プロファイリング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事はフィクションです。
実在の人物、団体、企業、プロファイリングとは一切関係ありません。

プロファイリングとは、簡単に言うと「プロフェッショナル」による「プロフェッショナルな人格」の「収集作業(ファイリング)」である。

概要[編集]

プロファイリングを行うプロファイラーと呼ばれるプロフェッショナル職人が働く職場は幾つかあり、花形の職業とされる事が多い。

しかし求められるスキルは多く、誰でもなれる訳ではない。順を追って以下に説明する。

プロファイリング方法[編集]

第一段階[編集]

  1. まずプロフェッショナルとしての「非常に高い意識」が必要である。何に対しても妥協しないという強い精神力が求められ、根性論をも会得している必要がある。
  2. つまり、この最初の段階で既に脱落者が大勢出るという、極めるにはとても辛い職業である。
  3. 時に自分自身に対しても非情に振る舞う必要に迫られる場合もある。

第二段階[編集]

  1. 収集対象の「選定」は極めて重要。その辺の小物を相手にするような事はしてはいけない。
  2. 理由は簡単。プロファイリングを行う際には貴重な時間や脳細胞やエネルギー等を消耗するため、プロファイリングする必要が無ければしないに越したことはない。
  3. そのためプロファイリングする対象を選定する際には「どのような結果が得られるか」を考慮する事が極めて重要になる。
  4. 犯罪捜査に使われる際は「未解決事件の解決」を目的とし、犯人の逮捕や犯罪の再発を防ぐという使命の元、プロファイラーは自分の脳内に犯罪者の人格を構築するという、多大な犠牲を払う事になる。つまり人格が犯罪者に近づくというリスクを冒す事になる。
  5. 犯罪捜査だけではなく、歴史上の人物を対象として「歴史の謎を解明」する事を目的としてプロファイリングが行われる事もある。
  6. そのため、プロファイリングされる対象もプロファイリングしないと捕まらないようなプロフェッショナルである事が多い。
  7. 一度に複数人をプロファイリングしようとすると精神的な消耗が激しい上に情報が混ざり、プロファイリングの精度が落ちるため、できれば対象は一人ずつに絞ると良い。

第三段階[編集]

  1. 対象の選定が出来たら、次は対象の「情報収集」である。入手可能な全ての情報を集める。
  2. 情報が集まったら次は「分析」である。なぜそのような行動や言動を採用したのか、行動や言動の一挙一動についての「動機」や「理由」を可能な限り全て判明させる。
  3. 動機や理由が明らかになっていけば、「傾向」が見えてくる。つまり対象が次にどのような行動を取るか、状況が変わっても予測可能になってくる。
  4. 対象に新たな動きがあれば再度分析に掛け動機や理由を解明させる事で、よりプロファイリングの精度を上げていける。
  5. この辺りまで来ると、対象の人格が脳内に構築されている事に気付ける。それは人工知能と呼ばれる事もある。

第四段階[編集]

  1. プロファイリングしてやっと作成できた「新たな人格を利用する番」である。
  2. 犯罪捜査の場合は次に犯人がどこに現れるか予測し、逮捕に繋げるような事が出来る。歴史の謎に挑んでいたのであれば、自ずと答えが出てくるハズ。
  3. 予測が外れるようであれば、プロファイリングの精度が低いという事になるため、第三段階の「情報収集」からやり直しになる[1]
  4. 予測が外れる別の原因としては「分析能力不足」である事がある。相手と同じような状況を身をもって体験している事が望ましいとされる。

副作用[編集]

副作用としてプロファイラー型の多重人格者になるが、意図的に構築した人格であれば意図的に切り替えて使用する事ができるため病的なものではなく、心配はいらない。

使わなくなった人格は徐々に存在が希薄化し消滅していくため、心配であれば構築した犯罪者の人格が希薄化するまで一定期間は療養に時間を充てると良いと言われている

ただし、元々の人格が犯罪者だった場合は悔い改めなさい。

応用など[編集]

  • どの手を指すと相手が動揺するか、対戦相手を事前にプロファイリングしておくと、将棋における「羽生マジック」を再現出来る事がある。プロファイリング済みの相手に限定されるが。
  • 日頃ソースコードから書き手をプロファイリングしているようなプログラマーであれば、ソースコードにどのようなバグが入り込むか知っているため、品質の高いプログラムを書く事に繋げる事ができる。
  • 幼少期からプロファイリングばかりしているレアキャラもおり、もはやプロファイリング以外の事ができないため、問題解決能力に優れているんだとか。

脚注[編集]

  1. ^ "犯罪者プロファイリング 第2回". 角川書店 (2005年). 2018年10月12日閲覧。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「プロファイリング」の項目を執筆しています。