フリーセックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

フリーセックスとは、フリーなライセンスによるセックスのことである。

概要[編集]

フリーセックス財団のシンボルマーク。

フリーセックス (Free Sex、free sex) とは、すべてのセックスのうち、フリーセックス財団が提唱する自由なセックスを指す。大半のフリーセックスは無償(フリー)として行われているが、全てのフリーセックスが該当するわけではない。

ここでいう自由無償のセックスの定義は次の通りである。

  • 自由なセックス : 人数性別小道具人妻等の扱いに関して、ほとんど、またはまったく、制限が付けられていないセックス。局部の開示を前提とする。
  • 無償のセックス : プレイするのに料金を必要としないセックス。

自由なセックスとして扱っていない、すなわち魔改造や再交配などに制限が掛かっていたり、局部が開示されていない、無償で交配できるセックスとは異なる概念であり、この場合はフリーセフレもしくはフリー嫁と呼ぶことが望ましい。

逆に自由なセックスであれば、セックスが有償であれフリーセックスと呼ぶことができる。ただし、前述したように交配が自由であるため、ほとんどのフリーセックスは無償で交配されている。

なお、現代社会における開祖は団塊世代である。

誤ったフリーセックスの例[編集]

  1. ソープで彼女によく似た女を指名したら本当に彼女だったので値切った。
  2. 相手が人形。(動物は可)
  3. 相手が右手。(左手は可)
  4. 夢精
  5. 舞台がセカンドライフ

正しいフリーセックスの例[編集]

  1. 大人のパーティー。
  2. 同好会の旅行で宿に着いたら、手違いがあって男女相部屋。
  3. 飲み会のあとに誰かの家に押しかけて…。
  4. おともだちみんなでおいしゃさんごっこしてたらそのうち…。

注意事項[編集]

最初のうちタダだと思っていても、後からえらい高くつく事がある。 逆に、いくら先行投資しても報われるとは限らないが本稿と無関係なので書かない。

関連項目[編集]