オートボルタ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索


オートボルタ
Auto Volta S.A.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 オートボルタ/SAV
本社所在地 ブルキナファソ
ワガドゥグー
設立 1959年
業種 輸送用機器
事業内容 自動車製造
主要株主 ブルキナファソ政府100%

オートボルタとは、ブルキナファソに存在している自動車メーカー。電気自動車に特化していた。

概要[編集]

オートボルタは、アフリカで数少ない、そしてブルキナファソでは唯一の自動車メーカーである。当時まだ先進国の自動車メーカーも大量生産していなかった電気自動車を主力にすることで、世界の自動車市場で戦おうとしたが、技術的、政治的な問題から計画は頓挫し、当社は企業としてはほぼ消滅。現在に至るまで当社は電気自動車を含む自動車の大量生産は行っていない。


歴史[編集]

オートボルタが立地するブルキナファソを含む一帯は、かつてフランス植民地フランス領西アフリカ」であり、そのうちの現在のブルキナファソの領域は、フランスの自動車メーカーである「ルノー」に、車両試験場としてフランス政府から払い下げられた。ルノーは、乾燥し切ったサハラ砂漠から熱帯雨林まで、過酷な条件が揃ったこの地で車両のあらゆるテストを行い、その品質向上に大いに役立てた。

しかし第二次世界大戦後、世界的に植民地独立の機運が高まるなか、「社有植民地」の保持に対する批判が巻き起こることを懸念したルノーは、ブルキナファソの保有継続を断念しフランス政府に返上、そしてフランス政府もブルキナファソ植民地の維持を断念し、1960年にブルキナファソは独立した。

フランスの影響・庇護から離れ、自分自身で国家を維持する必要に迫られたブルキナファソ政府は、かつてルノーの車両試験場であったという経歴も手伝い、基幹産業に自動車産業を据えることに決めたが、ノウハウに勝る先進自動車メーカーと同じことをやっても太刀打ちできないのは明白であった。そのため、先進自動車メーカーも本格的に製造しておらずノウハウもあまり蓄積していない「電気自動車」を主力とすることを決め、現在の電池の元となるものを作ったアレッサンドロ・ボルタにあやかり、「オートボルタ」という社名を名乗る国営自動車メーカーを立ち上げたのである。

しかし、オートボルタの歩む道のりは、つらく険しいものとなった。ブルキナファソは、ルノーの車両試験場であったとはいえ、当然ながら自動車そのものを製造したことはなく、手探り状態で自動車製造を一から始めなければならなかった。既存の車両の分解研究や、ルノーの試験に立ち会ったことがある数少ないブルキナファソ人エンジニアから意見を聞くなどし、地道に知識を深めていったが、そうしている間にも、先進自動車メーカーは次々と新たな車種を発表し続けており、昨日知った最新知識は今日には陳腐化している、まさに日進月歩の激烈な競争に相対せねばならなかった。また、オイルショック以前の当時、ガソリン価格は非常に安く、自動車の燃費を気にする人はほとんどおらず、電気自動車のメリットはガソリン車・ディーゼル車に比べてないに等しい物であった。それに、当時の電気自動車といえば、鉛蓄電池を利用したものであるため、バッテリーは重く、容積を取り、電力変換効率も悪く、「シティコミューター」としての使用すら躊躇われる代物であった。

そのような苦難を乗り越えながら、オートボルタは、何とか初の市販車を世に送り出した。とはいってもこの市販車は先進国の一般大衆ですら手が届かないような高額となっており(一説によると当時の金額で500万ドル){要出典}、それよりも圧倒的に貧しいブルキナファソ住民にとってはこの車両を購入することなどほぼ不可能であった。結果、数両が政府機関に納入されただけで、この車両は商業的に完全な失敗となった。オートボルタの技術陣は、悲しみに打ちひしがれながらも、なんかと心機一転、次の車両の開発に進もうとするが、ここでさらに悲劇が襲った。国営企業であるオートボルタの赤字をはじめ、政府の財政・経済政策に不満を持った民衆が暴動を起こし、やがてそれを後ろ盾にした一部の軍部がクーデターを決行したのである。クーデターそのものは失敗したが、反乱軍は国境地帯に逃亡。政府軍も他国からの支援を受けた反乱軍を壊滅させることができず、ブルキナファソは泥沼の内戦に突入した。

この過程で、オートボルタの工場および政府に納品した車両は反政府側の格好の標的となり、両者とも、内戦初期に反政府軍およびそれを支持する大衆により徹底的に破壊された。

オートボルタはこの時に事実上消滅し、内戦が終了した後、かつての在籍エンジニアがオートボルタの社名を復活させたが、数年に一度「新型」を称するペーパーモデルを発表するのみであり、現在に至るまで、実際に製造された車両は確認されていない。

年表[編集]

  • 19世紀末 - ブルキナファソ、フランスの植民地となる
  • 1930年 - ブルキナファソ、自動車メーカーであるルノーの車両試験場となり、フランス領西アフリカから分離される
  • 1956年 - スエズ動乱の余波を受け、ルノーが車両試験場を閉鎖
  • 1959年 - 翌年の独立に備え、独立後の中心企業とするべく、オートボルタが設立される
  • 1960年 - ブルキナファソ独立
  • 1965年 - オートボルタ初の(そして2015年現在では唯一の)市販車両を発売(この車両の固有名・形式名などは伝わっていない)
  • 1965年 - ブルキナファソ内戦勃発。これにより、オートボルタの生産施設及び車両等は徹底的に破壊される
  • 1980年 - ブルキナファソ内戦終結
  • 1988年 - デトロイトモーターショーにオートボルタの社員を名乗る男が出現し、報道関係者に「新型車両」の概要を記した紙を配布する
  • 1993年 - ブルキナファソの新聞に、オートボルタの社名で、エンジニアを募集する広告が掲載される
  • 1999年 - ブルキナファソの男性が、オートボルタの関係者を名乗る男に出資を持ちかけられる詐欺未遂に遭う
  • 2006年 - インターネット上にオートボルタの公式サイトを名乗るサイトが出現、しかし約一年後にアクセス不能となり、2015年現在も繋がらない









なお、オートボルタが所在する国家であるブルキナファソの基礎情報ページがアンサイクロへディア上に存在しないようなので、ブルキナファソの基本情報を以下に記述しておく。


ブルキナファソ
Burkina Faso
125px [[File:100px|100px]]
(国旗) (国章)
国の標語 : Unité, Progrès, Justice
(フランス語: 統一、進歩、正義)
ブルキナファソの位置
公用語 フランス語
首都 ワガドゥグー
最大の都市 ワガドゥグー
指導者 不明
大統領
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第72位
274,200平方km
0.1%
人口
 - 総計(2012年
 - 人口密度
世界第位
17,500,000人
世界第xx位
50人/平方km
政府 不明
国民的な英雄 不明
独立 1960年8月5日
通貨 CFAフラン (XOF)
時間帯 UTC +0 (DST: なし)
国歌 ある一夜
宗教 不明
国際電話番号 226

ブルキナファソとは、アフリカに存在している国。


0目次[非表示]0
01 概要
02 歴史
03 政治
04 経済



概要
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブルキナファソ」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「ブルキナファソ」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「ブルキナファソ」の項目を執筆しています。

ボルタ川上流に位置する内陸国。かつてはフランス領西アフリカを形成する一部であったが、1960年に独立した。


歴史
  • 19世紀末 - フランスの植民地となる
  • 1930年 - 自動車メーカーであるルノーの車両試験場となり、フランス領西アフリカから分離される
  • 1956年 - スエズ動乱の余波を受け、ルノーが車両試験場を閉鎖
  • 1960年 - 独立
  • 1966年 - 内戦勃発
  • 1980年 - 内戦終結


政治

国民の直接選挙により選出される大統領が行政の長及び国家元首を務める。議会は一院制で、すべて比例代表によって選出される。


経済

既述の通り、元々は領域全てがルノーの車両試験場であったため、自動車関連産業(自動車修理業や部品の製造工場など)が育ちつつあったが、1966年に勃発した内戦によってそれらは甚大な被害を受けた。現在は、トウモロコシなどの農産物や、いくばくかの鉱物資源の輸出、そして近隣国への出稼ぎによって支えられている。

 ブルキナファソをはじめ、マリ、セネガル、等、西アフリカ諸国にはユニークな経済が存在する。 そのひとつは、モデル業が大変盛んな事である。黒人以外の旅行者が街並みの写真を撮ったとする。そして、一人のブルキナファソ人が映り込んでしまうと、ウサイン・ボルトも真っ青なスピードで飛んできて「マニ」! 酷いと500セーファーフランぐらい持っていかれる。  とにかく写真撮影は、要注意である。また金銭的な意味ではなく、警察署が入って撮してしまうと、しょっぴかれる。日本とは違った撮影旅行ができる。もし貴方の趣味が写真だとしたら、別の意味でエクストリーム・スポーツ撮影である。  また、街を歩いていると、子供が「カド-」と、ブルキナファソの経済発展協力を求めてくる。どの子供も、どの子供も、こうだから、旅行者としては忍耐力の訓練になる。  珍しいのが、デート援助である。女の子が手をつないで歩いてくれる。街なかを一緒に散歩するだけでおしまいである。報酬はあめ玉1個ぐらいが相場。100セーファーフランぐらいでもいいかもしれないが、おまり金を配るとスレてしまうので、お金は渡さないほうが良い。

 あと、ワーガドグーを出ると、ほとんど何もない。平地にブッシュが少しだけ。これが延々と続く。トイレ休憩を思って、車を止めてもらうと、5分もしないうちに、子供が駆けつけて来て、 ピーナッツなどの農産物を買え、と言ってくる(本気で、どこで見てたんだろうか? と思うくらいである)500セーファーフラン渡すと、山のようなピーナッツをくれる。農村では売るあてが無いのだ。もう少し値切ればよかった。そんなことを思いつつ、車はマリ国境に向かった。



この項目「ブルキナファソ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)