ブラウン管

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ブラウン管(ブラウンくだ)は、ドイツマックス・ブラウンが発明した毛状の物質を取り込む極細の管を指す、日本語における通称である。ごく初期は数センチほどの長さの管だったが、現在では技術の進歩により0.1ミリ以下の長さとなっており、管というよりは穴として認識される。また、その用途から多数の管を配置する必要があり、薄い金属板にブラウン管加工を施したものが市場に多く出回っている。

体毛における美容目的の各種処理を行うための前処理として体毛を単体、もしくは少数の束に分けるためにブラウン管を使用することが一般的で、その後は剃毛処理にかけられることが多い。

ブラウンによる発明は極細の管自体の発明でもあり、極細の管のまとまりを総称してブラウン管と言うこともあり、逆にブラウン管を使用しない剃毛器具をKMSR(KMSR Meens Shaving Razor)と言ったりする。しかし、たとえばシックプロテクターも極細の管の一種であるが、ブラウン管の一種にはまず含めない。

概要[編集]

ブラウンによる髭剃りをはじめとして、歯ブラシ(歯ブラシの毛のまとまりはブラウン管により実現される)、スピーカ(CDラジカセのスピーカの穴はブラウン管技術を応用している)、マルチクイックハンドブレンダーなどの調理器具(ポテトマッシャーの穴もブラウン管である)など、多く用いられてきた。

また、街頭お試しキャンペーンの代名詞のように扱われることもあり、たとえばテレビの街頭お試しキャンペーン風CMなどを指して「ブラウンモーニングリポート!」といったような使われ方をすることもある。「ブラウン管のスター」という言葉はアゴだけ格好いい役者を表す。手専門の役者を指す「手タレ」と対置されよう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブラウン管」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブラウン_(企業)」の項目を執筆しています。