ピストン運動

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ピストン運動」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ピストン運動」の記事を執筆しています。

ピストン運動(-うんどう)とは、シリンダーに挿入したピストンを上下に運動させる行為である。

概要[編集]

ピストンは単体では完結しない機構であり、排水以外での使用にはシリンダーが必要となる。これは大型機関に備え付けのもので、簡易的なものの場合は含まないことも多い[要出典]。シリンダーのサイズを確かめ、必要によっては潤滑油を適宜使用してピストンを設置し、シリンダー内を往復させる。これがピストン運動である。

シリンダー内の往復を繰り返すことで内圧が高まり、一定値を越えるとピストン内部の噴出装置から燃料材が放出される。これは新規機構作成用のものだが、精製率が機能上低いため確実に作成するには継続したピストン運動が必要とされる。またシリンダーが劣化している場合シリンダーの形成が不十分な場合も失敗しやすい。

留意点[編集]

擬似的なピストン運動の例。左がピストン役で右がシリンダー役である。

ピストン運動の際にはシリンダー側のセッティングが重要となる。それが不十分だとピストンが上手く入らなかったり最悪折れてしまう事もあるので、事前設定は入念に。またシリンダー以外の場所に対して使用されてしまうと燃料材が無駄になるので[1]、自分のシリンダーを黙視確認し手で触って状態を確認する癖を付けるべきだろう。可能であれば擬似的な被ピストン運動を定期的に行うと尚良い。

ピストンは小まめな手入れを必要とはしないが、安全カバーをつけたままでの使用が近年多いので気を付けること。またシリンダー内での破損を防ぐ為、定期的に簡易シリンダーの使用が励行される。尚、初使用の際には失敗しやすいので、シリンダー側からのフォローが求められる[2]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、その用途でピストン運動を行おうとする故意犯的な事例も存在する。
  2. ^ シリンダーをピストン上部へと移動させシリンダー自体を上下させる方式も存在する。

関連項目[編集]