ビートたけし

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「ビートたけし」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。
第 45 回 ( 1986年
エクストリーム・謝罪優勝プレイヤー

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年1月18日 - )は日本の電動こけし。

概要・来歴[編集]

アナウンサーの丸川珠代(現・国会議員)とのワンシーン。北野はお笑い芸人として人気を博した。
BeatTakeshi.jpg
Takeshiagresivo.jpg
Takeshiloco.jpg
Comăneci.jpeg

1980年代前半ごろ、漫才ブームに乗る形でブレイク。 その後、武石軍団なる政党を結成し政界デビュー。

1986年に、写真週刊誌フライデーから不倫疑惑を暴露される。一連の記事に怒ったたけしは軍団を率いてフライデー編集部を襲撃[テストに出るよ!]。 後にナックルズ襲撃事件と呼ばれ、有名人のプライバシーと報道の自由という観点から高校教科書でも取り上げられる事件となる。

また、時の警察庁長官である後藤田正晴より「ビート君の気持ちもわからないでもないけどさーw、暴力はいかん。」というコメントが注目され、そのフランクな言い回しから官と政の癒着が野党より厳しく追求される事態となった。

それまでの「見た目だけは綺麗なテレビ」というイメージを払拭し、「バカには理解できないバカテレビ」(テリー伊藤・談)を作り上げた。そしてお笑い芸人としての活動で自らの弟子による軍団を結成したりするなど、エンターテイメント界を乗っ取ろうと画策している。

この間、当時人気司会者の逸見政孝と「たけし·逸見の平成教育委員会」のパーソナリティーを務め、これを機に逸見と親しくなった。1993年の逸見の死去の際には、正気を失った為、当初担当するはずだった弔辞を辞退した。

おりしも1944年ビートたけしの独裁ぶりに腹を立てた天照皇大神は、彼を死界に送るため天誅を行ったが失敗し、からくも顔面損傷ですんだ。その後改心しお笑い界から遠のいた、というより笑える顔でなくなった。

また、映画監督としての才能も開花させ、ヤクザからセンチメンタルものまで幅広く手掛けており、海外から絶賛の嵐を受けている。しかし、日本の映画評論家たちからの評判は芳しくない。大手映画会社からから多額の賄賂を貰っている為である。時代劇なのに思いっきりブローネな人を出演させたり、たけしブルーという色彩を全てのシーンに重ねているため作品中に登場する人物はほぼ全員顔色が悪い。また思いっきり電波な作品をリリースした際にはかなりマスコミに意地悪をされていた。

ファミコン全盛期にゲームをプロデュースした事があり、そのゲームは今でも高い人気を誇っている。が、彼にとっては黒歴史なのであまり触れないでおきたい。

現在、彼が出演している「Most Extreme Elimination Challenge」がアメリカで大人気を誇っている。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他[編集]

関連項目[編集]


この項目「ビートたけし」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)