ファミ通

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「ファミコンが滅びたのにファミ通だけ残っているなんて滑稽だわ」
ファミ通 について、シータ

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
看板

ファミ通(ふぁみどおり)は、かつての日本に存在した通りの名称。現在の東京都千代田区三番町近郊にあったとされている(ただし、異説はある)。

日本のテレビゲーム黎明期にファミコンソフトを運ぶための街道として発展したほか、近隣の書店がファミコンに関した書物を売っていたことでその名が知られる。

概要[編集]

江戸の街中に存在した通りの一つで、現在の千代田区三番町、または渋谷区初台近郊にあったとされる。文献によって所在地が異なり、よほど長い通りであったとも、同名の通りがいくつもあった[1]とも、また渋谷から千代田まで「移転した」という話もある。

元は他の大きな通りの沿道に過ぎなかったものであるが、いつの頃からかファミコン売りの行商達がこの通りに目をつけ、道のあちこちにチラシを貼るようになっていった。最盛期には道の3割方をチラシが埋め尽くしていたという伝説もある。

通りにファミコンの行商が溢れるようになって間もなく、多数の露店・商店が軒を並べるようになる。なかでも有名であったのが大手の書店でもあった「阿数寄屋」で、現在残る多くの書籍においてもファミ通を語る上で阿数寄屋(および、そこから暖簾分けされた海老屋)の存在が多く取りざたされている。

現在の日本にはすでにファミ通の地名は残っていない。現在の海老屋出版局はこの通りの名を使った「週刊ファミ通」という機関誌を発行しており、往時の文化を偲ばせるようにと広告を必要以上に多く掲載しているのが特徴的である。

文化[編集]

沿道には多くの出店が並び、しばしば通りの名前が入った衣類などが売られていたとされる。ファミ通の名物とされるものに木毬(きまり)と呼ばれた土産物があるが、これは総じてあまり人気がなかったらしく、程なくして表に出なくなっていった。

通りの端々には大道芸人がいたともある。絵巻に残るものでは、鬼の面を被ったもの三度笠の落語家などが有名な大道芸人である。

また働き手とは見えない幼い少女らが出入りしていたともあり、遊郭が存在したことも窺える。

この通りを語る上で欠かせないものとして、往時の駆け出し作家ら[2]によるファミコンソフトの批評がある。通りの近くには彼らが多く軒を連ねており、他言を酌み交わしつつも個々の意見を打ち出し、世に送り出された作品の良し悪しを語らっていった[3]。現在で言うところの「クロスレビュー」にあたるもので、日本におけるクロスレビューの元祖とも言えるものである。

ファミ通の逸話、題材にした作品[編集]

交通量の多かった往来であり、その知名度から多くの逸話、およびそれを題材とした落語が作られている。

ねつき[編集]

ファミ通が賑わうようになる前後から語られていたとされるの妖怪である。通りの入り口で見かけたという目撃談が多かったとされる。二本足で歩き、またある時は雄と雌でじゃれあう姿があったという。一説には九尾の狐であったともされる。

いわゆる稲荷信仰の一環であると考えられる事象で、ファミ通の象徴としても扱われていた。当時売られていた衣類には、狐の紋が入ったものも存在したという。

京都・任天堂との反目[編集]

ファミ通には浄瑠璃・歌舞伎などを演じる、阿数寄屋・海老屋主宰の歌舞伎劇場(通称:浜村座)が存在し、『手造物語弐千編(てつくりものかたりにせんべん)』『手造物語枝楠緋色(てつくりものかたりえくすぴい)』『白騎士物語(しろいきしがでてくることしかしらん)』などの作品が公演されていた。ところが、その中で人形浄瑠璃『湯桶那手阿鱗性(ゆとなてありんのさが)』が、京都の老舗任天堂から同劇場の花形演目『手強紙霧霊拝夜円舞(てごわいしむれいはいあえむぶ)』の盗作であるとして公演の中止を求めてきた。

これは、手阿鱗性の作者として浜村座が公表していた人物が、拝夜円舞の作者と同じであったこと、そして作者自身が手阿鱗性と拝夜円舞の関連性を匂わせた発言をしていたこと、そして浜村座もそのことを一つのセールスポイントとして宣伝していたこと、などの背景があったためである。 浜村座と任天堂の対立は続き、最終的には南奉行所のお裁きによって浜村座の敗北が決まり、手阿鱗性の台本は大きく書き換えられることとなった。これ以降、ファミ通には京都任天堂からの演目の詳細、台本の情報は大きく制限されることとなり、ファミ通で論じられる話題は専ら江戸の情報に限られたという。

大丈夫、ファミ通の攻略本だよ[編集]

落語の演目のひとつ。成立時期は不明で、話中に現れるソフトが当時に存在しえないものであることから、一説には昭和頃に成立した新しいものともされる。現在の主な語り手に、芸波亭中坊がいる。

むかし、神奈川にファイナルファンタジータクティクスを進められずに困り果てたある男がいた。男は攻略本を読みたがらない性質の男であったが、背に腹は代えられず、意を決して攻略本を買おうとした。
しかし、攻略本を買ったことのない男はどれを選べばいいかわからない。そこで男は、男のよく知る神保町の物知りに文をしたため、阿数寄屋の攻略本はいかがなものかと意見を求めた。帰ってきた文には「大丈夫、ファミ通の攻略本だぞ」とだけしたためてあった。
およそひと月後、男は以前に増して困り果てた顔で、ついに物知りのもとまで出向いて「源氏の鎧が取れない」と打ち明けた。物知りは事情を察し、ひとつ嘆息してこう漏らした。「だから言っただろう。『大丈夫?ファミ通の攻略本だよ?』と。」
この落語が実話であるという文献も存在するが、真偽のほどは定かではない。

この「攻略本」とは、現在でいうところの「ガイドブック」のようなものであった。当時まだ情報網も発達していなかった時代、あちらこちらの書店が攻略本を売り出して大きな富を得ていたとされる。ファミ通の阿数寄屋もまた例外ではなく、分厚い攻略本を売り出しては好評を得ていたという。

しかしあらゆる出版物の例に漏れず、攻略本にも誤植・誤記が出ることは間々あった。「ファイナルファンタジータクティクス」の攻略本として阿数寄屋が売りだした「黒本」と呼ばれる攻略本は、間違いだらけの攻略本の代表例として名の挙がる、当時有名なもののひとつであった。

脚注[編集]

  1. ^ 実際、文献によっては「ファミ通DS+Wii」「ファミ通Bros.」などと表記が異なるものがあり、類名の異なる通りが存在した可能性は否定できない。
  2. ^ 著名なものに、浜村阪神守通信などがいる。
  3. ^ ただし、多くの駆け出し作家らは資金面を援助してくれるタニマチを必要としていたため、支援者の売り物には口籠る場面が間々見られたとする醜聞もある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ファミ通」の項目を執筆しています。


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
ファミ通の執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)