バールーフ・デ・スピノザ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

バールーフ・デ・スピノザBaruch De Spinoza, 1632年11月24日 - 1677年2月21日)は、オランダ哲学者はどこにでもおり、誰でも神になれるという趣旨の、汎神論と呼ばれる思想を展開した思想家で、口先だけでなく自らそれを証明する為にレンズ磨きに精励し、見事に「レンズ磨きの神様」となった天才の一人である。

異端扱い[編集]

もともとポルトガルに住んでいたがスペインに迫害されて、ベルギーを経てオランダに移住したユダヤ系の富裕な豪商の家庭に生まれた。英才教育を受けて幼い頃から聡明であったが、あまりにも明晰過ぎたため、偉い人達、特に宗教関連の偉人達の「仮面の裏の醜い素顔」が見えてしまう慧眼を持ってしまった。スピノザにとっては、教皇やら司祭といった聖職者達が崇める「唯一神」とやらは、ひどく矮小で、滑稽な物に映った。そして、もっと雄大な存在に、神の姿を求めるようになった。

思索の果て、スピノザが神と見定めたのは、自然であった。そして、スピノザはそこから演繹法を使って、神=自然の所産である人間もまた神である、つまり、人間も神になれるという結論に達した。スピノザはこの主張を抱えて堂々と教会に殴り込みをかけ、異端のレッテルを貼られ、実家からも勘当されて路頭に迷ってしまう。

レンズ磨きの神になる[編集]

しかしスピノザはそれでも自分の考えを曲げなかった。この一貫性こそが彼の偉人たる所以である。自然の全てが神であり、誰でも神になれるという考えを絵空事でなく、実際に証明して見せることを決意し、始めたのがレンズ磨きであった。

何故、レンズ磨きに打ち込んだのかはよく分からないが、ドイツ人フリードリヒ・シェリングは、ありのままの姿を映すレンズを磨くことで、真実を探求する思想家としての自分を研鑚しようとしていたのではないかと指摘している。

レンズ磨きは、異端扱いされ、社会の迷い子になってしまったスピノザが生計を立てる金を捻出する為のよすがでもあった。 レンズ磨きに恪勤する内に彼の器用さは練磨され、やがて熟練のレンズ磨きとしての地位を不動のものとし、その名声は ヨーロッパ中を席巻した。そして人々は彼を「レンズ磨きのネ申」と礼賛したのである。

汎神論の展開と影響[編集]

自らが神となることで、誰もが神になれることを証明したスピノザは、満を持して、レンズ磨きの傍ら書き溜めていた原稿を学会に上梓、 「レンズ磨きの神の威光」が付与されていたこともあってその学説は大いなる賛同を呼び、汎神論の源泉が湧出することとなった。

神はあらゆる世界、あらゆる分野におり、才覚とやる気と努力と運次第で誰でも神になれる可能性がある、というのが、スピノザの提唱した汎神論の主旨である。このスピノザの思想はふてくされてる若者達を中心に多大な支持を得て、思想の世界に新たな潮流を巻き起こすこととなった。しかし、悪い意味で影響されて「汎神論に即すれば俺は神だ、だから何をやっても許される」などと吹聴して殺人や窃盗に手を染めたり、「あらゆる分野に神がいるのなら犯罪の神もいるだろう?」などと抜かして犯罪を正当化する輩も現れたので、そういう面では迷惑で危険な要素を孕んだ思想でもあった。

何はともあれ、レンズ磨きの神様になり、思想家としても大成功したスピノザだが、レンズ磨きに精励する中で生じた粉塵を吸いすぎてしまい結核を発症し、病没した。スピノザのアンチ達はスピノザが死んだことを根拠に、本当の神なら死ぬはずがない、やはりスピノザは似非神だったと糾弾したが、その頃には既にスピノザの思想は圧倒的な支持を得、権威ある一つの思想として確立しており、「レンズ磨きの神」としてのスピノザの「神」の称号が剥奪されることはなかった。

スピノザの思想に大いに感化された哲学者シェリングは、その死とそれに対する批判にかくのように言及した。

「確かにスピノザは死んだが、不死の神とやらはスピノザほど上手くレンズが磨けるのか?」
スピノザのレンズ磨きの手腕 について、シェリング
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バールーフ・デ・スピノザ」の項目を執筆しています。

関連項目[編集]