パスタ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

パスタは、小麦でできた人種である。

概要[編集]

なぜかスイーツ(笑)スパゲッティのことだと勘違いしている。そこそこに見識の深い者でもマカロニやペンネ位しか知らない。つまり、カゴメの即席パスタにあるものしか知らない。

パスタの主な構成成分は小麦粉であり、スパゲッティくんのようなロングパスタと、マカロニさんのようなショートパスタがある。イタリアで誕生したが、他の民族によって食い荒らされたので、最近では世界各地に移住している。

某科学者は、「ロングパスタをショートパスタの中に突っ込む」という実験でロングパスタは男性、ショートパスタは女性であるという結論を導いた。名称もロングパスタは男の子らしい、ショートパスタは女の子らしい名前がついている。

歴史的には古代ローマの時代、神殿へ赴き参拝する余裕が無かった人たちに、神々の像の代わりにパスタを代用するという目的で崇拝され始めた。パスタの無いころは皆ピザラザニアであり、そこには可愛げもへったくれも無かった。キリスト教が国教となると一時は神の代わりに聖人を模すものと考えられたが、エフェソスの公会議によってパスタ信仰は異端とされ、中世においてはパスタ信仰を行うものは魔女狩りに遭った。この迫害され続けた信仰を守り通した教団こそが、現在の空飛ぶスパゲッティ・モンスター教である。

種類[編集]

現在、地球上では数々のパスタが発見されているが、それらを全て挙げることはできないので、ここでほんの少しを紹介しよう。

ロングパスタ(男)[編集]

長いパスタ。性別は男である。

  • スパゲッティ……ロングパスタの代表格。スイーツ(笑)達によってパスタと呼ばれているが、スパゲッティくんは優しいのであまり気にしていないようだ。最近、緑色のスパゲッティくんは「草食系パスタ」として注目されている。
  • スパゲッティーニ……スパゲッティくんの双子の弟。兄に負けず劣らず優しく、パスタどころかスパゲッティくんと間違われても気にしない
  • タリアテッレ……がっちりした体格で絶大な人気を誇るイケメンパスタである。赤色のタリアテッレくんは以前から「肉食系パスタ」として注目を集めているが、最近ではスパゲッティくんもよきライバルになってきた。
  • リングイネ……スパゲッティくんにもタリアテッレくんにもなりきれない、中途半端な頑張り屋さん。だがそれがいい。
  • マテラッツィ…193cm。やたらでかい。だから、まず食われることはない。ジダンというハゲのフランス人にヘッドバンキングされたことで有名だが、この後二人でアーン♥♥したらしい[要出典]
  • サナダムシ…動きが甚だ活発で、他のパスタとは違うにょろにょろした動きが評判。恋愛対象としての人気は非常に薄いが、「食えるものなら食ってみろ!」と言わんばかりの態度からは恐るべき生命力を感じさせられる。

ショートパスタ(女)[編集]

短いパスタ。性別は女である。

  • マカロニ……ショートパスタの代表格で、丸いボディと、太いが特徴。まるまるとした見た目と穴の大きさから「ぽっちゃり系パスタ」と呼ばれ男達から大人気である。五年連続「抱きたいパスタ」一位に輝いている。
  • ペンネ……穴が開いた筒状のパスタ。「ツンデレ系」パスタとして有名だが、なぜかコンキリエちゃんと対立している。クールなのに実は処女であるという一面も持っており、そのギャップが男達をとりこにするのかもしれない。
  • コンキリエ……貝殻の形をしたパスタ。最近「萌え系パスタ」として才能を開花させ、メイド喫茶で働いている。「萌え萌えジャンケンで勝てば私をあ・げ・る♡」というメッセージを残している。「萌え萌えミネストローネ」の中に入っているとか。
  • ルオーテ……前身入れられる穴でできていると公言するドMなパスタ。その上前身も丸いが、横から見ると四角いのでおそらく女王様気質であろう。
  • チッチョリーナ……ルオーテよりさらに穴だらけで、小麦粉消費量が少なく環境に優しいパスタ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パスタ」の項目を執筆しています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「パスタ」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。