのような本末転倒を防ぐために吹奏楽よりも音のボリュームが小さいバイオリンなど弦楽器を使った四重奏曲に変更された。

歴史[編集]

原曲は元々、アドルフ・ヒトラーにより作曲を指示された。その時利用したのはヘリコプターではなくスツーカであり、急降下爆撃するためにスツーカを愛用していたハンス・ウルリッヒ・ルーデルのお気に入りの曲でもあったともいう。スツーカの爆音からトランペットの音を正確に聞き分けられる人物はあまりおらず、作曲を依頼したヒトラーすらスツーカの音しか聞こえなかったという。そのような曲をお気に入りとして何度も聞いていたルーデルはやっぱり凄い。

現在[編集]

この曲はかつてのドイツ軍を思い起こさせるという理由で、ユダヤ教徒や反ヒトラー勢力から、演奏禁止処分にしろという圧力がかかっている。この曲が作られたのも、原曲を流すと抗議デモが発生して演奏会にならなくなるからである。そのために、現代風にアレンジしたのだが、やはり受け付けない人は多い。ただし、作曲家などからは画期的な音楽として、録音・演奏が試みられている曲でもある。実際、思想抜きで聞けば素晴らしい曲と評価する人は絶えない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヘリコプター弦楽四重奏曲」の項目を執筆しています。