フー族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フー族の女性」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フー族の活動場」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フー族の活動場の歴史」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フー族のコミュニティ」の項目を執筆しています。

フー族(-ぞく・英語表記"Foo tribe")とは、新疆ウイグル自治区を起源とする少数民族である。裸族。フー族は、そのほとんどが女性で、フー族の男性は極めて少ない(フー族の女性にお世話になっている男性は極めて多い)。しかし最近では世界中に進出して世界の人々(主に男性)を悦ばせる活動を展開している。日本では"フーゾク"とも呼ばれる。

フー族の活動[編集]

フー族の活動には様々な形態がある、以下に一例を挙げる。

個室サービス付浴場[編集]

個室サービス付浴場[編集]

フー族民が個室の欲情・・・いや浴場でサービスするものである。サービス付の浴場はトルコ(国)が起源なので、もともとは「トルコ」と呼んでいたが、そのサービス内容には差があり、日本に居住していたトルコ人青年からの異議により「ソープランド」と呼称を変更している。

  • サービスの内容など(例)
  1. まず客の服を脱がせてくれる。その時、すぐにぴーぴーしてくれる場合もある。
  2. 客の体を洗ってくれる。その際ほとんどの場合はぴーぴーしてくれる。
  3. 一緒に風呂に入ってくれる。その時、潜望鏡を使って遊んでくれる。
  4. マットを使ってマッサージしてくれる。フー族は裸族であるため、裸である。その際フー族はぴーぴーしてくれたり、ぴーぴーで洗ってくれたりする。
  5. ベッドで一緒に休んでくれる。その際は必ずぴーのサービスがつく。

サービスの料金は、入浴料とフー族への支払いが1:2が相場である。したがって「入浴料1万円」と書かれている場合は、総額で3万円程度となる。正しフー族への支払いをしなくてもいい店があるので、各自電話で確認すべしですわ~。

個室マッサージ[編集]

もともとは「ファッションヘルスマッサージ」が正式名称。最近では略して「ヘルス」と呼ぶ。その名の通り、健康(特に精神衛生上)に大変良いマッサージをしてくれる。裸族なのになぜ「ファッション」が付くのかには諸説あり、研究の対象になっている。

  • サービスの内容など(例)
  1. 一緒にシャワーを浴びる。
  2. ベッドでマッサージしてくれる。その際は必ず男のシンボルを集中的にマッサージしてくれる。

サービスの料金は、一括払いであるが、店とフー族の取り分は1:1が相場である。

日本国内での分布[編集]

都市部であれば普遍的にフー族のコミュニティが存在するが、個室サービス付浴場のコミュニティのうち、日本国内でよく知られている場所を以下に挙げておく。

  • すすきの(北海道札幌市)
  • 吉原(東京都台東区・ちなみに"吉原"は昔の地名)
  • 堀之内(神奈川県川崎市)
  • 金津園(岐阜県岐阜市・"金津園"は通称であるが起源不詳)
  • 雄琴(滋賀県大津市)
  • 中洲(福岡県福岡市)

はやし歌[編集]

日本におけるフー族のコミュニティを歌ったはやし歌として、「今日は吉原堀之内~、中洲すすきのニューヨーク~」がある。なぜ日本のフー族のコミュニティでないニューヨークが歌詞にあるのかといえば、それはアメリカにあるフー族のメッカと個室サービス付浴場に入浴することを掛けているかららしい。

当局との関係[編集]

フー族は社会的になくてはならない存在である。日本では江戸時代から「遊廓」の名でフー族が存在し、幕府公認であった。にもかかわらず、近年では日本に限らず、どこの国でも政府当局からは「国の恥」として敵視され、迫害を受けている。日本では昭和33年(1958年)にXXXXX防止法が施行され、公式にはフー族は存在しないことになっている。人類(特に男性)は、フー族の弾圧を阻止すべきであるが、妻という名の人類の監視のため、活動を公にできないのが実情である。

フー族と接触する場合の注意[編集]

フー族と接触する場合は、以下の注意が必要である。

他族の女性[編集]

フー族は、そのほとんどが女性であるにも関わらず、他族の女性からは忌み嫌われる傾向がある。男性がフー族と接触したことを知られると、それだけで他族の女性からは白い眼で見られることが多い。とくに恋人や妻といった民族とは相性が非常に悪く、直接的に敵対することはほとんどないものの、フー族と接触したことがわかると引っ掻かれたりするので注意が必要である。

風土病[編集]

フー族には風土病があり、接触すると感染の危険性がある。特に最近では後天性免疫不全症候群(AIDS)が大きな問題となっている。このため、最近フー族(特にぴー系)と接触する場合は、ぴーゴムの感染予防具をつけることが多くなった。

最も気をつけなければいけないのは、一般の日本人女性(特に中・高生)がフー族のまねをしたり、外国でフー族に接する場合である。世の男性諸氏はくれぐれも安易に劣情に負けてそれらのフー族と接触することのないよう、注意されたい。