ヘッツァー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
国家社会主義ドイツ労働者党 Dieser Artikel ist von der NSDAP geschrieben worden! 国家社会主義ドイツ労働者党
この記事は国家社会主義ドイツ労働者党によって書かれた!
この記事を疑うものは、われらが総統及び全アーリア人に背いたものとして、アウシュビッツに送られる!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヘッツァー」の項目を執筆しています。

ヘッツァーは、ドイツ版のチハたんである。でも集団に待ち伏せされると死んだ…、ってなる。

概説[編集]

へったん!ことヘッツァーは48口径7.5センチ戦車砲を持った戦闘室を38(t)軽戦車に似た車体にくっつけた駆逐戦車である。なおヘッツァーとは「勢子」という意味である。これは同車と戦闘したソ連軍が「待ち伏せしやがってセコすぎw」と言ったことにちなむ。ハイルヘッツァー!

武装[編集]

Ⅳ号戦車などと同じ48口径7.5センチ砲は、1000mの距離で80ミリ程度の貫通能力を持っていた。これは独軍の駆逐戦車では最も貧弱であったが、可愛いは正義なので総統閣下ですら何も言えない。ハイルヘッツァー! 車体の上にはリモコン機銃を搭載。車外に出ることなく射撃が可能であったとされている。ハイルヘッツァー!

装甲[編集]

最大装甲は60ミリである。そう、60ミリである。軽戦車ベースで60ミリである。日本軍関係者の叫び声は無視しよう。恐ろしいことに皇軍の自称中戦車の倍以上である。さすがは戦車の国第三帝国である。ハイルヘッツァー! 傾斜装甲であり、IS-2の122ミリ砲弾を弾き返したこともあった。

実戦[編集]

  • ヘッツァーの初陣はワルシャワ市内戦とされているが、このときは機甲部隊を持たないレジスタンスが相手だったため活躍できず、火炎瓶でローストされて鹵獲されて調べ上げられた。
  • ドイツがボコられっぱなしの時期は頑張った。集団で待ち伏せしてIS-2スターリン重戦車を狩ったこともあった。このほかにもT-34が多数ヘッツァーに掘られまくった。でもその数はさすがにルーデルには及ばないらしい。というより及んだら困る。
  • ベルリン戦でも奮闘。路地に隠れてT-34をボコった。一部は残念なことにアカに鹵獲されて持ってかれて調べ上げられて粛清されました

ヘッツァーの運用方法[編集]

  • まずは"ゲルマン魂"がヘッツァーを動かす上で必要である。大和魂抜きにチハは無力であるのと同じだ。
  • 近くの友達を誘って小隊を編成しよう
  • 遮蔽物に隠れよう
  • 見えるものをすべて撃とう
  • 気が付いたらソ連戦車の残骸の山ができるよ
  • ところでこの砲を見てくれ。こいつをどう思う?といいつつIS-2あたりが出てきたらバンザイ突撃

戦車界にはのアイドルとして[編集]

  • WoTでヘッツァー乗ってるとチャットがにぎやかになる。海外でも「ヘッツァーパワー!」って叫ぶ人がいる。
  • アニメガールズ&パンツァーでも登場。ヤークトパンターやマウスなど化け物と渡り合い、数多くの伝説を残した。

伝説[編集]

  • ベルリン戦では機動性を生かしてIS-2の後ろに回り込み、弾薬庫に命中させて吹き飛ばした。
  • 「何あの可愛いの」と言って発情したソ連兵が次の瞬間昇天。死因は萌え死であったとされる。
  • ガールズ&パンツァーではマウスの車体の下に入って奮戦。そしてエンジン壊れた。 でもマウスは200tぐらいあるのでホントは道路に落ちてる軍手みたいになっちゃう。

関連項目[編集]