プリキュアシリーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
プリキュアから転送)
移動: 案内検索

プリキュアシリーズは、日曜日大阪朝日放送で放送されているドキュメンタリー番組である。2004年から続いており、アニメーションで放送されることから現在に至るまで高い人気を誇る番組である。

概要[編集]

当番組はプリキュアと呼ばれる戦士が組織と対峙する様子を1年かけて取り上げるドキュメンタリー番組である。他のドキュメンタリー番組とは違い、本編は実写映像を用いず完全アニメーションで放映されているのが特徴である。前番組前々番組特撮番組なので実写映像で放送したかったが、番組登場人物肖像権を守るための最大限の配慮から、また実際の戦闘シーンは極めてグロテスクな描写が散見されるためそれを緩和するためにアニメ化なされている。そのため、現場での取材から取材内容の確認、番組で取り上げるシーンの抜粋、実写映像を元にアニメ化などの工程を挟むため実際の取材時期から半年以上経ってから本編が放送される。新シリーズの放送開始が2月からだが本編は新学期の内容になっているのは、放送開始までに諸々の打ち合わせが生じた結果取材時期から1年近く経過したことから発生する現象である。

この番組では子供たちを戦場で活躍させることがいかに危険なことか、プリキュアに立ち向かう組織が己の正義のためにどのような思いで任務を遂行するのか、悪の組織の上下関係から会社内で巻き起こる現代問題(パワハラなど)の啓発などを視聴者に考えさせる構成となっている。その内容から本来は20歳以上を主な視聴者層と捉えていたようだが、放送開始当初から小学生以下の子供からの人気が強い。これはアニメーションで放送されていることが要因だと考えられており、他のドキュメンタリー番組にはない特色の1つとも言われる。

「プリキュア」とは[編集]

プリキュアとは、何かを守るために戦う女子中学生である。なぜ女子中学生なのかは不明だが、プリキュア本人曰く「女性はどんなに頭が悪くても誰でもプリキュアになれる」という。唯一分かることは彼女らが当番組の根幹を担う特別な存在なことである。守る対象は、「」といったでかいものから「」のような抽象的なものだったり、どんな願いもかなえてくれるブツや人々の個人的な悩み、そしてオカンのパンティーだったり・・・、要するに守っているものはチームによって多岐にわたるのだ。

彼女らは普段、とてもやさしい一般人として過ごしている(これは大人の事情によるものである)。しかし、悪の組織が侵攻したときは戦闘員には似つかわしくない容姿に早着替え[1]し、己の拳を持って敵を成敗する。相手はプリキュアを本気で殺しにかかっているようだが、勝っているのは野望だけで戦闘では大抵敗北する。プリキュアは時として武器を持ち出すことがある[2]。彼女らの武器はバンダイがメンテナンスを請け負い、専用の倉庫にて保管されている。しかし、まだ中学生であるため保守費用を払うことができない。この問題はバンダイが彼女らの武器をモチーフにした玩具を製作、販売する契約を結ぶことで解決している。コスチュームはメイド服に雑多な装飾を施したものであり、前衛的ファッションとして注目されるがきわめて前衛的なので日常で用いられにくい。

彼女らのアニメーションで描かれる姿は忠実に再現されているが、原画の段階で毎回「もっと可愛く描いて!!」と注文されることがお約束となっている。ただ、その結果実際の顔や容姿からは大きく乖離するような作画になってしまう(これを作画崩壊という)ことも間々ある。

シリーズの変遷[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

取材から放送までの工程[編集]

上述のように当番組は現地取材から放送までの間に数多くの工程を経ている。放送までにかかる時間も長いために、一回の放送にかかる費用はかなり高い。また、現地取材も戦闘現場で行うためスタッフも過酷な状況下で働いていると言える。特にスタッフに対する福利厚生は他番組のそれより手厚いがそれでも成果に見合った内容とは程遠いようだ。それでも番組が続く理由はそれだけ視聴者からの期待が大きいからの他ならない。

現地取材[編集]

番組作成はまずプリキュアらが活躍する現地に赴き彼女らの密着取材をすることから始まる。彼女らの通学学校生活の様子から休日の過ごし方まで取材するが、プライバシーの問題もあり殆どの場面で彼女らから取材を断られる。そのため、現地取材するスタッフには取材を成功させるための十分な交渉力と説得力が必要とされる。現地取材において最も過酷なときはプリキュアと悪の組織との戦闘現場である。実際の戦闘現場では、四方八方から光線や実弾、鋭利なものや鈍器のようなものなどが飛び交っているため身の安全の確保に最も苦慮する。また、敵に目をつけられ人質にされたこともあったといい、当番組の戦闘シーンの取材には命の保障は無いと朝日放送社員の間で恐れられている。そのことから、当番組の現地取材班に異動されることを社員の間で「ドナドナされる」などと言われる。

取材内容の打ち合わせ[編集]

現地取材を終えたら取材内容の確認に入る。この段階で番組内で取り上げるシーンを決定する。もちろん、取材中にスタッフが起こした不祥事はすべて無かったこととして処理される。

アニメーション化[編集]

番組で取り上げるシーンを決定したら動画をアニメーションに書き下ろす作業に入る。番組作成の中で一番本腰を入れる段階である。上述の通りグロテスクと思われるシーンの描写を変更したり、登場人物や町並みを再現、収められた音声の解析など一番忙しい段階である。この段階では、実写映像の再現性を高める必要があることから多くのプロフェッショナル人員を投入して作業が進められる。最近では日本だけでは人員が足りずインドネシアなどの外国人にも応援を呼び対応している。また、アニメーション製作途中に随時プリキュアなど登場予定の人物の検閲が入る。特に、登場人物本人の顔が実際の顔に似ているかが注目され、要改善の注文が続出するためアニメーション担当者は恐々としている。そのおかげでアニメーション完成が締切間近までもつれ込むことも珍しくない。

放送できる状態へ[編集]

こうして制作されたアニメーションに音声やBGMを吹き込み、本放送へとこぎつける。登場人物の声優もなるべく声が近い人を厳選して選ばれる。ドキュメンタリー番組として多くの時間と人員をかけて制作される。

脚注[編集]

  1. ^ これにより敵を油断させる効果を発揮する[要出典]
  2. ^ ロッドや弓、剣も存在する。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「プリキュアシリーズ」の項目を執筆しています。
Hartman.jpg 本日をもって諸君はプリキュアシリーズを卒業する。諸君らのくたばるその日まで、何処にいようと加筆と編集は諸君の任務だ。だが肝に銘じておけ。スタブは死ぬ。死ぬために我々は存在する。だがスタブは永遠である。つまり―――諸君も永遠である! (Portal:スタブ)