大改造!!劇的ビフォーアフター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ビフォーアフターから転送)
移動: 案内検索

大改造!!劇的ビフォーアフター(だいかいぞう!!げきてき - )はテレビ朝日系列で放送されているテレビ番組である。一度休止したが好評のため2009年4月から放送再開。

概要[編集]

所ジョージによって罵倒された欠陥住宅を「リフォームの匠(クリーパー)」を自称するアヤシイ集団が建て直すか完全に破壊する。ちなみにリフォームなどと口にしているがほとんど、いや、全ての建物は一度完全解体してから建て直している。そのほうが解体業者のひとたちに収入を振舞えるし、破壊という視覚上の効果も大きい。さらに根本的なところで言うと、欠陥住宅というものはもともとがダメな家であるのでどんなに中身を造り替えても、数日~数週で再びダメになってしまう。それならいっそのこと建て直してしまおうというわけだ。

番組の進行[編集]

  1. 番組が世界中から欠陥住宅を募る。
  2. その中から特に欠陥がひどいもの(明らかな設計ミス、手抜き建築や、幽霊がでる家など)を選ぶ。
  3. その家のひとに連絡して裏金を与え、家がどうなっても構わない旨の誓約書にサインさせる。
  4. 誓約書が出来次第取材開始。その家の悪いところばかり撮って、視聴者に欠陥住宅のイメージを植えつける。
  5. リフォームの匠が登場。とりあえず適当に家を調べる。
  6. リフォームが開始される。この時点で家があった土地は更地となる。
  7. アトリエ系建築士が「家」とはかけ離れた「ゲージュツ作品」をでっち上げる。
    1. 家族が新しい家に招待されるが自宅で迷子になり、抜け出せなくなる。
    2. 引渡し直前には戸という戸がすべて自動だが、引渡し直後に機能しなくなる。
  8. 工事に失敗。家は二度と建たない。
    1. 家族は民事裁判を起こす手続きを取る。
    2. そのまえに番組が家族を亡き者にし、視聴者の記憶を消す。または先述の誓約書を盾にして裁判に勝つ。


なんということをしてくれたのでしょう!

今までに登場した家[編集]

昔処刑場だった土地
「出るので何とかして欲しい」という家族の要望に建築家ではなく陰陽師が派遣された。彼はリフォームよりも陰陽道の儀式を行ったのがよくなかったのか、魑魅魍魎を呼び込んでしまい、結果として関係者は全員死亡した。
洞穴
「そもそも建物じゃねーだろ。」という匠の批判に対して「でも、そんなの関係ねぇ。」と家族は反論。結局Ouch!になってしまった。
莫迦には見えない家
大手住宅販売会社から13億で購入したらしい。どうなったかはお察し下さい

外部リンク[編集]

現在も物件を募集している模様。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大改造!!劇的ビフォーアフター」の項目を執筆しています。


この番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」はまだパイロット版です。実用化に向けて更なる検討を必要としています。 (Portal:スタブ)