パジャマパーティー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
女性専用記事
Ladies Only
注意

この記事は終日女性専用となります。小学生以下のお子様(精神年齢換算不可)、身体の不自由な方および介助者の方以外の男性の方は他の記事へお回りになるか、女装での閲覧・執筆をご協力お願いいたします。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パジャマパーティー」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「パジャマパーティー」は何故か「お泊まり会」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

パジャマパーティー(Pyjama's Party)とは、魔女候補生の集い(サバト、Sabbath)である。

概要[編集]

パジャマ[編集]

魔女の正装。

パジャマの起源は古く、ササン朝ペルシア時代に流行したパィヤマ(Payjama、پايجامه 「くつろぎ服」の意)に端を発すると言われている。その後インドパキスタンに伝来してパージャーマー(paayjaamaa、पायजामा 意味は同じ)と呼ばれる現在の形状に発展したが、人間がくつろいだ(≒いろいろな意味で弛み切った)状態というのはとてもではないが人様に見せられたものではなく、自然と寝間着として着用されるようになったのであった。

魔女装束[編集]

かくして生まれたパジャマはシルクロードを経て西洋に伝えられると、その快適さからたちまち人気商品として不動の地位を獲得するも、何より外見や世間体を気にする白人社会においてその愛用を憚られる存在とされてしまった。寝るという行為は通常ベッドの中において行われるものであり、それは同時に(性的な意味で)いかがわしい肉体の営みを象徴するためであった。

そこで、人々はパジャマを「常にその魂を悪魔に奉げ、姦淫されている魔女の装束である」として排斥する一方、忘れられない木綿の快適な着心地(当時、木綿はと同様に貴重だった)を味わうため、プライベートではこっそりパジャマを所持し、楽しんだのであったが、もしもパジャマの所持が発覚すれば魔女狩りの生贄として吊るし上げられることは免れないため、戦々恐々としながら禁断の快楽を堪能していたのであった。これが魔女の集いとしてのパジャマパーティで起源であり、人目を忍ばねばならない都合上、そのほとんどはに行われたのであった。

夜の秘めごと。

儀式[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サバト (魔女)」の項目を執筆しています。

魔女を志す女の子は、13歳の誕生日を迎える(もし初潮がない場合は15歳まで猶予されるが、それまでに初潮がなかった場合は素質がないため魔女への道を断念させられることになる)と通過儀礼としてこのパジャマパーティーに参加し、魔女候補生としての秘蹟を授かる必要がある。その後10年の候補生期間と100年の見習い期間を経て、123~125歳まで修行を積んで初めて一人前の魔女として魔王ベルゼブブに認めてもらえるのであった。ちなみに今まで正式な魔女として生き延びた人間は3人だけ、他の見習い魔女たちはみんな寿命や魔女裁判によって世を去らねばならなかったのだが、さしあたって魔女修行の第一歩は、このパジャマパーティーから始まるのであった。

規律[編集]

かくして過酷な魔女修行に臨む覚悟を決めるパジャマパーティーにおいては、以下の規律を厳守する必要がある。

  1. 男子禁制。参加させるのはもちろん、覗き見られていたり告白を盗み聞かれてしまっても儀式は無効になってしまう。
  2. パーティーには一人以上の立会人が必要で、すでに秘蹟を受けている者に限られる。
  3. 一度のパーティーで魔女候補生の秘蹟を授けられるのは二人まで。また、同時に秘蹟を授かった二人は、立会人の前で互いに肉体を交える義務がある。
  4. 参加人数に制限はないが、人数は必ず奇数(13が最も理想的とされている)とすること。
  5. パーティーはソファー絨毯(マット類)あるいはベッドなど、温かくてふわふわした場所で行うこと。
  6. お菓子ジュースは好きなものを用意して構わないが、決してパーティーの最中で切らしたりしないこと[1]
  7. 儀式の開始は、秘蹟を授かる者が恋している相手(異性でも同性でも構わない)の名前を告白するか、想い人がいないあるいは言いたくない場合は「私の処女を魔王ベルゼブブに奉げます」という宣誓によるものとする。

以上の条件を満たしたら、いざパジャマパーティーの秘儀を粛々と進行するのである。車座になった中央に「恋花」の球根をおき、一晩かけてそれを開花させることによってパジャマパーティーの秘儀は完了、めでたく少女は魔女候補生としてコミュニティに受け入れられるのであった。

コイバナ[編集]

また、魔女の秘薬の原料となるコイバナはパジャマパーティーの秘儀をもって練成され、その実には陶酔作用と催淫作用があるため、主に媚薬の材料として広く世界の魔女たちに愛用されている。また、コイバナは成長に伴って練成者の若さと女性ホルモンを吸収する性質があるため、練成者は主に10代~20代に多いと言われている。

脚注[編集]

  1. ^ これらは儀式への陶酔感を喚起する目的で用いられるが、翌朝の会場に散乱したパッケージやペットボトル、より複雑な芳香を伴った参加者らの口臭によってパーティーが行われたことが発覚しやすい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パジャマ」の項目を執筆しています。