ファットマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ファットマン

ファットマン (Fat man) は1945年8月9日日本長崎市に落下してきたデブの通称。 身長2.346hyde体重4670kg、幅0.974hydeで、イエローケーキを燃やして出来た冥玉が大好物。 3日前の8月6日広島市に落下してきたチビとは一見体格が違うが兄弟に当たるらしい。 3兄弟の末っ子で、次男がリトルボーイ、長男のガジェットは3週間ほど前にアメリカに落っこちたらしい。次男のリトルボーイは割とスマートな体型をしているが、長男のガジェットと三男のファットマンはともに太っているのが特徴である。 この他に過早出産で死去したシンマン(ヤセ:Thin Man)が密かに葬られている。

長崎は今日も雨だったと言うが、雨粒のかわりにデブが落っこちてきたときは、さぞ長崎市民も驚いたであろう。

ファットマンが落ちた時の衝撃で舞い上げられた砂煙

ちなみにデブだからと言っても油断してはいけない。 ファットマンが落っこちてきた理由は、箱車から過食のために強制的に落とされたわけだが、いずれにせよこのデブが落っこちてきた時の衝撃だけでも75000人以上が天に召された。 そしてこのデブの力は大量破壊兵器として善良な一般市民からは恐れられ、デブを生み出したアメリカ合衆国に限らずソビエト連邦中華人民共和国の政治家、中東のテロリスト、さらに最近では偉大なる将軍様をも魅了しているのである。

しかし我々日本人が声高に言いたいのは、21世紀にデブはいらないと言うことであろう。 広島市にチビが落ちてきたときの衝撃で亡くなった17万人の同胞と、このデブが落ちてきたときの衝撃で亡くなった7万人超の同胞の命を無駄にしてはいけないのである。 戦争と言うエクストリームスポーツがあまりに過熱してしまった結果武器として生み出されたデブなわけだが、こんなものとっとと全廃して中華人民共和国の政治家、中東のテロリスト偉大なる将軍様に服してしまった方が世界はより平和になるのである。

特別出演[編集]

メタルギア・ソリッド2[編集]

スキンヘッドにボマースーツ、ローラースケートという異様というか地味なイデタチでビッグ・シェルに現れた。 最初はおとなしくしていたが突如として参戦、なんとか爆弾でスティルマンをぶっ飛ばした。その後雷電と対戦、冷却スプレーを顔にかけられた為、敗れた。ごっつい体格なのに、それには全く似合わない女性のような手をしており、マニキュアを塗っていた。

Falloutシリーズ[編集]

このゲームは世界各地にデブが落下し文明が崩壊した後のアメリカを舞台にしたゲームだが、Fallout3ではあろうが事に超小型のデブを打ち出す武器の名称として登場する。開発元のBethesdaはとんでもないジョークを生み出したものだ。しかし、続編のFallout: New Vegasを開発したObsidianはさらに上を行っていた。武器を改造するシステムが搭載されたのだが、その中に「ファットマンをリトルボーイにする」という、日本人が発狂しそうな改造が出来るアイテムを追加してきた。彼らのブラックジョークはどこまで突き進むのであろうか。

日本ではさすがに本家そのまま発売するのは政治的にごにょごにょしてまずいと判断したのか、Bethesda softworksの日本法人であるゼニマックス・アジア社により「ファットマン」は「ヌカランチャー」へと検閲により訂正され、同じくファットマン型の原爆を爆発させることもできるクエストではそのクエストの爆発させるルートそのものが削除された。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ファットマン」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長崎市への原子爆弾投下」の項目を執筆しています。