ヘッドハンティング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「あなたの頭頂戴します」
ヘッドハンティング について、ジン(王ドロボウ)

ヘッドハンティング(英:Head Hunting)はエクストリームスポーツの一種。世界で一番過酷で残酷なエクストリームスポーツと言われる。

歴史[編集]

古来、人間の頭部にはその人間のが宿っているとされていた。そのため、勇気のある人間や賢い人間の頭部を手に入れる(=狩る)ことによって、その人間の持っていた勇気や智恵をも手に入れることが出来ると考えられており、ある意味で宗教的な儀式として行われいたのである。やがてそのような考え方が、宗教を離れて人間の優劣を決める判断基準として「より優れた者の頭部を所有していること」へと発展していった。

さらにその後、「有力者の娘をに貰う場合」「高い地位につく場合」などにも「より優れた頭部を持つ」ことが必要とされるようになった。また、所有する頭部の質が劣る場合は、数でそれを補うことも認められるようになった。このように頭部が贈り物や貢ぎ物として用いられるようになった結果、自ら狩った頭部ではなく、地位や権力を利用して他人が狩った頭部を手に入れる事が常態となり、本来の「優れた人間の頭部を狩った者がその者の優れた部分を手に入れる」という意味あいが薄れていった。

現代ではさらにそれが進み、「優れた人間」という主観的な判断基準ではなく、客観的に優劣が分かりやすいように、狩った数を競うスポーツとなっていったのである。

ルール[編集]

名前の通り、頭を狩る競技。アタマを取られると同時にタマを取られるため、緊張感溢れるスポーツである。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

問題点[編集]

開催する度、万単位で死者が出るため年々競技人口が減っているのが問題である。また、頭を狩られた残りの部分の処理方法についても環境問題が発生している。

しかしながら、最大の問題点はそれらではなく、本来の意味である「より優れた者の頭を狩ることによって、その者の優れた点を自らのものにする」から当然に導きだされること、すなわち「より優れた者ほど狩りの標的となり、そのために優秀な人材であればあるほど命を落としやすい」ということである。現実に、社会のリーダーとなるべきエリートがこの競技で命を落としたために経済や技術などの発展が大きく停滞していることから、近年では競技を禁止すべきであるという議論も出ている。ただし、それに対しては、「当競技で価値残ってこそ真のエリートであり、敗北者はそもそもそこまでの能力でしかなかった」といういかにもな反論が出されており、おそらく今後も禁止されることはないであろう。

著名なプレーヤー[編集]

当局の検閲により削除されました

その他[編集]

この場合は、禁則事項です

狩った頭は、

  • 干し首
  • 漢方薬
  • 酒杯(頭骸骨を利用)

などに利用される。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「ヘッドハンティング」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)