ピーマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ピーマン」の項目を執筆しています。
「ごめんねピーマン、僕、君が嫌いなんだ、ごめんねピーマン、君は悪くないのに。」
ピーマン について、ピーマンが嫌いなガキ

ピーマンとはパーマンの妹である。

産地と特徴[編集]

ピーマンは日本各地の野菜畑で栽培されている。

身長は10cm程度である。稀に非常に大きなものになることがあり、チビデブと呼ばれる。

肌の色は緑、赤、黄などのほか、黒やレインボー、オレンジ、ブルー、イノセントブルー、コバルトブルー、マゼンタマゼンタ、さらには紅白、ウンコ色、こげ茶色、検閲により削除 色など非常にバリエーションが多い。

形について、ピーマンの性質に詳しいルーミアさんによれば、「みた目はガイコツに肉を食べさせたようなもの」であるという

見た目がそっくりなパプリカはパーマンの双子。

効用[編集]

古くから世界各地でアルカロイドという毒物により「子供がいい子になる食べ物」として知られている。2003年にNHKが全国の10歳以下の子供を持つ母親2000人を対象に調査した結果では、92%の母親がピーマンを子供に食べさせていると答えた。しかし前述の通り毒物が入っており、味は苦みを伴う。そのため母親たちはピーマンの肉詰めにしたり青椒肉絲にしたりなんとか摂取させようとしている。現在子供に対する方法で一番有効な方法は「肉の多いやきそばに入れる」らしく、除外しない限り99%の確率で完食できる。関東ではピーマンを食べないと「関東野菜連合」がシメに来るという都市伝説が広がっているという。

三大野菜[編集]

三大野菜とは、かつて神聖ブリタニア帝国ドイツなどで伝説と謳われた野菜達のことである。一般にピーマン、人参、ジャガイモがそれにあたるとされる。これらの野菜は国を救ったとまでされ、関東野菜連合を設立させたほどである。

のび太国においてはじゃが芋以外は邪悪な勢力として否定された。のび太国はそのために関東野菜連合に潰されたのではないかという説もある。

ちなみに、世界における三大野菜はキャビアフォアグラトリュフである。キャビアは、魚介類と間違われることが多いが、実際は海の畑にて栽培されたものであり、野菜である事に変わりがないことに注意が必要である。

関連項目[編集]


Imgb4da957b62oe8w.jpg ピーマンは、まだ定食屋の付け合わせ料理です。一品料理にして下さる一流シェフを求めています。 (Portal:スタブ)