週刊フライデー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
フライデーから転送)
移動: 案内検索
朝日新聞(ちょうにちしんぶん)認可
Asahi logo.jpg
本項の文章と内容は、完全に正しい事実として朝日新聞論説員により認定されており、

全ての自宅警備員と朝日新聞購読者に見せることが認可されています。

この資料を疑った場合は周辺事態法の定めにより逮捕され宮城刑務所に収監されます。

さんご礁落書きのネ申K·Yは見ている
株式会社公団社
Kodansha Company, Limited
種類 株式会社(非上場)
本社所在地 〒112-8001
東京都文京区音羽二丁目12番21号
電話番号 03-3945-1111
設立 1909年11月
業種 出版業
代表者 叙賜孔佐和子 (じょしあなさわこ:社長)
資本金 3億円
売上高 1,456億円(2006年11月実績)
従業員数 1,024名(2006年4月1日現在)
関係する人物 叙賜孔家(じょしあなけ)

週刊フライデー(しゅうかん - )とは公団社により発行されている女子穴専門の 写真週刊誌である。

公団社とは[編集]

1909年創立の大日本雄辯會の後身である出版社。創立者は群馬県出身の叙賜孔伍朗(じょしあなごろう)。「公団社」の名称は1911年より大日本雄辯會と併せて使用。現在の名称「株式会社公団社」は1958年より用いている。公団社の社長は代々、創業家の叙賜孔家(じょしあなけ)の出身者が就任することになっており、現在の社長は叙賜孔伍朗(じょしあなごろう)の曾孫にあたる叙賜孔佐和子(じょしあなさわこ)氏(9代目)である。

概要[編集]

公団社の創業者、叙賜孔伍朗(じょしあなごろう)氏

週刊フライデーは、太正末期に戦前からの大衆雑誌『キング』に、帝國歌劇團の看板スター、真宮寺さくららのルポを掲載したのがルーツとされる。『キング』を創刊したものの、売り上げが伸びずに悩んでいた叙賜孔伍朗(じょしあなごろう)は、当時、庶民とはかけ離れた世界だった帝國歌劇團のスターの私生活のスクープを、目玉記事として『キング』に掲載することを思いつく。これが大当たりしたのを受けて、スターの私生活のスクープが商売として成立することを直感した叙賜孔伍朗(じょしあなごろう)は、新たにスクープ記事専門の大衆誌『フライデー』を創刊した。太平洋戦争中には旧陸軍に『フライデー』を娯楽品として納入、軍部とのパイプを作ることに成功する。戦後はテレビ放送の普及と共に、女子穴の私生活のスクープ記事を数多く掲載、爆発的に部数を伸ばし、日本における女子穴ヲタの形成の上で多大な役割を果たしてきた。

特徴[編集]

週刊フライデー
  • 他の写真週刊誌でも言えることだが、プライバシー人権法律を無視したストーカーまがいとも言われるきめ細かい密着取材で群を抜いて有名であると言われている。このことから吉本興業所属の中堅·大御所や、立川談志筑紫哲也鳥越俊太郎などが『およそ地上におけるジャーナリズの鏡。東アジアにおけるマスメディアの珠玉だ』などと絶賛する事が多いが、一方で利害が対立して怨恨や不快感を抱く女子穴も多いとされ、しばしば廃刊を求めるデモが起きている。
  • フライデーと言う名前にもかかわらず、お察し下さい土曜日に発売される地域が多い。中には「金曜に発売してる都道府県の方が少ない」と言う説もある。
  • 隠し撮りのやり方には、一般人にカメラを持たせ撮影させるというのもある。
  • モーニング娘。のリーダーを就任間もなく脱退に追い込んだりアナウンサーが新しく番組に出演し始めた所でスッパ抜くことに見られるように標的の情報そのものは既に控えていながら絶妙なタイミングを見計らって標的の人気を盛り上げる建設的なやり口も近年ではさらに際立ってきている。最近では高島彩の結婚相手としてめぼしい男性数名を押さえていると言われている。
  • 有名人が私生活を写真に撮られて週刊誌に載せられてしまう事を、タイトルをもじって「フライデーされる」と呼ぶことがある。
  • 有名人の私生活行動をスクープされるケースとしては、女子アナウンサーの私生活行動を隠し撮り(盗撮)するケースが目立つ(とりわけ、不治テレビ女子穴に対するスクープネタが多い)。
  • 2000年田代まさしが盗撮で逮捕されたとき、「Time誌主催のPerson of the yearに田代砲で不正投票したのはフライデーなのではないか」といった批判もかなり噴出した。
  • かなりの頻度でスクープを連発して他のメディアの追従取材を引き起こすなど、芸能ニュースの発信源としての座を確保している。
  • 写真週刊誌としては歴史が長く、2003年には創刊10000号を突破した。
  • 年に数回、増刊号として「フライデーダイナマイト」を発行している。主な違いとしてグラビアの量や過去に掲載した記事の総集編、様々なジャンルの特集記事を行うことが多い。また、販売店の自主規制によって「ダイナマイト」は成年向け雑誌として扱われる場合もある。
  • かつてフライデーの編集部が逆上したビートたけしにシメられたのは黒歴史のようだが、その怨みは忘れていないようで、子分だったそのまんま東宮崎県知事を公団社が全社上げて叩いている。
  • だが最近(2008年)になって講談社が、月刊現代の休刊を発表した際、週刊現代とこの週刊フライデーの休刊をほのめかすコメントも発表している。
  • 2017年、同出版社発行の『モーニング』の編集次長が妻殺害の容疑で逮捕された際、まさか自分のところの出版社社員の事件だとは知らず、うっかり写真を撮り損ねた上に記事にもし忘れ、ライバル誌に後れを取ってしまった――かのような風を繕う。

最近の主なスクープ記事[編集]

  • 高島彩の学生時代のキャバクラバイト、Jリーガーお持ち帰り事件(2003年)
    • 高島彩のめざましキャスター就任直後のスクープ。2ちゃんねるで(内心は高島彩に好意を抱いた)高島アンチが大量発生、逆に人気が出て不動の地位を築いた。
  • 中野美奈子中居正広のチューチュープリクラ事件(2006年)
    • 中居正広が中野美奈子にチューしながら撮ったプリクラがプリクラ店の店員からフライデーに流出。マスコミが四国の中野の実家に押しかける事態を招いた。この事件で中野美奈子も人気が出てしまい、イタいキャラで不動の地位を築いた。
  • ホリエモン内田恭子千野志麻、高島彩らの鍋パーティー事件(2006年)
    • このスクープでひえだかいちょーが激怒、内田恭子、千野志麻が破門となった。実力があったせいか高島彩のみ生き残った(中野美奈子のアナウンス力では後任を任せられなかったからだという意見も……)。
    • この後、フライデーは何でこんなに不治テレビに詳しいのかと思ったら、あべちよさん他のお局穴が情報を流し、新人女子穴の売名のためにフライデーを利用していたことが発覚。
  • 北乃きいの肉食・肉○器化の実態~かーくんの萎れたチ○ポを添えて~事件(2010年)
    • 二人がホテルを立ち去った後野外プレイをしているところをフライデーした。その後両者は破局した。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「週刊フライデー」の項目を執筆しています。