ブス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ブス(ぶす、BU/SU、Bacterial Unit / Supreme Unsightly)とは、デブと共に国際法上その使用が禁止されている生物兵器である。ちなみに、タイで「きれい」と言うと「ブス」と聞こえる。

歴史[編集]

世界で初めてブスの被害を受けたのは、日本の太郎冠者次郎冠者とされているが、これは本稿で述べられているブスではなく、別の附子(ぶす、トリカブトの事か?)である。

しかしながら、彼等は極度の麻薬(砂糖)中毒であったとされ、これらの被害も狂言妄想の可能性が高い。

概要[編集]

ブスに該当するか否かには一定の基準があるものの、突然変異体や亜種が数多く存在するため、形状だけでブスかどうかの判断をするのは容易ではない。

ブスと思っていても実際はそうでなかったり、ブスでないと思っていたら実はブスであったりと、被害を受けるまでその判断が難しい。判断の妨げとして第一に挙げられるのは、化粧である。

その被害は甚大で、角膜を破壊し、網膜を壊死させ、視神経を切断し、障害を起こす可能性がある。

ブス拡散防止条約[編集]

ブスの使用は勿論、輸出入も全面的に禁止されている。しかしながら、上記のように使用されて初めてブスと認定されるケースがあるため、ブスの生産・所持を全て禁止するのは事実上不可能である。

ブス不拡散[編集]

の5ヶ国を「ブス保有国」と定め、ブス保有国以外へのブスの拡散を防止。

ブス軍縮[編集]

締約国による不誠実にブス軍縮交渉に励む義務を規定しる。

非ブス三原則[編集]

ブスの悲劇を二度と起こさない為に佐藤栄作は世界に先駆けて「ブスを持たず、作らず、持ち込ませず」の非ブス三原則を制定した。これが評価され栄作はノーベル平和賞を受賞した。

栄作が手本にしたのは、オーストリー帝国の女帝で、「たとえ我が子であっても、存在その物がおぞましき大罪です!」と公言したほどの重度のブス嫌いで有名なマリア・テレジアが、類稀なブスであった(実質的な)第一子長女のマリア・アンナの皇族位を剥奪して強制的に出家させたうえ、ウィーンから離れた修道院に追放・幽閉するクーデターを成功させた際に出した勅命「ブスを持たず(※国民は自分の娘がブスの場合、一族から追い出すか幽閉・殺害しなければならない)、作らず(※国民は全てのブスに断種手術を施さなければならない)、持ち込ませず(※国民は全てのブスの交友・外出・結婚・恋愛並びに性行為・妊娠・出産を厳禁しなければならない)」だと言われているが、真偽は定かではない。

ブスの種類[編集]

いくつかのブスの種類を解説する。なお、殆どの場合ブスは顔面に起因するが、それをあまり指摘すると、FBI(FBI - Federal BUSAIKU of Investigation)の捜査官を派遣され、抹殺されるかも知れないので、ここでは程々にしておく。

天然ブス
生まれながらのブスである。主に顔面に問題が発生しているが、体格の問題もしばしば併せ持つため、人工美人への改造を施術すると投資額がバカにならない。もっとも顔面の問題が軽症であれば化粧で多少は誤魔化すことは可能で、顔面の筋肉(表情筋など)だって発達させることが可能なため望みは捨ててはならない。この種類のブスはその容貌に対する同情から、周囲の人々によって保護されることも多い。たとえば(それが大役であっても)学芸会における魔女役などを押し付けられることは絶対にない。概ね「森の木A」や「道端の草C」、「少女A(歌じゃないほう)」、「妖精A」など、無難なモブキャラをスポーツが出来ないほうから数えて上位5名くらいまでの男の子とともに一任される。このように、危険なポジションを容易く回避できる生来の能力があるにも関わらず、幼少期には保護者である両親がその利点を理解せず、「うちの××ちゃんがお姫様役じゃないなんておかしいのよ!ムキー!」と、宇宙の晒し者にすることを望むケースが多い。[1]“8歳だヨ!全員白雪姫”“俺たち桃太郎族”に代表されるB級舞台劇が全国で上演されるようになったのは、こうしたブスのメリットを理解しない親が増えたことが原因である。
性格ブス
容姿の問題でなく、DQN親に育てられたなどしたため人格形成にエラーが起きたブス。容姿以上に曖昧かつ客観的な評価に依存する要素があるブス能力であり、ブス不拡散条約などによる一定基準での国際的取り締まりが困難である。性格ブスは、集団の中でハブられるまで当人には自覚できないことが多く、気づいた時点では全てを失っている。しかし、気づくまでの間はえてして性格ブス能力によって人生の栄華を極めることができる。栄華を極めている間に各方面からの反感を蓄積してしまうことは、性格ブスの自覚しにくさの原因となる。そして一定以上に反感が蓄積された時点では、既に後戻りは困難となっているのである。性格ブスは、美人能力を持つ者も併発しうるブス能力であるため、あらゆる人が注意するべきである。モテるモテない以前に友達すらいなくなるため最も恐ろしいブスである。売り出し方やキャラ付けを間違え仕事が無くなったアイドルや女優(エリカ様など)はここに属する。逆に性格美人というものがあり、軽症の天然ブスや下記の思い込みブスなら何とかなるが、特になり方なんて無く道徳を正しく理解できれば問題ないだろう。もし心配なら周囲の人間がいるうちに彼らから自分の評価や道徳観を確認してください。
表情ブス
ごく一時的なブスで気にすることは無い。卒業写真や証明写真などでやっちゃうアレだ。睨めっこなどで意図的になることも出来る。何か企んでいたり、思いつめていたり、街ですれ違った人間に対して「私の方が美人」と心の中で勝ち誇った瞬間、昨日見たお笑い番組を思い出したり、薬をキメていたりするとヤバイ表情になるので、さすがにそれは気をつけよう。ちなみにセックスにおけるイキ顔なんてのも大体歪むものであるが誰も気にしない。逆に表情美人というものになることも可能で、アイドルや美少女なんかはこっそり鏡の前で笑顔の練習をしてたりする。会社の受付嬢やチアガールの実績やパフォーマンスを左右する重要ファクターである。天然ブスでも「なにヘラヘラしてんだテメー」といわれない表情を研究することは処世術として間違っちゃいないし、「ブスだけど感じのいい人」と思わせることが出来れば、その先の人生は多少明るくなる。医学的な話をすれば、顔の表情を作るのは表情筋によるものであり、筋肉であるため鍛えることも出来れば年齢による筋肉の衰えも起こる、口角が下がっているなどで常に怒っているように見られるんなら、もはや一時的なブスではなく軽度の天然ブスである。
思い込みブス
地味な人。容姿はブス予備軍であるが、性格ブスの亜種でもある。小中学生のブスの認定基準に「メガネを掛けている」「顔が暗い(≒おとなしい)」「肥っている(ように見える)」があり。それらのうちどれかひとつに該当するだけでブス認定されてしまうケースがある。「コンタクトレンズを掛ける」「メガネっ子萌えの人と付き合う」「性格が変わる」「痩せる」といった年齢とともに変化しうる要素であるため、成人式のとき久しぶりにあったら美人になっていたといったことになる。逆に改善どころか性格ブスや同人ブスやデブスなどを併発し悪化してしまうケースも多々あるためブスの予備軍といえる。他のブス枠の人間をお世辞でここに分類するのはよくない事だが、金に目のくらんだ整形外科医の陰謀で思い込みブスを他の枠のブスに分類することもあるので注意。
また貧乳などを理由に恋愛に消極的になっている女子もここに該当する。貧乳だと思われている女性芸能人(清純派に分類されていることが多い)の服装を参考し垢抜けることが可能で、将来的にモテ側に転じうる。デブスと比較して容易に脱却出来るため重症化は起こしにくいだろう。ただしモテる・モテないを基準とした勝ち負けの二元論で考えれば、負け組(ただの不戦負)である。
整形ブス
整形手術は最も効果的な天然ブスの治療法だと考えられていたが、全く誤った認識である。なぜ訴訟が多い業界であるか考えれば判ることだろう、整形手術の成功率は100%ではないのだ。美人の定義を共有できないために「思っていたのと違う」といったことがよく起こり、術者がピカソのような印象派の場合は目も当てられないことになる。極端な天然ブスの場合、手術で解決できないか出来たとしても高額すぎるといった事態に陥るらしく「何のための整形だよ」ということである。軽度の天然ブスは髪型や化粧で改善可能であり、特に日本国ではそっちの技術が非常に発達したため、整形手術はあまり発達しておらずまた必要とされない。たとえ整形手術に成功しても、効力が数年しか続かず定期的に再手術が必要、一生を改造人間として送ることになるのだ。再手術を怠れば元の顔より不細工になるというのだから怖ろしい。
同人ブス
ヲタクの形質と他のブス能力を併せ持つ者である。ただし、その世界での扱いはある種の美人ともいえるため、現在、数少ない非ブス三原則逃れの方法でもある。[2]思春期を過ぎた頃に男性向けジャンルのコスプレ同人誌を描くことに目覚め、ビニ本の叩き売りとコスプレ大会が同時に行われる有明のパーティ等に出没するようになる。同人の世界では、裳男を相手に平常時の生活とは対極のポジション(大モテ)になりやすく、これが原因で「私は完全無欠の可愛いオンナ」という壮絶な勘違いをしてしまう。極端に男女比が偏った集団の紅一点であることが、容姿と性格を差し置いて異常な状況を生みだしているだけだが、当人は気づくことができない。[3]どのみち、モテる・モテないを基準とした勝ち負けの二元論で考えれば勝ち組であるから、当人は多分それでいいのだろう。またキモオタが完全に二次元の世界に迷い込んでしまわないための最後の手段として効果はあるので、メイド喫茶や性風俗店の次くらいに社会に貢献している。毛嫌いしている人間は大概同類の同人ブスが自身の1人勝ち状態の終焉を危惧しての妨害活動であるので、気にすることも無いし、むやみに同調するべきでもないだろう。
音楽ブス
上記の同人ブスに似た性格を持つが、れっきとしたリア充である。中二病の発症により「音楽はじめたらモテるに違いない」という根拠不明の妄想に駆られ、実際にそれを実行してしまったブス。しかし周りも「モテたいから音楽を始めた」な同類だらけなので、恋人募集が実行しやすく、軽症の天然ブスであれば長く続くかどうかは別として恋人がとっかえひっかえに作れる可能性は生じる。スウィングガールズのだめカンターピレけいおんなどの音楽を題材にしたアニメやドラマや映画などがヒットするなど音楽にはある種の魔力があるのは事実である。ただバンドの紅一点ってだけでやたらチヤホヤされたりしている状況に陥ると、いよいよ同人ブスに近い性格になる。特徴としては垢抜けているが妙な服装・髪型・言動だったり、良くも悪くも芸術家志向で一歩間違えれば不良っぽくも見られるため、モテたとしても同類からが多い。モテる・モテないを基準とした勝ち負けの二元論で考えれば勝ち組(決まり手は押し切り)。まあ美人ブスに関わらず「歌がうまい」とか一芸に秀でていることは良いことであろう。
デブス
ブス能力に加え、デブという能力まで併せ持つ高次のブスである。これは生来の能力ではなく、成長過程における身の丈に合わない暴飲暴食によってパワーを貯めることで得られる形質である。かつては、スポーツ評論家・元プロレスラーのキン肉スグル氏が現役時代に「大切なのは、自分にみあったパワーをトレーニングで少しずつ養っていくことなんだ!」暴飲暴食のルーズソックス女子高生を対象に苦言を呈したこともあった。しかし、こうした警鐘を意に介することなく、デブスは必要以上のパワー獲得に日々邁進している。なおかつ、口先では「スリムになりたい」「ダイエットしなくちゃ」と述べており、ツンデレの形質まで垣間見える。
また、元々デブ形質を持ちにくいブスがメンヘ禁則事項ですメルヘン乙女になって、ある魔法のクスリ魔法使いから与えられることでデブスになることもあるという。――そのクスリの名、デブス。文字通りであった。[4]
ブス・デブを併発している者の中には、さらに性格ブスも加えた三重苦の能力を持つブスもあり、この場合絶対的な嫌われ者として君臨することが出来る。
ブサイク
天然ブスの同義語であり、即ち言い換えである。この場合、主に顔面の問題を指す。言い換えじゃ…なんの解決にもならないんです。でも、でも…ですよ?…ブチャイクと呼ぶと語感がちょっと可愛くなるから、あのぉ…あたし…、なりませんか?…そのぉ、あのぉ、ごにょごにょ…。
ブサイクロペディアン
あたしですごめんなさい。
デブサイク
最上級(美的観点から言えば、最下層)のデブスを指す。これは言いかえではなく、デブスを超越した存在である。TVに出せば即座にNice boat.、出版物に写真を載せれば即時回収と、表に出ることが罪という領域に達している。国際法にて、ブス保有国間であっても渡航が厳しく規制されている。人権派弁護士さえも弁護を躊躇する存在であり、日本国内における裁判で被告となった場合、殆どのケースにおいて国選弁護人が付けられる。ムキーッ!!!!!!
ドブス
首都大学東京のとあるシステムデザイン学部の学生いわく、「今日の日本においては、ドブスが絶滅の危機に瀕している」とされている。そのため、一般女性を捕獲し観察。最終的には写真集を出版する予定だ。


麦になれ
ブスたちは麦になれ。ブスの間耐え忍んで、踏まれても踏まれても強く真っ直ぐに伸びる麦になれ。

ブスプロレタリアート階級の成立[編集]

昔の少女マンガや子供向けアニメなどでよく、貧乏だけど美しく気立てのよい少女がお金持ちに見初められて幸せになる[5]お話が語られていた。しかし現在においてはそのような存在は都市伝説となっており、女性はすべて「金持ちで美人で性格がよい」か「貧乏でブスで性格も悪い」かに二極化する傾向がある。

これはダーウィンの選択淘汰説で説明可能である。

カネがある男は美人のをもらって美人のを産ませる。するとその娘は当然に金持ちで美人の娘となり、他人をうらやんだりひがんだりすることもないため、まっすぐ育ち性格も良くなる。逆に、ブスは貧乏なDQNに嫁いで(場合によっては嫁ぐまでもなく未婚のまま孕んで)貧乏でブスな娘を産み、その娘は他人をひがむ生活を続けているうちに性格が歪む。

これを何代か繰り返すことによって、さらに階級が固定化されていく。現代日本における最も深刻な階級格差である。

またもし仮に、人に言えないような事をしてブスプロレタリアート階級から成り上がった成金政治家がいたとしよう。その娘は親の人を見下したり世の中をバカにする部分を見て育ち、日頃から悪魔のような表情をしているために容姿もブスに固定されてゆく。だが、いつかは悪事や失言がエクストリーム謝罪に発展し、無一文で放り出され、結果「貧乏でブスで性格も悪い」人間に落ち着く。

女性誌の人気読者モデル(美人)は野菜ソムリエなどのスイーツ(笑)受けしそうな資格を持ち、無農薬とか金のかかる健康食品を使った正気の沙汰じゃない自炊によって健康管理して、ブスとの差をより一層広げている。誌面で着ている「普段着」ですら価格も品質もセレブ仕様であり、この点でもユニクロしまむら以外の服を着ることができないブスプロレタリアートは太刀打ちできない。

庶民とセレブで使っている化粧が違うのは平安時代の史料などからも証明されており、この階級格差は少なくとも千年以上前から続いているという説もある。

ブスの例[編集]

世間に多数存在するブスでも著名なものを、系統別に列挙する。 絶滅危惧種に分類されるものもあり、今後の保護活動が注目される。

著名とされるブス[編集]

  • 岩長姫 - 妹木花咲也姫との壮絶な争いの末、ニニギにいらないと言われ、浅間山に引き籠った。ブスの神様。一説には山の神。
  • レア - 彼女を溺愛する父親の協力を得て、妹ラケルとの凄惨な争いの末、妹の恋人ヤコブを寝盗ることに成功した。しかしヤコブの子供を沢山産んだにもかかわらず、当然ながらヤコブの憎悪を買いまくりこそすれ、愛情は全く得られなかった。ユダヤ人の先祖。
  • マリア・アンナ - 元祖いらない子。余りにも凄惨過ぎるブス振りに、母親と弟から身ぐるみ剥がれて尼寺へ追放された。超ファザコンの彼女は父親が会員だったフリーメーソンへ残りの財産を熱心に貢ぎまくり、「姉とブスはカルトに堕ち易い」と言う定説のモデルとなった。
  • 森三中 - 3人のうち2人はなんと既婚である。
  • 山田邦子 - ゴールデンタイムで冠番組を持った唯一の女性ピン芸人かつ醜女。最初は皆、山田の事を暖かく見守っていたが、拡張しつづける自己愛に業を煮やした同じ醜女であるナンシー関に蹴散らされ、彼女が全盛を誇った90年代の功罪全てなかったことにされている。

よく見ると可愛い(と思っている人が居るらしい)ブス[編集]

  • 大久保佳代子 - 同上。これまた才媛で、出身は千葉大学
  • 山田花子 - 同上。歌は酷いが声が可愛いことはテレクラを使ったテレビ番組の企画で実証されていたり、小柄だったり美肌だったりもする。ブスキャラとして吉本新喜劇に出てそれが定着していたのに、最近垢抜けたためキャラが曖昧になっている。おそらく上記の二名にはボロ勝ち出来る。
  • 花沢花子 - 同上。「花沢さんと一緒になれば、僕は花沢不動産の社長かぁ~。捨てがたいんだよなぁ~。」とは近所のある少年の発言。[7]だが俺はカオリちゃんより花沢さんのが好きだ!という少数派により保護運動が展開されているらしい。
  • AIKO- 歌が良いというだけで”かわいい”の部類に入れられがちだが、普通に見ればハイヒールのモモコの妹にしか見えない。
  • 川原亜矢子- パリコレに出たというだけで美人売りしているが、顔だけ見たらただのブス。でも、「あなたにはその価値がある」らしい。
  • 三峯徹の描くヒロイン。- 「純真な心を持つ者のみが可愛いと認識出来る」と某国の調査結果が出ている。

形質を変化させるブス[編集]

  • 瓶底メガネのブス - メガネを外して美人または美少女に変身するのはもはや定説である。それを主人公(何の主人公かは知らない)に目撃されるのも定説。その目撃でフラグ(何のフラグかは知らない)が立つのも定説。つまり、全て定説です。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ こうした両親の「うちの娘は世界で一番美しい」(「うちの猫は世界で一番可愛い」相当)という思い込みが暴走した場合、規模によってはブス拡散防止条約に抵触する恐れもある。さらに、非ブス三原則に対しては明白な違反行為である。人権派弁護士文化人等の面倒な人々の意見により、規制法による処罰はこれまで殆ど無かったが、あまりの跳梁にバキューン!!岡山バキューン!!の公安部門が見せしめとして違反の著しい者の逮捕を検討しているとか。
  2. ^ 当然、こうした能力はグレーゾーンで法の抜け目を狙ったものであり、脱ブス容疑でマークされている者も少なくない。「法の抜け目を狙う」というエクストリームスポーツのプロフェッショナルであったホリエモンの逮捕事例は記憶に新しい。
  3. ^ 正しく言えば気づこうとしないか、あるいは気付いても積極的に忘れようとする。その証左として、同人の世界に入る前の母集団(多くの場合は学校における級友の殆どや地域社会)を毛嫌いしたり、過去の人生自体を「黒歴史」と呼称して無かったことにする者が多い。
  4. ^ デパスで太ったという話は多く、メンヘ…っとっとメルヘン乙女症候群のプロ罹患者が書くブログの類をいくつか巡ってみるといいだろう。彼らには何故か“自分が飲んでいるクスリの詳細(名称・効能・諸成分)を自慢げに書き並べ、延々とクスリの話と世間への恨み言をループする”習性を持つ者が多いので、直ぐ見つけられるはずである。
  5. ^ これはある種の美人能力である。詳細は薄幸美人を参照。代表格として小公女セーラなどが挙げられる。
  6. ^ なんとバラエティ番組中でレオタード姿でマングリ返しというテロ行為を働いて性的誘惑を試みたことがある。しかし、極楽とんぼいなくなった醜悪なほうから「うわーっ、見たいんだか見たくないんだかわかんねー、でもやっぱり見たくねェーッ!!」と極めて正直にぶった切られてしまった。“よく見ると可愛い”などと思っている人がどの程度日本に居るのかはお察し下さい
  7. ^ カツオはカオリちゃんとの両天秤にかけて本気で悩んでいた。「ウジウジしたところがなくて気立てが良い上に、不動産業を経営するお金持ちのお嬢さん。社長である父親は自分のことを気に入っている上に、娘本人も自分に対してあからさまな恋愛感情あり。ただしブス。」「とっても可愛い美少女、可も不可もない普通の(ともすれば低所得層かもしれない)中流家庭育ち。今のところ自分は全く恋愛対象として見られていない。」…どちらを採るのか、若い男性にとって重要な命題である。実は迷う必要は皆無なのだが、それに気付くにはカツオは10年ばかり若すぎた。

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブス」の項目を執筆しています。
この項目「ブス」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)