ヘリコプター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヘリコプター」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ヘリコプター」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ヘリコプター」の記事を執筆しています。

ヘリコプターとは、竹トンボの原理を応用する飛行手段である。

概要[編集]

竹トンボとは角度のついた羽を回転させて揚力を得ることで空中浮遊する玩具であり、発祥は紀元前中国だとされている[要出典]。子供の力でも勢いよく天へと舞い上がるその姿をヒントにし、さる拳法家[誰?]が自らを竹トンボのように飛ばす秘術「降龍天臨霹」を編み出した[1]。これは頭の上に掲げたを竹トンボの羽に見立て揚力を生む手法であり、移動手段の革命とはなったが大きな欠点もあった。同じ方向に回転させ続けなければたちまち墜落してしまう為、一部の達人でなければ長時間の飛行は出来なかったのである。

その後シルクロードを通じて降龍天臨霹がヨーロッパへ伝わると、人力以外の動力を用いて背中に括り付ける方向で研究が進められた。例えばルネサンス巨人ダ・ヴィンチのスケッチ集にはこの手法を用いた飛行機械が記されていたと言われている。またそのスケッチには棒型の羽ではなく螺旋状の羽が描かれ、そこから当時流行したギリシャ語を使い「ヘリックス(螺旋)」と「プテロン(羽)」のかばん語で「ヘリコプター」の名前が生まれたのである。

発展[編集]

軍事用ヘリコプターの一例。

飛行への憧れからヘリコプターは大々的に研究が行われ、かのトーマス・エジソンもヘリコプターの開発に着手していた。しかし背中で内燃機関を使うとなると事故による危険性が跳ね上がり、その為研究は暗礁に乗り上げてしまう。紀元前から構想があったにも関わらず、ようやく人間が背負えるヘリコプターが生まれたのは1937年の事だったとされている。

実用化されたヘリコプターはすぐに各国へと広まったものの、今度は構造上積載量が少ないという弱点を抱えることとなった。また既にレシプロ飛行機どころかジェット機も存在しており、背中に装備しなくても安全に飛行出来るようになってしまい遊覧飛行以外での用途を望みにくくなってしまった。

しかし「垂直離着陸可能」「小回りが利く」「エンジンが止まっても安全に着陸出来る」という数々の利点もまた発見された事により、軍用は元より報道機関の取材や軽物資搬送など細かい用途が次々と見つかり、ヘリコプターは安価な飛行手段として発展していったのである。

脚注[編集]

  1. ^ 日本曙蓬莱武術協会 武術総師範代の談話より。

関連項目[編集]


この項目「ヘリコプター」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)