フン族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

フン族とは、4世紀から5世紀にかけ、欧州を荒らしまわった、遊牧民族。フンという言葉は彼らが戦闘の際にを相手に向かって投げつけたことに由来する。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フン族」の項目を執筆しています。

起源[編集]

彼らの起源については諸説あるが、一説によれば中国との戦いに敗れた匈奴の一派が何百年にもわたってユーラシア大陸を西に移動して欧州に現れたのがフン族であるという。長い逃避行のうちに全ての武器を使い果たしてしまったため、糞を武器として使用するようになったと思われる。

ゲルマン民族との接触[編集]

4世紀ごろ欧州へ侵入したフン族は、パンノニア平原(現在のハンガリーあたり)に根拠地を置き、欧州各地で略奪を繰り返した。彼らが欧州各地で暴れまわったため、欧州にはジャン=バティスト・グルヌイユでもどうにもできないほどの悪臭が立ち込めた。当時東欧を中心に居住していたゲルマン民族は、フン族に圧迫される形で、ローマ帝国領内に移住するようになり、フン族はゲルマン民族大移動の原因となった。このとき、猛烈な糞の悪臭に耐える中で培われたのが、後にワールドカップで猛威を振るうことになるゲルマン魂である。

ローマ帝国への進入[編集]

5世紀中ごろ、フン族の王になったアッティラは、フン族全盛期の王で欧州人から「神の災い」と恐れられた。彼はまず、東ローマ帝国へ侵入し、コンスタンティノープルを包囲する。堅固な城壁で囲まれたこの都市を落とすことはできなかったが、撤退の見返りに膨大な賠償金を得た。続いて西ローマ領へ侵入したアッティラは、451年にフランス北部のカタラウヌムという地でローマ軍と世界史に残る死闘を繰り広げた後、翌年ローマへ侵入する。ここでローマ教皇レオ1世の説得によりローマから撤兵するが、なぜ教皇の説得ごときで撤退したのかは世界史上最大の謎とされている。

一説によれば、レオ教皇が糞攻撃に備えて、大量のバキュームカー(当時は馬車)を動員していたためともいわれる。なおこのバキュームカーに搭載されたポンプ技術は、数百年の後には石油を汲み上げての火炎放射器(ギリシャの火と呼ばれた)となり、[コンスタンティノープルに来襲したセルジュク朝軍を撃退したとされる。

フン族の崩壊[編集]

アッティラの死後、フン族はバラバラに四散し、歴史から姿を消した。現在も残る「Hungary」という地名は「糞」の「Hun」、そしていつも腹を空かせていたことから「Hungry」がごっちゃに混ざり合ってできたという説がある。