ヘスティアの紐

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
1,000円で売られているもの。
一方こちらは0円で自由に持って行ける。1,000円のものと何が違うかは不明。

ヘスティアの紐とは、ギリシア神話の女神ヘスティアの用いる神話礼装の一つである。例の紐と呼ばれることもある。

概要[編集]

ヘスティアの紐は、女神ヘスティアが身にまとっているとされる、青い紐である。肌に直接身につけている白い衣服とは独立しており、胸の凸部の下、右腕の外側、背中を通って左腕の外側で結びつけられている。両腕を挙上すると同時に胸部も持ち上がるという機能的なデザインが、一部の好事家らに高く評価されている。

本来ヘスティアはの女神であるとされているが、ヘスティアの紐は、炉というにはいささか大きすぎる胸がないと身にまとうことはできない。この礼装により女神ヘスティアは神としての権能を獲得したものと伝えられている。

数学的には裏付け不可能性という特徴を持ち、その形状が化学工学などに応用されているほか、芸術文学において題材として取り上げられることもある。

長年ヘスティアという女神の姿は確認されていなかったが、2015年に神話の研究家にして作家の大森藤ノが発見し話題となった。ヘスティアの紐は青いものであったとされるため、一部の好事家たちにとって青い紐そのものがマストアイテムとなり、一部地域にてただの青い紐をヘスティアの紐であるとして販売するという詐欺的行為が横行した。

汎用性[編集]

こうした詐欺的行為においても、「ヘスティアの紐」とされるものは問題なく売買されているという現状があり、ここにはこの紐がある種の礼装として高い需要を持つということを見て取ることが出来る。しかし、汎用性に関しては実際のところ疑いの余地がある。なぜなら、貧乳がこれを着用すると紐がどこにも引っ掛からなくなり、安定しないものとなって見るものに強い違和感を植え付けるからである。こうした性質を逆手に取り、貧乳の女性にこの紐を着用させるという新手のいじめも流行しているとかいないとかである。

なお、言うまでもなく、巨乳が着用すれば礼装としての効果は遺憾なく発揮される。そして、この効果がもっとも強力になるとされるのが、手で紐とその上の乳房を持ち上げた時であるということも言うまでもない。しかし、この礼装が男性においても広い年齢層から好まれている、という事実も決して特筆するには欠かせない。そして何よりも、巨乳の男性がこれを着用するとその礼装としての効果は全く真逆のものとなり、見るものに「紐」への嫌悪感を植え付けるほどの強烈な破壊力を発揮する、ということには十分な注意を払わなくてはならない。

もし、色が白くて、下半身と背部の露出率が異常に高く、胸元も開かれていて、それだけ肌の露出は大胆なのに、手袋だけは丁寧に着用しているような、特徴的で奇妙な衣装を身に纏っている肥満体の男性を見かけた場合は、直ちにその場から逃走すべきである。間違っても、その者の胸を直視してはならない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヘスティア」の項目を執筆しています。