バーバパパ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バーバパパ」の項目を執筆しています。

バーバパパとは、あの魂を持った変化自在の生物兵器をテーマに扱った作品である。

概要[編集]

フランソワ一家はある日、自ら魂を持ち、自分で自分の体を変える事が出来るという究極の生物兵器の開発に成功した。これは北朝鮮を恨む国の命令により開発されたもので、その生物は、パパのように体が大きい事から「バーバパパ」と名付けられた。
その生物兵器は一時北朝鮮へ連れて行かれそうになったが、ものすごく嫌がった(さらに大暴れした)ため、フランソワ一家にとどまる事に。
その後も、例の生物兵器の研究が進められ、女性化したものが1体完成したが、彼女も同じ理由で失敗作に。その後2つの生物兵器は結婚し、子供まで作ってしまうのであった。その後、積水ハウスで一軒家を購入し、一家で幸せに暮らしているという・・・。

登場人物[編集]

バーバ一家[編集]

バーバ一家
バーバパパ(ピンク
バーバ一家の父親担当。最初に開発された生物兵器。温厚で優しいが、北朝鮮が大嫌い(将軍様も大嫌い)。
バーバママ(
バーバ一家の母親担当。普段は温厚であるが、実は体の色の通り性格が黒く、腹黒い
パパもそうだが、独身時代はどういう名前だったのだろうか。
バーバブラボー(
長男。スポーツのやりすぎで筋肉がムキムキになってしまう。そのため一家から嫌われる。
バーバズー(
次男。動物が大好きで、いろんな動物を親に内緒でこっそり持ち帰ってくる事がある(ライオンサメなどの猛獣も持ち帰ってきた事もある)。アニマル横町を全巻持っている。
バーバピカリ(
三男で、悪の科学者核兵器生物兵器の開発が得意。現在、北朝鮮を丸ごと破壊する核兵器を開発中である。
バーバモジャ(&もじゃもじゃ)
四男。昔は絵を描く事が大好きであったが、やがてマンガや同人誌を描くことが多くなった。最近ではアキバで自作の同人誌をフリマで販売しているとか。毛が生えているため、一家が「床屋に行け」とうるさいが、彼はそれを嫌っている。
見目麗しい、バーバパパシスターズのお姿。
バーバリブ(オレンジ
長女。本が大好きであるが、目を近づけて読んだり、暗いところで読んだりすることが多いため、視力が大幅に低下、メガネをかけることに。
メガネっ子のくせに、ツンツン(笑)。
バーバベル(
次女。子供のくせにおしゃれにはやたらうるさい上、化粧までしている。一家で一番のツンデレでもある。毛虫とか毛の生えたものが大嫌い。なのでバーバモジャは大大大嫌いである
バーバララ(
三女。音楽大好き。そのせいかウォークマンやiPodも所持。性格はおとなしく天然系、ドジも多い(なのにメガネではない)。

バーバズーとバーバベルの関係[編集]

バーバ一家は上記のようなおかしな設定はあるものの、基本的に仲が良い。その中でも特に注目すべきなのが、バーバズーとバーバベルの関係である。
絵本作品やアニメなどを見る限り、一緒に遊んだり行動したりするシーンが他のペアよりも多い。以下にそれを記す。

  • 野いちごを摘んでる時にバーバベルが野いちごにからまってしまい、バーバズーにとってもらう(某島作りの絵本より)
  • バーバズーとバーバベルが、息のあった演奏を見せる(某音楽会の絵本より)
  • 他の家族から離れて2人で会話してる(某世界旅行中)

などなど・・・ この事から、この2人は他の兄弟とは違う特別な感情を持っているらしいが?バーバ自体が謎の生物であるため、謎は深まるばかりだ。

その他[編集]

フランソワ
バーバパパという生物兵器を開発した悪の科学者。
クロディーヌ
フランソワの助手・・・じゃなくて、いつも夜中に2人だけでアーン♥♥する関係。
ロリータ
バーバ一家に飼われているただの犬。101匹わんちゃんに出演予定であったが、あまりに馬鹿すぎるため予選落ちとなる。
日本ブレイク工業のゆかいな仲間たち(友情出演)
バーバ一家が現在の家に住む前に住んでいた家を無差別に壊した解体業者。結局最後はバーバ一家が開発したプラスチック爆弾にやられて退散。

変化方法[編集]

バーバ一家は生物兵器として開発されたため、細胞を自由自在に組み替えてさまざまなものに変化することが可能。但し変化の対象物を忠実に再現することはできない。

作り方[編集]

ここでは、生物兵器「バーバパパ」の作り方について記述する。

材料
  • 粘土(20キログラム)
  • 水(10キログラム)
  • 絵の具(10キログラム)
  • 紙で作った目と鼻と眉毛と口
作り方

材料をすべて地面の下に並べ、構築式を書き、そして錬金術で人体錬成をすれば小さな玉ができる。それを地面に埋めて数日待てば完成。

備考[編集]

最初のアニメ作品では、ドラえもんの策略により、のび太スネ夫が中に入っていた(のび太が主にメスキャラ、スネ夫がオスキャラを担当)。

関連項目[編集]

この項目「バーバパパ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)