プチテロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

プチテロとはテロを小規模にしたもの。基本的に精神的ダメージを与えることを目的とする。

概要[編集]

テロとは、威力を持って相手にダメージを与え、自らの目的を遂行しようとする行為である。原子力発電所を爆破して資本主義社会を危機に貶めたり、ドアの隙間から黒板消しを落して先生を困らせたりすること一般をさす。

小規模なテロ(プチテロ)では精神的ダメージが重視されるが、言葉の暴力の傷は深いと言われるように、簡単な準備でもそこそこの効果を生む。ただし単なる中傷は威力を伴っていないのでテロとは呼ばない。

日本の有名なテロリストとしては、日本赤軍岡本公三吉本興業小薮千豊が知られている。前者は本格的テロリスト、後者はプチテロリストの代表的存在である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

プチテロの例[編集]

国内テロ[編集]

  • 教室のドアを開けたら上から黒板消しが落ちてきた。上級者向けには水の入ったバケツがある。
  • 掃除入れをあけたら次世代ほうきが倒れてきた、主にいじめられっ子に対するプチテロ
  • 類似例としては冷蔵庫に何か汁物をいれあけたら汁が飛び散りジュータンを汚してしまう息子に対するテロ、その後母親に怒られるため二重の苦痛を味わう

国際テロ[編集]

アメリカから日本に対し行われたもの。

  • 日本人が食べてるみかんは甘いを言う常識を突き、グレープフルーツを苦くした、もちろん大成功、日本中をグレープフルーツ嫌いにした
  • パイナップルを説明なしに売り出し、日本中を混乱に陥れた

関連[編集]