ブルセラ症

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ブルセラから転送)
移動: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブルセラ症」の項目を執筆しています。

ブルセラ症( - しょう、Blusera Syndrome)とは、ブルセラに感染して起こる人獣共通感染症である。ブルセラ熱( - ねつ、Blusera fever)とも呼ばれ、診断した医師は直ちに最寄りの保健所へ届け出ることが義務付けられているが、渋谷では無許可のブルセラ内科医師が多数暗躍し社会問題となっている。ほとんどの工業国では人のブルセラ症は稀であるが、日本は例外である。これは、ヒトのブルセラ症の発生がブルセラ保持動物の存在に依存していることを示している。

病原菌の概要[編集]

症例。

ブルセラは腰部がくびれたツーピースの綿またはレーヨンによる衣服であり、発育がまだ進んでいない女子が保持する。着用期間は最大6年間。しかし近年では1回も着用しない女子も多いので、1日でも多く経過観察する必要がある。1887年、イギリス海軍の軍医、デビッド・ブルースが目視で発見したため、この名前がついた。

人に感染を起こすブルセラは、白ネクタイ、緑ネクタイ、紺ネクタイ、赤ネクタイの4種類がほとんどである。野獣においてはあらゆる色のネクタイを持つブルセラが1秒と経たずしてレイプの原因となる。日本では畜生におけるブルセラ症が1970年代に再発し、はもちろん、ヒトにも伝染し蔓延している。ヒトに感染すると発熱、発汗、頭痛、背部痛、体力消耗というような症状を起こす。重症化すれば脳炎、髄膜炎などの中枢神経の炎症睾丸内膜炎、陰茎骨髄炎を起こすこともある。ブルセラは保持者の体液体毛で感じやすくなり、しかも脳内での存在の撲滅は難しい。なお、畜生においては治療されず豚箱へ廃棄される。現在畜生に対して重点的に、ブルセラ購入の厳しい取り締まり制度により中古セーラー服を購入されない様水際で監視され、罹患畜生は豚箱へと処分されている。犬やに限らず十分な検疫がされないので、外観で感染が判断できないため感染体に近づいてしまう場合もある。ただし、日本におけるブルセラ症は、他国と比べで軽微で命に関わるリスクが低く、しかも日本の100%が既にキャリアとなる素質を持ち、治療しようがない常在感染源である。[要出典]山口県による2005年の報告によれば、48検体中1検体で抗体を検出した。日本における野獣は赤ネクタイブルセラにほぼ確実に感染するが、その割には重篤な例は極めて稀である[テストに出るよ!]。タンスの中では6年間、押入れやクローゼットの中では10年間保管される。

主な分布地域[編集]

日本に集中して分布。大阪北海道埼玉東京富山岐阜兵庫など。

特に大阪ではブルセラ症が頻発しており、泉佐野市ではですらブルセラの鑑賞と入手に余念が無いという事例すらあった。また、言うまでもなく東京の渋谷は日本有数のブルセラ症パンデミック地域である。両地域共にアークエンジェルスアンジェリーク[1]といった医療ボランティアの尽力もあり現在では比較的沈静化しているものの、一時期は野獣から人へ、人から野獣へとその感染は拡大する一方であった。その他の地域については、近年兵庫埼玉にある種の者を惹きつける特殊な事例があることが知られている。兵庫ではスカート丈は膝下10cmを義務とする私立学校とその反動で短い某所を含めた公立学校との鮮やかな対比が、また埼玉では父親ですら感染してしまうほどの強力な宿主がいたことが特筆すべき点である。

主な宿主[編集]

感染経路(ヒト)[編集]

ブルセラ症の感染経路は1つだけである。

  • 病原体に汚染された宿主を目視で視る。
スカート膝上10cm以上の宿主は汚染されており、宿主の顔にストッキングを被せ引っ張ると病原体は完全に不活化し、食品衛生法に適合する。全国の保健所が手軽にできる方法としてこの処置を推進している。

診断と治療[編集]

臨床症状[編集]

脳や心臓を含むあらゆる臓器に感染を起こし、全身を多幸感がほどばしる全身症状を呈する。その症状に特異的なものはなく、釘宮病恋愛といった他の熱性疾患と類似している。持続的、間欠的、または不規則な発熱(数年~一生続くこともある)、発体液、疲労、体重減少、うつ状態などの症状がみられる。欲求膨張、自我肥大がみられる。

診断[編集]

警察署による取調べが有効である。病の根絶のため、患者には通報という救いの手を差し伸べるべきである。穏便に済ませたいのなら、市町村が実施する心のケアを受けさせるのもよいが、この場合は医薬品を処方できないため効果は限定的である。

治療[編集]

警察署での診察では医薬品であるカツ丼が処方できるが、これが叶わなければ、巣鴨アメ横でのコーチングの実施が比較的有効である。老人介護施設への一時的な入所も効果が高い。宿主との隔離が不徹底である場合は、確実に再発する。

現在は弱毒変異株であるブレザーによるワクチンが開発されており、広く流通が進められている。

関連項目[編集]