ブックオフ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
一般的な店舗。※直視すると洗脳されてしまう箇所があるため、一部モザイク処理をしております。

ブックオフ(英:BOOK OFF)は、を定価より安く大量に売ることによって、日本の出版業界に壊滅的なダメージを与えることを目的に結成された組織古本屋新古書店)である。現在、出版物の流通に関する盲点を突き、出版社や書店にかなりの打撃を与えることに成功している。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブックオフコーポレーション」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新古書店」の項目を執筆しています。

古本を客から買い取って、だいたい定価の6割ぐらいの値段で販売する手法は他の古本屋とあまり変わらない。ただし、店内での立ち読みが自由なのと、「本の買い取り価格がバカみたいに安い点」が他と異なる。

店内では「本を売るなら~ブックオフ~」というCMや、社長の実の弟である清水國明によるブックオフの勧めの言葉が盛んに流される。これはに居る客を「ブックオフなら本を定価の6割で買えるのに、わざわざ普通の書店に行って定価で買う奴はバカだ。」という考え方に洗脳するものであり、長時間店内に(立ち読み等で)居れば居るほど洗脳されやすくなるので、洗脳されたくなければ長居は禁物だ。ここアンサイクロペディアに来ている人にも、既に洗脳されてしまった人は多いと思う。

そのため、実際はブックオフ以外の新古書店に本を売ったのに、「ブックオフで売った」という発言が横行している。こう言われたら、「本当は古本市場とかじゃないのか?」と突っ込んで、洗脳を解いてやろう。

目的[編集]

出版社や作者の本意に反して流通してしまう本は数知れない(例:らき☆すた第1巻)

ブックオフの結成の目的は、日本の因循姑息な出版業界に大きな打撃を与えることにあった。書籍CDの類には、独占禁止法の例外として定価を定めることが認められている。これによって出版・CD業界は「作者の印税を確保でき、質の良い作品を提供できる」と主張してきたが、実際には本やCDの作者よりも彼ら業界の利権維持に属する面が大きく、出版に関するコスト低減の努力が怠られるなど、事実上は消費者の不利益となっていた。

なおアメリカ合衆国にはこのような制度はなく、本は値引き競争に晒されている。それでもアメリカの出版業界が壊滅したという話はないから、出版社やCD供給会社の言い分がいかに詭弁か分かるものである。

そのためブックオフは、出版社が動かないなら自分たちが動き、ギャフンといわせてやろうと思い立って行動を開始したのである。

システム[編集]

Shinko shoten.gif

ブックオフが開発した業界の盲点を突くシステムは、以下のようなものであった。

通常、新書店において販売される本の原価は定価の80%であり、1冊新本が売れれば定価の80%(定価600円なら480円)が出版社に渡ることになる。

しかし、本のユーザーが本を新書店ではなくブックオフで買うことにより、新書店にて定価で売れるはずだった新本が一冊売れなくなってしまう。しかも、ブックオフで古本が売れても、全てブックオフの利益になり、出版社側にはお金が一切行かない。

例えば、定価600円の本を客から50円で買い取り(※通常、これが買い取り最高価格)、古本として350円で販売した場合、ブックオフには販売価格から仕入れ値を引いて300円の粗利が発生するが、古本には出版社への還元制度がないので、出版社にはお金が一切発生しないのである。

今後、ブックオフの利用が進めば、ますます出版業界に打撃を与えられることになり、ブックオフの思惑通りになる。

Tカード[編集]

ブックオフをはじめTSUTAYAファミリーマートなどで導入されているカード。これらの店で100円分の商品を買うごとに1ポイント加算され、次回購入する際に1ポイントにつき1円の割引をしてもらえる制度。このカードで買い物をすると、なんとなく得した気分になり、「またこの店に来よう」という気にさせる。

しかし、落ち着いて考えてみよう。たった1%の還元だ(更に端数は切り捨てられる。例えば390円分の買い物をしても3ポイントしか付かない)。1000円分買って、ようやく10円割引されるのだ。さらに10万円分も買い物しても、たったの1000円しか割引されない。はっきり言って二束三文だ。(ちなみに、10万円買い物すると消費税は5000円かかる。1ooo円の割引なんて消費税以下で、本当に二束三文である。)このカードは、客を頻繁に店に来させるための策略なのだから、騙されないようにしよう!

因みにこのTポイントを貯める上で筆者がお勧めしたいのは、大手カラオケボックスシダックスである。仮に5人でカラオケに行って会計が4000円だったとしよう。この場合順当に割り勘したのならば、1人の支払い分は800円となる。そして会計時に自らのTカードを召還するのだ。すると自らの支払い分は800円なのにも関わらず、40ポイントという高ポイントが得られ、ずっと俺のターンとなるのだ(これはあくまで一例である)。これなら、いくら男だけでハレ晴レユカイをダンス付きで唄おうが、Sound Horizonの曲を台詞入りで唄おうが、何の問題も無い。皆もTポイントを貯めるときは、シダックスを有効的に利用しよう!! 

なお、この記事のお陰で騙される人は少なかったためか、Tポイントの加算は終了することになった。

背後に中国が関与?[編集]

実はブックオフの背後には、自国のアニメ漫画産業を振興させたい中国政府が関与しているという調査結果がソース不明で流れている

90年代前半以降、中国ではアニメーション製作や漫画産業が少しづつ盛んになってきており、日本に輸出したり、アニメを中国国内のプロパガンダに利用する上で重要な存在になってきている。しかし、まだまだ日本のアニメ・漫画には質の面で及ばないため、若干苦戦している部分もある。そこで、この組織を利用し、日本の出版業界に打撃を与え、日本のアニメ・漫画産業に大きく打撃を与え、目の上のたんこぶを排除することができれば、自国の漫画アニメ産業がより盛んになる。このような考え方に基づき、中国政府は極秘にブックオフに多額の資金を提供している。…これが調査結果から導かれる真実だ。信じるかどうかは自由だが[1]

それともあれですか、「出版業界が新古書店を潰したいために流したデマではないか」と疑うあなたは、アンサイクロペディア暗黙の了解に適応できない、「出典元が明記されてないと信用できない」というウィキペディア自称専門家ですか?

日本出版界の逆襲[編集]

このように、中国の陰謀により着々と勢力を拡大してきたブックオフだったが、日本出版界も当然ながら手をこまねいているだけではなかった。2009年5月13日、日本出版界において大きな利権を持つ大日本印刷が大株主二社からブックオフの株式を買い上げ、小学館講談社集英社の三大出版社に分け与えたのである。

しかし、この対抗策は不発に終わる可能性が高い。中国はこのような敵対的買収を想定し、敢えてブックオフを東京証券取引所に上場させていたのである。 上場企業の条件として、一定基準以上の大株主が存在してはならないというのがあるが、その点を逆手に取り、息の掛かった小口株主たちに株を買い取らせていたのである。もちろん、この事実を信じるか信じないかはあなた次第である。

結局、大手出版社各社が保有できたのは4.3パーセント弱であり、三社合わせてもブックオフに対する発言力を確保できなかったのである。

注釈[編集]

  1. ^ なお、以上の事はアンサイクロペディアが世界800の都市に派遣している特派員のうちの1人が、信頼できる情報筋から入手した正確な情報であるという。詳細を記すと抹殺されてしまうことから詳しく書くことは出来ないが、疑う者は検閲により削除される。

関連項目[編集]

Uporg659371.jpg 株式会社ブックオフは資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)