ファントム・ブラック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「頭休めに脚本を読ませてくれたまえ。」
ファントム・ブラック について、レイトン教授

ファントム・ブラックとは、流星のロックマンシリーズに登場するロリコン脚本家である。ンフフフフフ…

人物[編集]

中の人はハイド(Hyde)。ハイドとファントムが電波変換した姿。
身長は156cmではなく1.24hyde(193cm)であり、この人とは関係ないし、身長が193cmとはいっても某システムとも関係ない。

外見[編集]

黒い服、黒い帽子、黒い杖を持った紳士であること意外は特に特徴はなし。身長は156cmではなく193cmである。

性格[編集]

台本(シナリオ)と称して悲劇を起こすのが好きな性格。お化けのような子供っぽいものが好きなロリコンである。
欲しい物は永遠の命。乗用車は霊柩車

経歴[編集]

2作目[編集]

初登場。一目惚れしたルナをさらいロッポンドーヒルズをパニックに陥らせた。
1度目に戦ったときは殆ど無傷で去っていったという懲りない性格の持ち主。

3作目[編集]

毎回毎回しつこく現れるロリコン。ムーを裏切り、ノイズの力でパワーアップしようと考えた。周囲のウイルスを動かすことのできる魔術師であったことが判明された。

手がけた脚本[編集]

恐怖の人質作戦[編集]

ったく…、最近の若いモンは!!真っ暗にしてもっと人を驚かしてやる!!
そうだ、誰か人質をとろうっと。うわさの金持ち娘を人質にっと。ロッポンドーヒルズもTKタワーも幽霊だらけ、もう逃げ場はないぞ。
だが、うわさのシューティングスター・ロックマンって奴が幽霊を追い払って私のところまでやってきた。わあ、なんて強さなんだ!!
ふんっ、子供くさいぜ!人質が幼かったからか…。まあいい、今度はもっと上等な人質を取って最高の悲劇を作ってみせる!!

もうひとつの未来[編集]

ムー大陸を滅ぼしたシューティングスター・ロックマンにとっておきのプレゼントだ。それは全てがムーに滅ぼされた世界に行くためのもの。 もうひとつの未来にて、個々の地域にIFを設置した。あいつはどんな活躍をするのか。

ロックマンに母親!?[編集]

絵画教室にいるあの女性がロックマンの母親だと、よし、彼女を人質に取ったとロックマンに知らせよう。
何とか来た…ってイエティ・ブリザードを引きずっている!!なんて怪力だ…、ロックマン。
さて、ロックマンはなんというかな。ってロックマンはあの女性を母親と言うけどあの女性は自分の息子と思わないのか!?
ロックマン、中の人はいったい…。

反逆のベルセルク[編集]

ブライに皆殺しにされた流星のR一族の生き残りの戦士、ベルセルクがムー大陸の出入り口の番人を切り裂き、ムー大陸に侵入した。
ムー大陸各階のフロアマスターと戦わせたが、仲間同士との戦いもあってもういろいろだったよ。
ブライがムー大陸5Fでベルセルクで対立したことで私のシナリオがメチャメチャになった。
だが心配は必要ない、実は私、ムー大陸の建造者だからね。ムー大陸のエンジンを爆破させてブライとベルセルクを共倒れさせようとしたが、最後の最後でブライにはむかわれたよ…。私は所詮駄目な脚本家か!?

ウィザードの暴走[編集]

WAXAにて、ノイズドウィザードが大量発生した。その根源を止めるための道具がWAXAの司令室でひそかに開発されていたのだ。
それを知った私は人質をとってノイズドウィザード大量虐殺兵器を止める画策をとった。
え!?なぜ私がそんなことを!?私はムーを滅ぼされたせいですべてを失った、その後は一人地球中をさまよい続けた。そのときに見つけたのがノイズの結晶で人類滅亡を企てる株式会社ディーラーであった。彼らの役に立とうと思ったとき、新たな台本をひらめいた。
人質をとったが二度も世界を救ったとされるシューティングスター・ロックマンにノイズドウィザード大量虐殺兵器を発動させられたよ。

伝記[編集]

ムー大陸となんらかの関係があるらしい。

155X年[編集]

ムー大陸という伝説の大陸が見てみたかった。だがその大陸の伝説は真っ赤なウソであった。ああ、一度でもいいからその大陸が見てみたい、見てみたい!!

157X年[編集]

苦節20年かけてやっと完成させたぞ、伝説のムー大陸の巨大模型を、ムー大陸の中はどれだけ美しいものがあることやら…、中に番人を設置したい、そしてムー大陸で全世界を支配してみたい。ああ、わたしはなんてびがくにすぐれた人物なんだろう!!

158X年[編集]

何とかムー大陸の番人がそろったぞ。
  • ムー大陸1F(パーティールーム) - この私、ファントムブラック
  • ムー大陸2F(ボイラールーム) - 募集中!!
  • ムー大陸3F(バスルーム) - ブラキオ・ウェーブ
  • ムー大陸4F(サウナルーム) - コンドル・ジオグラフ
  • ムー大陸5F(ジャパンルーム) - 募集中!!
  • ムー大陸6F(名称不明) - オリガ・ジェネラル
  • ムー大陸7F(名称不明) - エンプティー
  • ムー大陸RF(名称不明) - ブライ
だけどあと二人足りないぞ。だが、ムー大陸最上階のブライが突如反乱を起こした。俺よりも強い奴と戦わせろと。仕方なく私は、流星のR一族のとある場所に存在するトライブ・キングを探させることにした。だがブライの圧倒的な強さには流星のR一族は滅ぼされた。

159X年[編集]

流星のR一族の生き残りのダイナソーがムー大陸2Fのフロアマスターに、シノビがムー大陸5Fのフロアマスターになった。これでなんとかムー大陸の番人がそろったぞ!!ああ、これが理想のムー大陸、ホテルにもなり美術館にもなる!!美しい、実に美しいぞ!!


ロック達.jpg ハァイ!Rollよ。これはファントム・ブラックっていう、とてもCoolでSexyな記事なんだけど、内容が全然足りないわ。中身の無いオトコってサイテーね!よかったらあなたが編集してくれないかしら? (Portal:スタブ)