プリズン・ブレイク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「プリズン・ブレイク」の項目を執筆しています。

プリズン・ブレイク』(Prison Break)は、エクストリームスポーツの一つであるエクストリーム・脱獄の選手達の活躍を描いたドラマ


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、タイタニック号は沈没してジャックは死亡することや、U.N.オーエンの正体はローレンス・ウォーグレイヴであることや、綾波レイは何人もいることや、カゲロウデイズは黒コノハによって女王に仕立て上げられたマリーの空想世界であることや、ダイは最終的に黒の結晶の爆発から地上を守り行方不明になることや、神楽坂明日菜は黄昏の姫巫女であることや、トキワジムのジムリーダーはロケット団の首領・サカキであることや、飛鳥五郎殺しの犯人は総統Dであることや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

概要[編集]

アメリカ2005年8月29日にFOXより放送を開始。当初は13話終了の予定だったが、一旦人気が出ると何時までも引き延ばすという合衆国政府の方針のため、某24時間某漂流よろしく延長されている。現在シーズン4を放送中であり、その後もガンガン引き伸ばされると思われたが、視聴率が違う意味でブレイクしてしまったため今期での打ち切りが決定した。

あらすじ[編集]

シーズン1[編集]

マイケルの初脱獄と彼のカリスマ性に惹かれ次々と才能を開花していく選手達を描く感動のヒューマンドラマ。

シーズン2[編集]

脱獄したマイケル達の次の試合までの様子を描く。選手たちは第二回大会のウォーミングアップのため、猫好き爺さんが遺したお察し下さいを探し求めつつ、友情と軋轢を深めながら印象的なおデコのFBI捜査官と駆け引きを繰り広げる。

シーズン3[編集]

今度はパナマの刑務所に舞台にエクストリーム・脱獄第二回大会の様子を描く。首ちょんぱ。〝冗談よ~♪〟

シーズン4[編集]

脚本家達が最高傑作と嘯く作品。既に脱獄(プリズンブレイク)じゃないじゃんって突っ込みは禁止。

登場人物[編集]

フォックスリバー刑務所[編集]

フォックスリバーエイト[編集]

マイケル・スコフィールド
本作の主人公。天才建築技師であり、エクストリーム・脱獄の名選手であり、エクストリーム・脱獄中毒者でもある可愛い子ちゃん。
脱獄したいがためにわざと罪を犯し収監される変態野郎である。アニキのリンカーンとはウホッな関係である。
かに思われたが、その後バイオハザードⅣでクリスを演じたためにウホッな関係は崩壊した。
リンカーン・バローズ
アメリカの陰謀で死刑判決を受けてしまった男。綺麗なジェロム・レ・バンナではないかと囁かれる。
息子のLJとはウホッな関係である。
ジョン・アブルッチ
ちょっと危ない会社の重役。無断欠勤し逃げた部下を追っている。宗教にハマって以来、気のせいかヤムチャ化が進行したように見える。
フェルナンド・スクレ
マイケルと同じ房でアッーな関係。
順調にいけばあと16月で刑期満了だったわけだが、恋人の術中にはまり責任を取るためやむなく急遽エクストリーム・脱獄へ参加する。
スタッフからの「避妊はちゃんとしようね!」というメッセージが込められたキャラクターである。
セオドア“ティーバッグ”バッグウェル
バイでありロリコンでありショタコンであり死姦マニアもある最強の男だぜ、かわいこちゃ~ん。
吹き替え版の声はあの神が担当してるぜ、かわいこちゃ~ん。
腕を斬られてもすぐくっ付く驚異的回復力も持ち合わせている。間違い無く絶倫だぜ、かわいこちゃ~ん。
第二回大会に失格した後、SONAで「人は!平等ではない!」とは正反対の趣旨の演説を展開し、民主国家を築くんだぜ、かわいこちゃ~ん。
シーノート
変態揃いの選手達の中では割と常識人な男。しかし重度の親馬鹿。なので第二回エクストリーム・脱獄開催前に棄権した。
ヘイワイヤー
統合失調症。シーズン2ではエクストリーム・自殺の選手へと転向した。
トゥイーナー
クラスに一人は居た、空気の読めないハブられ者ポジション。他の選手からも視聴者からもウザがられている。吹き替え版ではYoYoうるさい。

その他囚人[編集]

ウエストモアランド
ぬこだいすきなおじいちゃん。マイケルたちの金づる。競技中乱入してきた男と死闘を繰り広げるも儚く散る。
マンチェ・サンチェス
ピザデブ。本人以外は誰一人として脱獄できると思っていない。カイジで言う所の安藤のポジション。

職員[編集]

サラ・タンクレディ
翻訳すると「皿・戦車女」。マイケルに人生を狂わされた人物の一人。
ウォーデン・ヘンリー・ポープ
所長。模型オタ。マイケルに人生を狂わされた人物の一人。
ブラッド・ベリック
ハゲマザコンで中年太りで動物殺しで金の亡者といういいとこ無しな男。リンカーンよりも理不尽なスピード判決を受ける。
シーズン3で視聴者の同情を引こうとするも失敗。マイケルに人生を狂わされた人物の一人。
シーズン4では俗に言う、「あれ、映画のジャイアン、何か良い奴じゃね!?」現象(ギャップルール)で好感度が大ジャンプアップ、そのジャンプは土管に入ったマリオの如し。
ロイ・ウィリアム・ギアリー
ベリックのホモ達だったが、スカトロプレイを強要され友情崩壊。娼婦に謎の変態プレイしていたときにあの男に殺される。マイケルに人生を狂わされた人物の一人。

SONA刑務所[編集]

囚人[編集]

ルチェロ
麻薬王。エクストリーム・脱獄第二回大会に飛び入り参加する。
サミー
SEGAの親会社
ジェームズ・ウィスラー
吹き替え版の声がテリーマンと一緒。なので発言が微妙に小物臭い。4でいきなり・・・
マクグレディ
アメリカかぶれのバスケットボールオタク。第二回大会の開催を知るや否や「俺も脱獄させろと」しつこく要求し、まるでシーズン1のトゥイーナーのごとくウザい。しかし、彼の親父が使えるので渋々ながらマイケルは参加させた。

職員[編集]

サバラ
SONAの指揮官。やり手かと思われたが、グレチェンに瞬殺された噛ませ犬。
ラファエル
監視員。囚人ではなくスクレばかり監視している。

刑務所外[編集]

一般人[編集]

ベロニカ・ドノバン
リンカーンの幼馴染でありモトカノであり弁護士。ややこしい。ヒロイン枠を極めてあっさりサラに強奪される。
LJ
リンカーンの息子。あらゆる人間から名前を省略されて呼ばれるのでグレる。
マリクルーズ・デルガド
ビッチ

政府関係者[編集]

キャロライン・レイノルズ
同じFOX製のドラマの大統領とは真逆の性格の女大統領。
テレンス・ステッドマン
レイノルズの甥。リンカーンの偽装殺人に利用された後は自宅警備員に強制就職させられた。
1と2で顔が違うのはご愛嬌。
ポール・ケラーマン
目が可愛いシークレットサービス。強敵だったがシーズン2ではキムのパシリに格下げされた。
ダニエル・ヘイル
シークレットサービス。ケラーマンのことを一方的に友人だと思っている。
クイン
不甲斐ないケラーマン達にカッコ良い所を見せようと張り切るが死亡。
アレクサンダー・マホーン
ヤク中。マイケルの選手生命を絶とうと工作する。ケラーマンと同じくキムのパシリだったが、マイケルにハメられたせいで第二回大会に参加することになった。シーズン3の後半からださい帽子を好むようになった。
副業として銀行の支店長をして強盗相手に散弾銃をぶっ放して暴れたり、NASAのエリートパイロットとしてちょっと頑張っちゃったりしている。
リチャード・サリンズ
マホーンの部下。上司とウマが合わずいじけ気味。
ビル・キム
シーズン2のラスボス。シークレットサービスでありカンパニーの一員という板ばさみな役職のため禿げた。
名前はあの将軍様に由来してるとかしてないとか。スマイルは0円。

カンパニー[編集]

閣下(パッドマン)
某コウモリ男と似たアダ名だが、悪人。主な悪事は、いちいち紙で会話して資源を無駄にするなど。名言は「飛ばない豚はただの豚だ」
グレチェン・モーガン
マゾプレイもサドプレイもどちらも可能な工作員。


この項目「プリズン・ブレイク」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)