ヒップアタック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒップ・ドロップ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「おしりパンチ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ヒップアタック」の記事を執筆しています。

ヒップアタックとは、を用いた打撃の総称である。

概要[編集]

典型的なヒップアタック

肉厚で重量のある尻を打撃武器として用いる攻撃手法であり、上から叩き落とす「ヒップドロップ」など様々な形式がある。による打撃と比べると、その柔らかさ故に威力は分散してしまうがその分自分に返ってくるダメージも少なく済む為攻防一体の戦法として使われる[1]

肉付きの都合から使い手は女性が殆どであるが、格闘ゲームではギルティギアシリーズのブリジットなど男性が用いる事もある[2]。但し威力に関してはあまり高くなく、もっぱらイロモノ扱いされがちである。また使用の際には背を向けなければならないということで抵抗を示す男性も多く、普及は進んでいない。尚、相手となるのはほぼ100%男性であり女性にたいして用いることはまず無い。

近年では主として総合格闘技の場で広く用いられ、直立状態だけでなく四つん這い状態など様々なスタイルが考案されている。間口は広いが何にせよ奥の深い技術であり、それを極めた使い手というのは極めて少ない。更なる技術を求めて身体を固定してヒップアタックの練習に集中する熱心な愛好家も多い[要出典]

使用例[編集]

姿勢を低くした変形ヒップアタックの練習中。
ノーマルヒップアタック
まず相手に背を向ける形になり、腰を落として尻を突きだし相手に高速で押し当てる。予め中央部でホールドしたまま連続で繰り出す事により、容易に相手の体力を奪い取り果てさせることが可能となる。
中央部だけでなく下部上溝部でホールドする事もあるが、体勢の都合上ホールドを切られやすいという弱点が存在する。
カウンターヒップアタック
背を向ける所までは同じだが、自分からは動かず尻を突き出したポーズで待機する。相手の攻撃に合わせて尻を動かし、体力を消費させるカウンター技である。
これは相手がヒップアタックに馴れていないと行いにくく、的を外すことが多い。その場合は速やかにノーマルへと移行することが求められる。
ヒップドロップ
相手を仰向けにし、腰の真上に立って勢いよく尻を降り下ろす。その姿から、騎乗位とも呼ばれる。相手の抵抗をほぼ確実に封じ込めたまま一方的に攻め続ける事が可能。
この場合は中央部でなく下部ホールドが有効。ただこの技はスクワットを連続でしているようなものなので、とにかく自分の消費も大きくなる。
ヒップスラップ
尻ビンタ、とも呼ばれる。ノーマルの姿勢から腰を左右に振りたくり、相手を高速で叩き続ける変形手法。優れた使い手が用いれば、スパンスパンという音が軽快に奏でられ非常に派手な技となる。
尻叩きの逆バージョンとも言えるが、これも自分の消費がかなり大きくなる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ また尻は丸みを帯びている為に、当たったものを逸らしてしまう効果もある。
  2. ^ ブリジットが男性かどうかというと微妙な所だが。男の娘というカテゴリは扱いにくいので、生物学的に男性として扱う。

関連項目[編集]

もしかして: 後背位