ブリスベン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブリスベン」の項目を執筆しています。

ブリスベン(英:Brisbane)はゲイに寛容とされるオーストラリアにあって例外とされるクインズランド州の州都である。

白豪主義を色濃く残すオーストラリアの極右政党であるワン・ネイションの創設者・ポーリン・ハンソンの出身地でもある。正式な発音はブリズベインである。

実はオーストラリア最大の都市[編集]

公式ではブリズベンは人口200万人で400万人代の人口を抱えるシドニーメルボルンに次ぎ三番目の大都市とされるが、それは都市圏人口の統計によるもので実質上のオーストラリアの最大の都市は人口約100万のブリスベン市だという事はオーストラリアでも、あまり知られていない。

実際のシドニー市やメルボルン市の人口は10万にも満たない。にも拘らず世界的にオーストラリアの都市で思い浮かべるのはシドニーかメルボルン、あるいは世界で最も美しいとされるパースくらいしか思い浮かばれず、近隣の光り輝く保養地ゴールドコーストのように注目される事はなく、オーストラリア最大の人口を要する市なのに最も地味という皮肉な結果となってしまった。

極右保守派の牙城[編集]

そのためか開放的なオーストラリアにあって例外的な保守的な土地柄であり、冒頭でも述べた通り極右政党ワン・ネイションの牙城である。オーストラリアでは同じく保守的でゲイをタブー視する気風の強いアメリカ深南部(ディープ・サウス)にあやかりディープ・ノースと揶揄される。

しかしそのディープ・サウスの中心都市であるアトランタは例外的にゲイ容認の向きがあるがブリスベンはその向きすらない。そんな意味ではクインズランドの人種差別の強さはアメリカ南部の上を行ってると言う事も誠しやかに囁かれる。このように保守的で排他的な面を持つブリスベンは日本で言えば関東と関西に挟まれた名古屋に似てるとも言えなくない。オーストラリアはゲイの聖地と認識する世界の人々は多いがクインズランドは例外とみるべきである。

密かに首都の座を狙う[編集]

性倒錯を一切認めず白豪主義色の強いクインズランド州は自分達こそマトモなオーストラリア人だと自負し、ゲイを容認しアジア系移民を積極的に受け入れるオーストラリアの政策に反対の立場をとっている。また疎遠なアメリカから見てブリスベンは最も近い事やシドニーやアデレード、メルボルンからいずれも2時間圏内に位置する事から密かに首都の座を狙ってる情勢も見られる。

シドニーとメルボルンの首都争奪戦の妥協で選ばれたキャンベラはあまりに小さく、航空機が主流の現在において不便な位置にある事からその実現も夢ではなくなっている。オーストラリアは全体的に反米的な土地柄なのにクインズランドは逆に親米的だという噂もあるが、それは首都機能移転計画にアメリカを担ぎ出そうという魂胆があるからだと言われている。

アンチゲイでシドニーとメルボルンの仲を取り持つ[編集]

ブリスベンを始めとするクインズランド州の住民は、ゲイもアジア系海外移民も積極的に受け入れるシドニーとメルボルンをオーストラリアのソドムとゴモラと称し、いずれ衰滅の運命にあると見て蔑む傾向にあるが、その比喩表現はシドニーとメルボルンの人々の怒りを買い反発する結果となり、皮肉にもこの事は長年険悪なライバル関係だったシドニーとメルボルンの仲を好転させ手を携える仲にさせてしまった。

関連項目[編集]


この項目「ブリスベン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)